2019年9月22日 (日)

Study about the United Nation

20190907_11370103820190907_115706054

最近水戸の話が多いついでに。

先日高校の同窓会に

出席してきました。

いつものことながら、

この年になっても

下から3番目。

上は90歳以上。

凛としたおばあさま方が、

ピンクのジャケットなんかを

ビシッと羽織っていらしてる

素晴らしい会。


昨年はアトラクションで

Project KANAの『和の風景』を

お披露目させていただきましたが、

今年は国連にお勤めになっていた

先輩の講演。

茨城県で初めて

女性で大学の学長さんに

なられたとか。

その方の

国連の女性に対する取り組みのお話。


そもそも国連って

どんなことしてるんだろ?

って感じだったけど、

少しわかったかな。

そして、

日本の女性は

恵まれてるってわかった。 

政治参加や管理職の数なんかは

まだまだみたいだけど。

世界にはまだ、

安全にお医者さんのいるところで

出産出来ないとか

紛争に巻き込まれるとか、

日本ではあまり考えられないようなこともあるのね。

国連て、

世界的に見て、

色んなことを改善しようとしてるところみたい。

今回もいい勉強させてもらいました。



この同窓会は、

いつも勉強になるの。

先輩方みてるだけで、

あぁいう風に年取りたいなぁって思うし。

いい社会勉強の機会ですよ。

水戸二高の卒業生の皆さん、

ぜひ今度は参加してみてください!

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

As a Mito city ambassador

水戸大使の会に行ってきました!

 

水戸大使に任命いただいて

初めての

水戸大使の会。

興味津々で

参加してきました!

 

市長さん、

元市長さんを始め、

たくさんの先輩方。

私、ここにいいていいのかなぁ???

 

皆様に声をかけていただいて

とっても充実した

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

先日も行った

新水戸市役所。

色々ご紹介いただきました。

 

オセロ発祥の地の

我が水戸市。

5865179f8ecf487a936a75cff9f99c49

役所の裏には

大きいオセロが。

誰でも楽しめるようになっています。

ここで豆知識!

オセロのシャッターをおろすと、

水戸の鳥とか花が

紹介されてるんです♪

考えられてます。

 

外から見たら黒くて、

印籠をイメージして作られた

というエレベーターに乗って

向かった先は

屋上のヘリポート!

Bf17c448c79a485a834fba6d783458e5

普段は入れないそうで

(そりゃ安全のためにね)

役得(^^)v

いいお天気で、

県庁はもちろん

筑波山まで見渡せるの。

そして、

水害があっても

役所が役目を果たせるように、

発電機やお水のタンクが。

A23596f4b65d4dc2b81a0ef5c0728a64

なんかあっても

3日は自力でなんとかなるんだって。

なんかあったら

市役所に行こう!

 

普段は入れないシリーズ、

議場。

19daf5088886432a90531f1e73a13cd0

こんなところで

議会が開かれてるのね!

 

そして、

黄門さまに憧れてる女の子

みとちゃんも会いに来てくれて

48b401121df44834942bad6f4cb220bf

とっても愛嬌があって

かわいいの!

すぐにハグしに来てくれたり、

喋らないけど、

かわいいっ!

私もハグハグ❤️

 

みとちゃんに見送られて

水戸市内へ。

水府提灯を作っているところに視察へ。

12f858682c67401fa6548c0dfb80f54d

色々説明を受ける。

提灯すごい!

茨城の和紙を使って

とっても素敵。

ピーンと

閃いたよ〜!

これは使えるかも!?

後ほどお楽しみだね。

 

交換した名刺は

30枚以上!

私には珍しい(^^;;

ステキな出会いが

たくさんありました。

皆さんと

水戸に住んでる人より

水戸に詳しくなれるかも!

なんてお話しながら。

私に何ができるのかなと

考えつつも、

まずはこういうお役目をいただいて

感謝です。

 

87a1f69df6b340e583f0fd0d60b05c81

お水も美味しかったけど、

地酒も美味しかったなぁ。。。

がんばろっと!

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

At the Mito City Hall

20190913_101109293Received_38823115856139520190913_101250238

新しくなった水戸市役所へ。

高橋水戸市長さんとお話させていただきました。

政治家ブログランキング全国で3位になられたり、

いつも精力的にご活動されていて

素晴らしい方なんですよ。

エネルギーをたくさん持ってらっしゃる。

あっという間の30分、

私もがんばらなきゃ!


