2017年6月19日 (月)

With reading

今日は朗読に音楽をつけるお仕事でした。もちろん決められた楽譜があるわけではありません。始めは私にできるのかなぁと思いましたが、なんとかなったようです。江戸川乱歩で内容も内容だったので、本当にサスペンスドラマの世界でした。効果音とか。素晴らしい読み手さんたちのお邪魔になっては申し訳ないし、存在感があまりなくても仕事にならないし、アンテナをしっかり立ててね。ミュートが大活躍!

そもそも朗読というのはほとんど知りませんでしたが、面白かった!当然なのかもしれませんが、お声が登場人物によってコロコロと変わるのですよ。本当に違う人のようです。若い感じになったり、貫禄ある人のようになったり。長い小説をどういう風に短くするのか、字を見なくてもわかるように。なるほどでした。素晴らしい共演者さんたち。またご一緒する機会もありそうです。
Img_0606

色々な仕事がありますね。楽しい!今回はこれでしたが、次は何かしら。
Img_0604

素敵なお花もいただいて、今日もいい1日でした。
Img_0607


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

After IWBC2017

月曜日にアメリカから帰国してあっという間に一週間が経とうとしています。帰国早々から日本での現実に戻ったわけですが、今回は数日後の水木とひどい時差ボケが。帰りの飛行機は食事以外ほとんど寝ていたので、そのまま復帰できるかと思いましたが、水曜は朝7:00まで眠れずほぼ徹夜、木曜は仕事終わりから睡魔に襲われ21:30に寝たものの4:30に起きて仕事をしていたけれど気がついたら二度寝をしていて大慌て。今晩くらいから戻ってくるかな。

そんな中ですが今回のInternational Women's Brass Conferenceは、日本人で女性で金管楽器を私になにができるのか、なにをするべきなのか考えるいい機会になりました。このカンファレンスはこのスーザン・スローターさんが25年前に立ち上げたものです。
Img_0600
彼女は女性で初めてアメリカのメジャーオケのトランペット奏者になった人です。私は一応、大学院では日本における女性金管楽器奏者の歴史と現在について研究をしていましたから、女性金管楽器奏者の歴史にはとても興味があります。私が学生の頃は、ちょうど日本でも男女平等と大きく話題になることが多かったのですが、今となってジェンダーのことを話すのは少し時代遅れになるのかもしれません。でも、歴史を知ることは大切ですよね。今まであまり英語が理解出来なかったので、日本語の文献で歴史を調べたりアンケートをとったりということで研究したわけですが、今回はアメリカで活躍する女性金管楽器奏者の先駆けとなった彼女たちから直接色々なことを伝え知ることができたのは、本当に良かった。そしてこのカンファレンスの素晴らしいところは、そういう女性金管楽器奏者のパイオニアたちに賞を贈呈したり、お話を聞く機会を多く設けているところだと思います。今回もアメリカとヨーロッパのパイオニアたちがたくさんお話を聞かせてくださいました。
Img_0601
私が2003年に初めてカンファレンスに参加した時に1番驚いたことは、たくさんおばあちゃんの演奏者がいたこと。それはプロフェッショナルに限らず、アマチュアでも。車椅子をおじいちゃんにおしてもらい、私たちと一緒にラッパを勉強に来てる姿を見て、まず日本ではこういう光景はないなと思いました。ですので、まずは私がおばあちゃんまでラッパを吹いていたいと強く思ったのです。その思いはもちろん今も変わりません。そして毎回、たくさんの刺激を受けてきました。

ですから、このカンファレンスに対する感謝がたくさんあります。今回、仲間に入って少しは運営をお手伝い出来たこと、とても嬉しいです。そしてこれからも、おばあちゃんになっても、それが続けられるといいなと思っています。まだ絶賛時差ボケ中ですが、同行者のみなさんにいただいたビール片手に、楽しく未来を考えてもっともっと成長していきたいと思います!
Img_0602


