2017年10月22日 (日)

17th recital with Owen

17回目のリサイタルが終わりました。今回は(?)おかげ様でとっても評判がいいように感じます。初の外国からのゲスト、オーウェンのおかげかな。
63191de9123a485c87c539f949ddf07e

いつものリサイタルだと、半分は研究発表、もう半分は絶対お客様に楽しんでいただくという考えでプログラムを組んでいるので、多少チャレンジしてみるという感じもあるのですが、今回は彼の演奏があった上で自分のプログラムを考えました。テクニカルなオーウェンに対してテクニックのない私がどうやって一緒にやるかということ。なので、必然的に自分の少ない持ち味が活かされるプログラムになったようです。

このことからもそうですが、今回長い間彼と過ごして、とても勉強になりました。色んな意味で自分を省みるいい機会になりました。彼のレッスンを見ていて、また一緒に練習して、自分に足りないものがよくわかりましたから、アンブシュアも楽器の持ち方も練習内容も方法も考え方も大きく変えました。違っていたというより、より徹底した感じです。すぐに改善されることばかりでないけれど、良い方向に変わることが出来るように思います。

もちろん以前から信用していなかったわけではありませんが、今回より一層、彼に対する信頼の念は強くなりました。彼の仕事のやり方、とてもきちんとしています。彼のスケジュールの全てをコーディネートしていたので、正直とても大変でした。自分もリサイタルがあるのに、彼のお迎えや付添いで、いつも以上に練習の時間が取れない上に、雑務はいつもの何倍もありましたから。当然寝る時間すら取れませんでした。でも今回、彼を日本に呼んで、本当に良かったと思っています。彼との仕事はとてもやりやすかった。何でも食べるしね!そして、本当に沢山のことを話しました。彼とは桁が違うけど、環境や考え方、そして生き方がすごく似ていると思います。共感出来ることがたくさんありました。とにかくそれがとっても嬉しかったし、これからの自分にとても良い栄養になりました。この歳でこんなに信頼出来る仲間が出来るなんてなんと有難いことか。

ここからは宣伝ですが、そんなオーウェンのCD手に入れられなかった方へ朗報です!彼からCDを預かっていますので、代理でお譲りすることが出来ます。早い者勝ちですが。数日後より私のホームページの販売ページからお申し込みいただけますが、先にご連絡頂いても構いません。Facebookのメッセージでもメールでも。CDのレビューはこちらです。
From Brass Bandworld... CD of the Month: The Demonic Virtuoso:
http://www.brassbandworld.co.uk/reviews/1440/cd-of-the-month-the-demonic-virtuoso

雨の中、水戸まで車で帰ってきました。疲れていて眠くて、ツラい道中だったけど、先日オーウェンを乗せて走った道、ホッコリと色々な想いに浸っていました。私は幸せ者です。オーウェンだけに!応援頂いた皆様(^_^;)、そして大切な仲間に、どうもありがとう!
8031559400ae420aa5f54c5fc585981e


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

About lesson

たまには真面目な話を。夏にイギリスに行ったとき、リチャード・マーシャル(ブラック・ダイク・プリンシパル)の個人レッスンを受ける機会がありました。そこで言われたことは、何となく自分でも薄々感じていたこと。ちょっとしたことですが、彼の演奏する様子も見て、確かに改善のポイントを確認できました。私は日頃から、閃いたらすぐにアンブシュアのマイナーチェンジを行ってしまうので、今回もその翌日から変えてみました。確実に今まで出来なかったことが出来るようになりました。ハッキリ言われてわかったんですね。

それから約1ヶ月半が経ちました。最近感じるのが、あの時から出来るようになったこと以外にも良い方向に向かっているということ。具体的には、習ったことはリップトリルなのですが、音域やC管のコントロールが良い方向に変わっていました。もしかしたらピッコロも変わるかもと思っています。

やっぱりこの歳になっても、そしてほとんどが教える立場になっても、(良い方向に)変わることができる。大家さんの言葉で印象に残っていること「出来ないことはお金払って習えばいいのよ!」。ないものを手探りでやっているより、そりゃ話ははやいよね。

学生の頃はせっかくの習う機会でも目的が今より漠然としていたな。ただうまくなりたいと。今はもうピンポイント。だからすぐに変えられるのかも。これは私の持論だけど、変化出来ない人には成長はない。成長も変化の1つ。最近、生徒で残念なのがそのパターン。変えることが、変わることが出来ない。守っちゃうんだよね。確かに変わるのは今までと違うんだから怖く感じるのもわかるけど、それじゃ良くも変わらないんだよね。自分の反省も含めて言うけれど、若いうちにどんどん変わってどんどん成長して欲しいな。それができる人が大きく育つんだよ。気がついて欲しいな。