そんな私、

水戸大使として

何ができるかなぁ

なんて考えています。

昨年は櫛田てつのすけ先生に

「水戸の曲を」とお願いして

『陰陽~水戸偕楽園を廻りて』が出来ました。

 リサイタルでは

いつも後援いただいていますが、

今年のリサイタルでは

なんと旧水戸市歌を演奏します!

「た~いへ~い~よ~の~♪」

という今の水戸市歌は

私も歌えますが、

その前にもあったんですね。

なんと

北原白秋作詞

山田耕筰作曲!

素晴らしいコンビ!

どんな曲なんでしょう?!

それをトランペット、

そしてトランペット四重奏で演奏しようというのが

今回のリサイタル。

とあちこちで話していたら、

「歌が聞いてみたい!」

との声が。

もしかして私が歌うよう???

もしかしたらもしかするかもですよ(^o^;)

というわけで、

リサイタル水戸公演は

10/5(土)18:00開演

ザ・ヒロサワ・シティ会館小ホール

(茨城県立県民文化センター)

ぜひご来場ください!


それよりはやくこの前で写真を撮れるようにしなさいってか?!?!f(^^;

| | コメント (0)

My precious 93 years old

20190912_172439593

生まれる前からのお付き合いの

書道の先生に会いに行ってきました。

施設のスタッフさんが、

「少し様子が違っちゃってるかも。」と。


一瞬よくわかりませんでした。


大好きな先生。

日曜日がお誕生日で93歳。

いよいよ認知症が入ってきたみたい。

水泳をやったり、

今までが

元気過ぎたんだよね。

いつもリサイタル前に会いに行っているから

去年会ってるはずけど、

「久しぶりね。

10何年ぶりじゃない?」

だって。

先生には

1年がそんなに長く感じるんだね。

スタッフさんは

「お話しできるかな?」

って心配してたけど、

「加奈ちゃん」

って。

声でわかったんだって

話していると

ちょっとゆっくりになったけど

いつもの先生に戻ったみたい。

30分位お話ししたかな。

家族のこと、

仕事のこと、

もちろん私自身のこと、

よくわかってくれてる。

「仕事だから行かなきゃ」

って言うと、

「引き止めないよ。

会えて良かった。」

って。


また会いに行かなきゃ。

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

Come alive again

このところ 

夜の風は 

少し涼しいような。 

気持ちがいい。 

 

 

数日前まで 

生きた心地のしない日々を 

過ごしていた。 

 ダメなところばかりの私 

失敗だらけの人生、 

生きてさえいれば 

いつか取り戻せると 

必死に走り続けてきた。 

 

 

 

 

 「手遅れ」かもしれないと 

初めて感じた日々。 

 

 もしそうだったら…。 

 

 でもまた、 

神様がチャンスを与えてくれた。 

 

 やけにならず、

ひとつひとつクリアして、 

丁寧に乗り越えていこう。 

 

 

 

丈夫に生んでもらったことに感謝。 

ホントに 

身体あってのこと。 

『健康』の大切さ。 

痛感。 

 

 

 

 生まれ変わった気持ちで、 

与えられた時間を 

大切に 

ありがたく。 

 

 

 

 

 いつどうなるかわからない。 

悔いなき日々を送ろう。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

Brass in contest

20190731_20543440120190731_194601362

International Brass Band Summer School 4日目。Brass in contestというイベントがありました。例年だとBrass in concertなのですが、今年から新企画。マーチ、ヒム(hymn)と課題曲を演奏して競うものとなりました。マーチとヒムは参加者が指揮者となり、課題曲はそのバンド担当の講師が振ります。45分×3回のリハで本番なんだから大変。でもなんとか形になるんからすごい!

パート、曲毎にもベスト・バンドが発表されて盛り上がるのは相変わらずです。講評は日本のコンクールの講評とは違って、ゲラゲラ笑いながら大ウケ。審査員も背中に何だか貼り付けられて審査中。何でも見んな楽しいんです!

結果までには講師陣の素晴らしい演奏がありました。さすがです。


今回、個人的には、自分の弱いところが如実に現れてなかなかキツい日々です。痛いところを突かれまくって、頭が痛い!さらに不得意な武器で戦わなくてはいけない感じ。落ち込んでると言えば落ち込んでるけど、この歳になってはっきり確認できる機会を持つことができて、感謝。怠ける暇はないってことだ。努力をちょっとでも怠るとダメなんです、才能のない人は。さらに新たな課題も見えてる。

ラッパ人生、当分卒業出来ないね。まだまだこれから。明日からも頑張ろう!