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

My assignments in IWBC2017

先日も書きましたが、今回のInternational Women's Brass Conferenceでは、いくつかお仕事がありました。

1つはプレゼンターさんをご紹介すること。英語でどうなることかと思いましたが、何とかなったのかな。憧れのトランペット奏者、キャロル・ドーン・ラインハルトさんの経歴のプレゼンテーションのご紹介でした。彼女には会うたびに親切にしていただいて、ラッパだけでなく明るくかわいらしい人柄がとっても大好きです。
Img_0598
小さい時からのお宝写真に映像、来日の時のテレビ映像など、今、聴いても素晴らしい演奏。やっぱり憧れです。女性としても、こういうふうに歳を重ねたいものです。こんなお仕事を任命されて本当に光栄。
Img_0599

そして夜には、ラッパの五重奏でアメージング・グレイスです。亡くなったパイオニアの方に捧げるものでした。これもキャロルさんと並んで、写真では後ろ向きで残念ですが、元セントルイス響のスーザン・スローターさん。今回、カンファレンスの内部から運営を見て、彼女の偉大さが良くわかりました。人間が大きい。私の考えですが、出来る人はやっぱり素晴らしい人。私もそうならなければと改めて思いました。
Img_0597

そして昨日はソロ・コンクールのファイナルの審査。予想はしていたものの、やっぱり英語の語彙の少なさにショックを受けました。でもとても良い経験をさせてもらいました。少し日本と評価の基準も違うように感じました。すべてカーテン審査でもちろん公平。審査のあとのミーティングでの論議もとても勉強になった。日本を客観的に見る良い機会になりました。
Img_0595
親友のユーフォニアムのシャリー、テューバのメリッサ、ホルンのジュリー、そしてキャロルと。キャロルさんと審査の傾向が似ていて、2人で大笑い。

残すは今日1日、楽しんで帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

My 6th IWBC

Img_0547
アメリカのニュージャージーにあるRowan大学で行われているInternational Women's Brass Conference 2017に来ています。2003年に初めて参加して、6回目の参加です。前回から任命されて今回はボードメンバーとしての参加です。英語がさっぱり通じない私ですが、6回目ともなるとみんな覚えてくれて、"Hi Kana!"と声をかけてくれて色々と助けてくれて嬉しい限りです。

今回は、日本からの参加者お引率してのんびりしようかと思っていましたが、ちょっとずつやることが増えて、今朝はクラスのパネリストを紹介するプレゼンターを。もちろん英語です。初めは日本語でいいからと言われていましたが、原稿を描いてくれれば読むよと言ったら書いてくれました。本当は自分で全部できたらいいんだろうけど、そうやって助けてくれる人が出来たことが嬉しいことだよね。昨晩から偉い人たちを何人も捕まえて読む練習をしてます(^^;; さてうまくいくのか。

そして、今晩はトランペットの五重奏。昨晩リハがありましたが、ちょっとの時間でもとても勉強になりました。やっぱり違うんだなぁ。たまにこうやって刺激を受けられるからいい。最近海外に向けて発信することも多いので、そんな点でもいい勉強になっています。そして金曜日はコンクールの審査員。審査は慣れているけど、やっぱり海外だからちょっと緊張します。

ここは私の居場所のひとつになってきました。こんな写真を見ているだけでも楽しい。あと数日、絶賛時差ボケ中ですが、がんばります♪

Img_0548


Img_0549


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

KANA on European tour 2017

4月末からProject KANAのヨーロッパツアーがありました。それは、4/27 Walferdanse(ルクセンブルク)教会、4/30 Nittle(ドイツ)教会、5/2 Saar-Mosel-Winzersekt(ドイツ)と言うワイナリーの倉庫でZenをテーマにしたコンサートでした。
328738842e93461790cde2d8641789a2_3

Project KANAは、簡単に言えば、日本の文化を私の演奏と一緒に紹介するものです。ですが、ただ演奏して一方的に伝えるというのではなく、相手の文化も理解した上で、相手にわかりやすく紹介したり体験してもらおうという企画です。私、KANAが西洋音楽を通して日本の精神を伝えていくのです。