と言うことでというわけではありませんが(^_^;)、今度の私のリサイタルでゲストとして来日するテナー・ホーンのオーウェン・ファーのプライベート・レッスン企画が下記の通りありますよ。ご希望の方、ご連絡お待ちしております。詳細お送りいたします。

【オーウェン・ファーによるテナー・ホーン・プライヴェートレッスン】
日時:2017年10月12日(木)17:00~21:00
場所:東京都江東区東陽4-8-17㈱ビュッフェ・クランポン・ジャパン
備考:班目がお手伝いいたしますが通訳は付きません。

そして、私も教えてもらったように、リチャード・マーシャルを始めとしたブラック・ダイクメンバーから個人レッスンも受けられるブラック・ダイクとの共演ツアーもありますよ。詳細はパンフレットがありますが、ご興味ある方は遠慮なくお問い合わせくださいませ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

Family days

Family days
Family days
Family days
昨日と一昨日、5杯の花咲蟹を解体して食す!食べたのはもちろん1人ではありません。解体したのは1人!疲れた~!!!何だか肩や背中が痛いような。だって出刃包丁がけっこう欠けてたもの。初日は3杯の解体に約1時間。さすがに慣れて、昨晩はささっと出来ましたね。一昨日のお夕飯はホントに蟹だけ。休憩にちょっとのブドウとチョコレートとお茶。私の胃の中はそれだけだったはず。大家さんはよく働いたと褒めてくれました(^^)v 私もそう思う!

昨日は仕事帰りにいとこ宅へ。いとこの旦那様のお母様がビールを買って春巻き揚げて待っててくれました。帰宅後に蟹が待っていたのですが“蟹のアペリティフに”と(^_^;) 別フロアで遊ぶ子供たちの声を遠くに聞きながら3人で女子会。帰りがけに小1のいとこ娘が手作りの缶バッチをくれました。かわいいなぁ(*^^*)

うちでやらなければいけないたくさんの雑務がほとんど片付かなかったけど、たまの家族サービス(してもらう方(^_^;))でいいよね。そんな週末日記でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

In my hometown

I met my precious people today. One of them is my grandmother. She is 99 years old and thanks for thinking about me as always.

今日は1日茨城で。朝は日立の祖母に会いに行きました。彼女は99歳。そんな歳なのに、私のことを気遣ってくれた。叔母に向かって「よろしく」って。心配かけてるんだよね。涙をこらえるので必死でした。そばにいてくれる叔父叔母には感謝以外ありません。

水戸で打ち合わせがありましたが、行きつけのお茶屋さんでランチも兼ねて。そのお店は年内で閉店です。寂しくなります。お付き合いがなくなるわけじゃないけどね。

母の友人で血の繋がらない遠い遠い親戚にも会えました。私の生き方を心配しつつ、認めてくれてる。母の気持ちを代弁してくれてるようにも感じる。

通り道で時間がとれたので、幼少時代からのお習字の先生にも顔を見せに。先生は92歳。いつも褒めてくれて応援してくれる。元気な笑顔で。

考えさせられる1日になりました。みんな私を小さいときから応援してくれてる大切な人たち。時は過ぎていくけど、変わらない。感謝して頑張るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

Ginginha

Ginginha
Ginginha
英会話の先生にちょっと変わったお土産をいただきました♪もともとポルトガルのものだそうです。

チェリーのリキュールをチョコレートのカップでいただくというもの。早速トライ!

ウイスキーボンボンみたいなものかなぁとチョコレートカップにリキュールを注いでパクンと食べてみました。美味しいは美味しいのですが、これじゃリキュールがすごく余ってしまうなと、今さらながらと思いつつウェブで調べてみると、このカップで何杯かリキュールを楽しんでからカップを味わうそうで(^_^;)そりゃそうよね。次はちゃんと何杯かいただいて、瓶を空にしてからカップをいただきましたよ(^^)v

リキュールは、トロッと甘くて、とは言ってもイヤな甘さではなく大人の甘さ。度数は18度だからそんなに強くないし。カップのチョコレートは、手で直接持っても溶けたりせず、またこちらも甘過ぎないチョコレート。

ぜひ皆さんも見かけたらいただいてみるべし!おすすめです!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

Lavender tincture from my student

Lavender tincture from my student
Lavender tincture from my student
ラベンダーのチンキとハンドクリーム、ローズマリーのアンチエイジングにも良いというクリームをいただきました!手作りです!

ハンドクリームは以前にもいただいたことがあって、良い感じなのはわかっていますが、ローズマリーのクリームはとりあえず使ってみて結果が楽しみ!