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

Cornet lesson

20190730_175529604

ウェールズのスウォンジー大学で開催されているInternational Brass Band Summer Schoolに来ています。

今日はCory bandのプリンシパル Tom Hutchinsonにコルネットのレッスンを受けて、いいアイディアをたくさんもらって、久しぶりに嬉しい! 私は学生の時に東京ブラスソサエティに入れていただいて、今はプリンシパル(コンサート・マスター)をさせていただいています。ソロでもコルネットをよく取り入れているし、コルネットにはこだわりがある方だと思う。 日本ではコルネットをメインで吹いている奏者はほとんどいないし、大概はトランペットから始まった人。私もそんな一人で、トランペットと持ちかえて、コルネットをどうやって吹くかずいぶん悩みながらやってきた。今も悩みはあるけど。マウスピースも作ってもらって。でも、悩んだ甲斐は、少しはあったかなぁとは思ってる今現在。 日本の吹奏楽では、コルネット・パートもトランペットで演奏されたり、コルネットに持ちかえたとしてもトランペットとあまりかわらないことが多い。こだわりのある私だけれど、残念ながら例に漏れずトランペットっぽいと思う。メインがトランペットである以上、仕方ないところもあるのだけれど。でも、吹奏楽の中でのコルネット・パートの意味、さらにはユーフォニアムとバリトン、テューバとバス、その違いや役目、ずいぶんわかってきました。 今日みてもらったのは明後日にこちらで吹くソロ。「僕はコルネット吹きだから…」とトランペットがベースにある私にはとても興味深い内容。トランペットでもコルネットでも演奏される曲だったからそうなったのかもだけど、今までちょっと漠然としていたトランペットとコルネットの違いが、またさらに少しわかった。技術、表現共に、やっぱり少し違いがある。となると、考え方もちょっと違う。なるほど!だった。トランペットにも活かされないこともないな。 明後日はすぐだけど、今回はコルネットらしい演奏にしてみよう。 色々と書きかえられた楽譜が面白い!

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

On the clouds

今日は珍しく窓側のシート。

気兼ねなくトイレに行きたいので、

飛行機はいつもは通路側。

安いチケットだったからか、

チェックインすると

「キャンセル待ち」の表示。

シートを選ぶどころではなく、

乗れて良かった~(^o^;)という

ドキドキのスタート。

カウンターで時間をとられ、

慌てて搭乗口に向かうも、

搭乗開始も遅れ、

乗っても滑走路待ち渋滞でなかなか飛ばず、

なんだかなぁという旅の始まり

33783a71fa2047b79503b6c4a826575d



飛行機乗ると、

メールの受信箱の整理して、

本読んで、

普段なかなかできないことしています。

読み残していた本に、

なるほどと思うことが。

 


過度のストレスがかかると、身体はもうこれ以上のものを考えさせなくするための防御反応として、強制的に眠らせて思考をストップさせる…中略…リラクゼーション効果が覚醒に効く(遥洋子「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」)

 

追い詰められた時に限って、

寝ても寝ても眠いのはこれか!

そういう時だからこそ、

リラクゼーションが大事。

と言うことは、

逆を言えば、

リラックスしていれば

追い詰められないということでは?!

また1つ、

勉強になりました。

 


今回のフライトは、

ずっと昼間。

いつもは乗ってご飯食べたら

暗くなって寝るような気がする。

ずっと明るい、

それも窓側なんてホント珍しい。

途中ウトウトしてたけど、

何時間も雲の絨毯の上で停まってるような景色が続いてた。

雲の上って、

歩いてみたくなるよね。

Ca7c0b7d9af945dea3a26e4cffc817c4

朝から晩までレッスンのハシゴ、

声が枯れて自分の時間も寝る時間もなくなるこの時期に、

まさに国外逃亡。

ちょっぴりですが、

ゆっくりして、

自分を取り戻してきます♪

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

With my teacher

20190629_143421201

今日は恩師 杉木峯夫先生とお仕事。

先生は髪を短く切られていて、 

イメチェンされてました♪
 

 

年に1回か2回か 

先生とご一緒出来る機会をいただけて、 

嬉しいっ! 

んもーっとにかく、 

毎回、嬉しいっ! 

 

 

若い奏者さんたちの演奏を聴かせてもらうお仕事。 

それぞれ上手で
私も良い刺激をもらえます。

私が若いときは… 

と思うと、 

先生は私のことを
どういう思いで見てらしたんだろう…
と思うと、 

 

 

本当に 

 

先生、ごめんなさい! 