私たちのプロジェクトの作曲家、櫛田てつのすけ先生の曲が演奏される中、KANAが着物姿で登場すると、会場は一気に日本の幻想的な雰囲気に包まれました。
Dscn0265

コンサートの中で、日本の文化、精神、神道について丁寧に説明していきました。観客は禅を体験することも出来ました。
Dscn1004

KANAの解説は、ルクセンブルク語やドイツ語に通訳され、観客からは良く理解出来たとか日本が近く感じられたという感想を多く聞くことが出来ました。
Dscn1393

演奏会の最後には観客はスタンディングオベーションで、ツアーは大成功でした。
Dscn1419

新聞やインターネットニュースにも取り上げられました。
http://www.volksfreund.de/nachrichten/region/konz/aktuell/Heute-in-der-Konzer-Zeitung-Musik-fuer-die-Seele;art8100,4636087
ヨーロッパばかりでなく、アメリカや日本でもこのコンサートを開催したいという声が多く寄せられています。
Img_0484

このコンサートは、コンサートホールばかりでなく、今回のようにワイナリーの倉庫や屋外でも開催することが出来ます。
Dscn1348

このプロジェクトのテーマは、harmonize with infinity。これから世界中で展開していきます。

ということなのですが、いつもの私にしたら文章がぎこちないなと思われた方もいるかと思いますが、実はこんな感じのものを英訳して海外向けのページにUPしようかなと思っています。要は下書きのつもり(^^;;ごめんなさいm(__)m ですから、ずっと英語も今までになく勉強しています。そして、日本のことも。意外とわからないものです。いざ企画が具体的になったとき、何をどう伝えたら良いのか、とても悩みました。そこからはとにかく勉強です。それは今も続いています。現代の日本人が忘れかけているような日本の素晴らしいところも、そして外国から見た日本の良いところも悪いところも。本当に寝る時間もありません。だからブログもなかなか更新できなくて・・・なんて言い訳にしたりして(^^;; そんなんじゃダメですね。英語も勉強したことも、頑張ってアウトプットしていかないと。今回のツアーのことも、このプロジェクトのことも、これからはできるだけ皆さんにお伝えしていくようにしたいと思っています。どうぞこれからも、班目加奈もKANAも応援よろしくお願いいたします。まだ出揃っっていない、ということはこれからどんどん出てきますので、こちらものぞいてみてください。http://www.facebook.com/KANATRUMPET/ぜひフォローしてたくさんコメントいただけたら嬉しいです。あ、もちろん班目加奈も引き続きどうぞよろしくお願いいたします!TwitterInstagramFacebookYouTubeもkanamadarameでやっていますので♪あまり投稿出来ていませんが(^^;;KANAのYouTube はまもなくの予定ですので、またお知らせしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

New style

今日からドイツに来てます。

今回は初めて利用する航空会社でしたが、その飛行機の枕がこれ。
Img_0290_4
真ん中を2つに割いて、首枕にすることが出来ます。いいアイディアですね。これは便利!

そして今は、、、
Img_0292
何年か前に来た時には箱で送ってしまった醤油味のようなピンクの白ワイン。う〜ん。やっぱり美味しい(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

It's a nice day!

水戸の生徒の結婚式。最近、結婚式多いですねぇ。私の生徒の新郎さんですが、なんと物作りが趣味だそうで、テーブルの上にも手作りのひょうたんのランプシェードが。
E4ccf8d9612a487e9053216874bce970
土台も手作りだそうで。意外な趣味!あとはハーブを育ててハンドクリームや入浴剤を作るとか。最後にハンドクリームもいただいてきました。私よりずっとずっと女子力高い(^^;;

披露宴では生徒とそのお友達とラッパアンサンブル。ほろ酔いでしたが、楽しく出来ました!大学の先輩後輩だそうですが、意識が高くてみんなよく吹きます!生徒はこんな中で育ってきたんだなぁ。そりゃよく頑張るはずだ!そして新婦さんも英語を自分で一生懸命勉強されて、今は英語の先生なんだって。すごいっ!

