« Pub | トップページ | Dolls for the Girls' Festival »

2008年2月27日 (水)

Wine party

Wine party
ニューヨーク・フィルが最近話題のとある国で初公演を行ったそうですね。2ヶ国間の文化交流だそうですが、我が家でも文化交流会がありました。ワイン・パーティーです。今年に入って何回目でしょう…今日は20〜30人くらいかな。いつもの私の練習が、パーティー会場になりました。
私は遅く帰ったので遅れて参加して、先に部屋に戻ってきました。短い時間でしたが、もうお腹いっぱい、十分楽しめました。

今日もリハが2つあり、口は痛いしクタクタです。以前にも書きましたが、ラッパの1番というのは、バテてはいけないというだけでかなりのストレスなのですが、指揮者がいないアンサンブルでは合図をだしたり、演奏のほかに指揮者の役割も果たさなくてはいけません。ましてや夜のリハーサルでは20人編成で指揮者なしなので、約20人の動きを聞きながら、タイミングをはかって合図をだして、さらには当然であるが自分のパートを演奏しなければいけない。アンテナを常にはって気の抜ける時間はない。だからといって、みんなが合わせようとしてくれているかというとそうでもなく、気にしていない人、自分の演奏にいっぱいいっぱいで気にできない人も残念ながら多い。
今のこの席に座るようになって、こういう役目にもずいぶん慣れてきた。今まで以上にあちこちよく聞こえてきて、色々なひらめきもある。その中でできそうなことを、言葉を選んでメンバーにお願いしていく。
本番は一回だが、リハはそれを練り上げていくわけだから、本当に疲れる。だからといって、私は今の席以外には性格上座れないと思う。どんなにキツくても、どのメンバーよりも努力をしてこの席に座っているしかない。本当に損な性格…
隣の部屋はまだにぎやかだ。どんなににぎやかでも、今晩もぐっすり寝られそうだ。私の神経すり減らした結果を見たい方は、3/5夜こまばエミナースに足をお運びください。チケットご入り用の方、ご連絡お待ちしております!

|

« Pub | トップページ | Dolls for the Girls' Festival »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wine party:

« Pub | トップページ | Dolls for the Girls' Festival »