 

どんなにご心配をおかけしたことでしょう。。。 

今となってはさすがに、 

少しわかってきました。 

いや、 

まだまだ気づいてないことばかりだとは思うけど、 

ほんの少しはわかってきました。 

 

反省しかありません。。。 

 

ラッパを吹いていても、 

あ~これ、 

先生が言ってたのはこれだったか~‼️ 

ちょくちょく

そんなことがあります。 

 

人としても
ラッパ吹きとしても 

未熟なところばかりだったけど 

(今もまだ未熟だけど)、 

10年以上お世話になりました。
 

 

 

まだまだぜんぜんだけど 

こういう機会をいただけて、 

ちゃんと毎回 

ちょっとでもいい報告が出来るように、 

もっともっと頑張らなきゃ! 

お話ししたいことは細々いっぱいあるんだけど、 

ちゃんと形にしてお話ができるように。  

 

 

先生、 

いつもあたたかく見守ってくださって、 

どうもありがとうございます! 

がんばります♪

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

International Women’s Brass Conference 2019 ~Rafael Mendez Library tour

International Women’s Brass Conference 2019

今回はアリゾナ州立大学での開催でした。

全然知らなかったのですが、

ここの音楽棟には

Rafael Mendez Libraryがあって、

ここの教授である、

トランペットのDavid Hickman先生が

Rafael Mendez Library ツアーを企画してくださっていました。

私もエントリーして参加してきました。

D389953eddfb4f5c87f05311a3f8354c

Rafael Mendezと言えば、

ソロの曲集もCDも持ってる!

ソロを中心にやっている私としては

憧れた時期もありましたね。

キレッキレのアタックで

トランペットらしい華やかさがあります。

(Rafael Mendezを知らない若い奏者さんたち、

ぜひ聴いてみてね!)

アレンジものからオリジナルまで、

たくさんの曲も残しています。

F7768ebd73af41c5bb66477d3214c587

ワンブレスで吹いたと言うメキシカンハットダンスの

手書き譜も。

もちろん楽譜だけではありません。

彼が使っていた譜面台と椅子と楽器。

譜面台にはやっぱりクラークのエチュード。

6aa99c67a6f14e56a544d615ad5bdb6a

楽器ってコントラバスじゃん!

と思った方、

そうなんです。

コントラバスも演奏したそうです。

でも目印のテーピングを見ると

そんなに上手くなかったみたいですね!

(とDavidさんがおっしゃってたんですよ(^_^;))

ということで、

彼の演奏してた楽器はトランペットばかりでなく・・・

Ff81ec5898434ccf8e0944ddc20f5ecf

フリューゲルやソプラノだけでなく、

ホルンやクラリネットにまで及んでいたようです。

私なんかトランペットだけで

手一杯だわぁ(^^;;

 

クラークのエチュードも

やってたんだなぁ!

なんてことに感動してるんじゃ甘かった!

なんとクラークさんからの

直筆のメッセージ入りですよ!!!

5b922e50917a40998207a647df8babb3

ほかの楽譜も

みんな作者からのメッセージが!

皆さんラファエルに吹いてもらいたかったのね。

それぞれのメッセージを読むと、

彼がどんなに素晴らしいラッパ吹きだったのか

よくわかります。

そして、

Harry JamesやHenry Manciniからのお手紙。

Ab57d3fb9eb6405f8b2f44b4ab88891d

ご紹介したのは

ほんの一部。

彼の残した楽譜やら録音やら

プライベートでの写真など、

いくら見ていても飽きません。

こんな素敵なお写真も❤

A35625c5e1d64071b21dc2064187b5a4

そして2人の息子さんとのトリオ。

7e3c9032bad542fb98f23e3f5bbbcd96

このトリオの楽譜、

手に入らないかなぁ。

興味ありあり。

 

彼が使っていた楽器ケース。

やっぱりラファエルも例にもれず

マウスピースの山。

ラッパ吹きって

誰でも持ってるよね、

マウスピースごっそり(^_^;)

37c9394b6432445f97c49a8e3f22c5dd

若い頃はサマにならなかったけど、

そろそろやってみようかな、

Rafael Mendezの曲集から。

なんて気になりました。

いつになるかわからないけど、

お楽しみに!

| | コメント (0)

«International Women’s Brass Conference 2019 vol.3