« ほぼ貸し切り | トップページ | 粘土 »

2008年2月10日 (日)

嬉しい時

嬉しい時
私は職業音楽家なので、基本的には音楽で収入を得ているわけですが、年に2回自分主催で演奏会を開催しています。私のリサイタルと門下生の発表会です。今日は8回目の門下生の発表会でした。
毎年思うことは、とにかく自分で吹いている方が楽。手に汗にぎる生徒たちの演奏を見守るのは、皆さんの想像の他キツい。小さい子にはお辞儀の仕方から、立ち位置、出演順など、すべて面倒みなくてはいけない。さらに最後には私自身もお手本演奏をしている。音だしもせず、ず〜っと生徒たちの演奏を聴いて好評を書いて、いきなり演奏。生徒の前だから、生徒がやらない曲をなんて思うとホントに大変です。
そんなに大変な想いをしても今日はとても嬉しい時間だった。みんな上手になってきた。それは本人たちの努力のたまものであるが、私の仕事の結果でもある。
幼いのにバカうまの子、初心者なのに上手になった子、大人の演奏ができた人、音大に進学して私の手を離れても成長を続けている人、人それぞれ色々な想いがあるし、人それぞれ成長がみえた。
8回目ともなれば、生徒同士がお友達になり、会の運営も行ってくれる。私はホントに嬉しい。昔は高校生だった生徒と今はお酒を飲み、仕事の話をしたり、みんなの成長ぶりがよく確認できた。たくさんの生徒に慕われ、とにかく嬉しい。
私も追いつかれないようにがんばらなきゃ。

|

« ほぼ貸し切り | トップページ | 粘土 »

コメント

発表会お疲れ様でした!スーパー小学生の演奏や、楽器を吹く時間が無くても一生懸命音楽をしている方達の演奏を聴いて、初心を思い出したと共に自分ももっと頑張ろなければと思いました!
やっと大人会に参加できるようになったので、私にもできる事はお手伝いさせて下さい☆

投稿: 阿久津です。 | 2008年2月12日 (火) 10時06分

本当にお疲れ様!また色々助けてくれてありがとうね!レッスンをしていると正直混沌としてくることがあるけど、みんなの成長を確認できて私も一段とやる気がでました。また来年に向けて一緒にがんばっていきましょう!

投稿: かな | 2008年2月12日 (火) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい時:

« ほぼ貸し切り | トップページ | 粘土 »