ラベンダーのチンキは、寝る前にお湯で割ってというのがおすすめでしたが、早まってお夕飯の時に作って飲んでしまいましたが、食事の時にはもったいない!とっても良い香りなのに、おかずの味や匂いが邪魔をしてしまいます。

ということで寝る前にもいただいてみましたが、今度は風呂上がりということもあって、炭酸水に混ぜてグビグビいってみました。良い香りで爽やかに飲めましたが、お湯で割った方がやっぱり香りがいいですね。それに、炭酸で割るとアルコールがとばないので、けっこう薄くしないと口の中に残るような気がしました。

だからお湯割りがおすすめって言われてるんじゃないのよね~私ったら(^_^;)

ここ何年か、アロマ、凝ってます。色んな症状に合わせてアロマオイルを使ったり、基本的にお茶はハーブティーにしています。チンキは初めてでしたが、なかなかいいですね。今晩からはお湯割りで、穏やかな気持ちで寝られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

Handmade gifts from Chinese friend

最近、私の生活の中に国際交流が急激に増えてきました。先日も、中国の青島からの吹奏楽クラブの修学旅行生達との交流の機会があって、トランペットの中学生をレッスンさせてもらいました。中学3年生でしたが、ハイドンのトランペット協奏曲を全楽章さらってあってビックリ!他のパートでも、小中学生なのに日本の音大生がやるような練習曲を持ってきていたとのこと、予想外のレベルの高さでしたね。それに、レッスンもほとんど英語でできましたよ。英語のレベルも高い!素晴らしいですね!

そしてそのバンドの先生からいただいたのがこれ。
4856689fbbb54d49a1f181e630ad08cb
それも名前入り!
86dccae05b8748c5976272ecf918652c
合わないといけないからと、2種類作ってきてくださいました。嬉しいですね。バランスもいいし、やっぱり、優しい音がしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

With Black Dyke

来年1月末から、ブラスバンドが大好きな皆さんをイギリスにお連れして、ブラック・ダイク・バンドと共演しようというツアーがあります!
Img_20170812_0001
会場はハリファックス・ミンスターという教会で、ブラック・ダイクの練習場の近くです。指揮はもちろん、ブラック・ダイクの指揮者、ニコラス・チャイルズ先生です。本番は、日本人のバンドの演奏、ブラック・ダイクの演奏、そしてジョイント・バンドの演奏となります。共演曲は、「威風堂々第4番(エルガー)」、「アバイド・ウィズ・ミー(ジェンキンス)」、「エルザの大聖堂への行列(ワグナー/グレアム編)」の3曲にアンコールで、ブラスバンドで演奏したいイギリスの名曲揃いですね。最後は感動するだろうなぁ。。。
Img_0917
スケジュールは、現地でのリハ、ブラック・ダイクのリハ見学、交流会のほか、希望者はプリンシパルのリチャード・マーシャルを始めとしたメンバーから個人レッスンも受けられます。ブラスバンド、そしてブラック・ダイク漬けのツアーになりますね。
Img_0918
先日、渡英した際に、現地を下見してきました。街に入る4本の道では、こんな案内が見られます。
Img_0881
ブラック・ダイクの練習場は、以前行った時とは少し変わっていて、現在はブラック・ダイク・ヘリテージ・センターとなっています。この中でリハやレッスンが行われる予定です。
Img_0879
近くには人手に渡ってしまった元々のブラック・ダイク・ミルズの工場も残っています。
Img_0870
教会は石造りでとっても落ち着いた雰囲気の由緒ある教会ですよ。ブラック・ダイクもここで演奏会をすることがあるようです。
Img_0895
Img_0898
打楽器はもちろん、バスも現地でお借りできる可能性があります(有料になりますが)。ぜひ皆さん一緒に参りましょう!詳細はパンフレットの通りですが、ご質問などありましたら遠慮なくどうぞ。一応、団長さんですので(^_^*)


そしてついでと言ってはなんですが、ブラック・ダイクで吹いてきてしまいました(^_-)似合いますか?
Img_0836
グラストンベリーという有名な屋外ステージで、お客様ま8,000人とか!
Img_7961
簡単なサウンドチェックだけで本番で、ちょっと必死でしたが、とっても楽しいステージでした!ブラック・ダイクのハーモニーの中で吹けたのはいい経験になりました。皆さんにもぜひご経験いただきたい!
Img_1187

しかしながら、この日同じステージにのったのは・・・さすがブラック・ダイク!
Img_2451_2


パンフレット、ご参照くださいませ。ご応募お待ちしております!
Img_20170812_0005_2
Img_20170812_0006


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

With P.L.Cooper

International Brass Band Summer Schoolに来ています。こちらは毎日20度いきませんから、寒くてしょうがない!部屋オイルヒーターをつけたといったらみんなに笑われてますが、寒がりの私には本気で寒い!でも、3つのバンドのリハをこなしながら、レッスンがあったり初見大会があったり、コルネット(ともちろん英語)漬けの充実した日々を送っています。