それにしても、なんと新婦のお友達に元生徒がいたり、新郎のお友達の奥様が中学の後輩だったり、誰も知っている人いないかなぁと思ってたのにびっくり!まったく世界は狭いです。

今日は練習も兼ねて初めてちゃんと振袖を着て行きました。着るの、結構大変!今まで何となく着ていたけど、ちゃんと教えてもらいながら着ると、知らなかったことがいっぱい。ちゃんと柄が出るようにどこをどこに合わせるかとか、ちょっとこうしたら便利ってこととか。腰紐のしまい方も、ひょいと片手で真ん中が持てるようにとか、
61326f40ec9c487ab33517efdbad1bea
重ね襟とか。
7259efdb27c64983995d28bc4a4cfb61
大変だったけどとっても勉強になった!やっぱり日本の文化は奥が深い!

疲れてたけど、披露宴の後のレッスンでは、中1の男の子2人が3階のレッスン室まで荷物を持って上がってくれて、帰りも駅までもっと送ってくれて、とっても助かっちゃった。かわいいなぁ。ちょっとの帰り道でしたが、癒されました。今日も勉強になって素敵な人たちと会えて、お腹もいっぱいでいい1日だったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

Preparing for my next trip

来週からドイツとルクセンブルクに行ってきます。連日バタバタと準備に大忙しです。ラッパだけでなく、英語も日本語も、日本の文化についても、たくさんお勉強しています。寝る時間もないけれど、今まで長い間考えていたことがやっと実現するようで、とても楽しく充実してます。あとは体調を崩さないように、それだけかな。

先週、その辺りに行った方が写真を送ってくださいました。
Img_0273
ワイン屋さんにも地方紙にも、たくさん宣伝いただいているみたい。
Img_0274
やっぱり頑張るあるのみ!こんな機会に、助けてくださる皆さんに、感謝です。母も喜んでくれてるだろうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

I need KISS

連日色々なことに大奮闘中ですが、一番時間を費やしているのが英語です。英語のメールや記事を書いたり読んだり。以前よりはずいぶんすらすらと出来るようにはなってきましたが、ちょっと込み入ったことになるとたちまちグチャグチャに。

今日も外国人の先生のレッスンがあって、昨晩寝ずに書いた2つの記事と、行きの電車の中で慌てて書いた記事の3つを添削してもらいました。電車で慌てて書いたものはちょっと直されただけでOK!昨晩の成果のうちの1つは清書してもう一度読み直すことに、そして残りのもう1つは全然ダメで書き直しに(>_<)

自分が簡単に使えるものでなければダメということですよ。辞書を引いて言葉をそのまま繋げたようなレベルでは。そこで先生がレッスン時間をオーバーしてまで私に力説してくださったのは、KISSが大切なんだと言うこと。

K eep
I t
S imple(and)
S hort

わかっちゃいたけど、まだまだ足りないということですね。小さな子供にもわかるように、まずは日本語をもっと簡単にしないと。日本語の勉強も足りないということですね。そして私の英語もまだまだ小さな子供レベル・・・。でも逆に言えば、小さな子供レベルに置き換えられれば何とかなるようにはなってきたということかな。何でもそうだけど、諦めず努力し続けるのみです。語学の才能もないみたいだけど(T_T)、それが出来るのが私のいいところだぁ〜〜〜〜〜!諦めないぞーーーーーっ!!!

っということで、キツくてフラフラだけど、また今晩もガンバります♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

Japanese wheat gluten

先日うちのリビングでお菓子かと思った可愛らしいお麩。
E0f7948f6795445aaaaaa35c3ae6dd50

頂き物の加賀のお麩のお吸い物に浮かべてみました。春らしくてやっぱりかわいい!
80726e24953149f4ad6deaaebee50b14

勢い余って、おかわりを。味噌仕立てでもやっぱりかわい(*^^*)
76d34e496e5f456ab7ca187359f2ba49

お腹の中に入っちゃえば見た目なんて関係ないかもだけど、見た目に素敵な食べ物は頂くのも楽しくいただけますね。こんな日本食、やっぱり大好き♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«In Mito