昨日は金管バンドの演奏会では必ず演奏されると言っても過言でないクーパーさんが来て、棒を振ったり話をしたりしました。クーパーってどんな人だろう?と思いませんか?あの曲を演奏してみると。私の予想では、神経質で気難しくて、良くない意味の変わり者?なんて思っていましたが、とっても魅力的でチャーミングな人で驚きました。きっとお話が大好きで、いつも彼のいるところは大笑い!とってもナチュラルで良い方向に想像をこえた人でした。婚約者の某BバンドのZさんともとってもいい感じ(๑˃̵ᴗ˂̵)ファンになりました。

今回も彼の曲は何曲もあって、私は初めて演奏するものばかりですが、日本の方のためにちょっと伺ってみましたよ。吹奏楽アレンジ、または作曲のプランは?と。彼のホームページPLC MUSICで検索してもらうと見つけられますが、すでに少しはあるようです。でもきっと日本の人はあなたの曲を気にいるから、もっと書いてねと言っておきましたよ。

とってもいい出会いでした(^_^*)
Img_0822


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

After long way

今日は移動日。かなりの距離です。7:00前には出発。飛行機に乗って・・・イギリス、カーディフ空港まで。

2年前に、カーディフ空港から近くのRhoose駅までバスで行って、電車に乗って一回乗り換えでスウォンジー駅まで行きました。その時は日本で全部時刻を調べて用意周到に行ったのですが、今回は慌てる時間でもなく、暗くなまでに着けばいいかなくらいの気持ちで空港に到着しました。そもそも、アムステルダムからの飛行機が1時間遅れていたのですが、今回はなかなかの珍道中Wales編、やってしまいました。

空港を出て雨の中バス停に。とりあえず停まっていたバスの運転手さんに「スウォンジーまで行きたいんだけど!」と言ったのが珍道中の始まりとなってしまいました(>_<)

そのバスは私の乗るバスではなかったのですが、親切にバスでのスウォンジーの行き方を教えてくれて、そのバスまで教えてくれました。バスでカーディフの街中まで行って乗り換えてもスウォンジーに行けることは知っていました。それが一番安かったので。どうせ時間もあるし、Rhooseに行くバスよりも20分も早く出て乗り換えは1回だから、バスで行ってみるかと私も思ってしまったんですね~。そしてバスは出発。さらに土曜日はチケットがただで、ラッキー!バスもちょっと時間はかかるかもだけど悪くないじゃん!と。予定通りカーディフベイのバス停に着きました。バスを降りて一応乗り継ぎのバスの確認したら(oo;)土曜日は終バスが18:35、今は19:00過ぎ!!!!!慌ててまだ折り返すために停まっていたバスの運転手さんに、「土曜日は終バスが18:35だよ!今は19:00過ぎだよ!!」と話すと運転手さんも時計を見て降りてきて時刻表を確認して目が点(・・;)

二人で沈黙の後、あそこに建物が見える?と運転手さんは指を指すけど、建物はそりゃたくさん見えて「どれ?どれ?」と私。「あれ!あれ!」「どれ?どれ?」と何度かやり取りをしてあきらめた運転手さん、とにかくバスに乗れと。空港に向かうお客様たちとバスに乗って、たぶんルートと違う道をちょっと行ったところで、「あれがトレイン・ステーションだから!」と。やっと「わかった!」と会話が成立。運転手さんと別れてカーディフ中央駅へ。

乗り換えがあるかもだけど、電車なら行けないことはないだろうと思ったので、駅員さんに「スウォンジーに行きたいんだけど!」と言うと「切符は持ってる?」。もちろん持ってなかったのですが、「じゃ、こっちこっち」と、ほかの駅員さんが時刻を調べてくれて、「19:50にプラットホーム3番ね!まだ時間があるからコーヒーかお茶でも飲んで待ちなよ!」「切符は無くすなよ!」といった感じ。

ホームで待ちながら一応調べてみると、空港でもう少し待ったら乗れた電車の一時間後に着く電車。乗り換えなし。予定より遅くなったけど、雨のカーディフの古い街並みを見て回った時間だと思えばね。ホームの電話ボックスがいい感じ。左側はウェールズ語かな。飛行機では多少寝たとは言え、日本時間の4:00頃。これで電車で寝過ごしたら大変と頑張りました(+_+)スウォンジーの駅からもバスで行ってみようかと思っていたけど、さすがに疲れてタクシーで、本当にたくさんの人に助けられて何とか到着したのでした f(^^;

いつも時間にギリギリの人が、たまに余裕があるとこうなるのね~いつも時間にも心にも余裕をもって、計画的な旅をしましょう!とユル~く反省した私でした。次回からはちょっと待ち時間が長くてもRhoose駅から電車だな(^_^;)部屋で音出してから寝ようと思ったけど、全然ダメだから寝よっと。おやすみなさい!

Img_0817


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Dalian