« World of Brass in Concert | トップページ | Birthay surprised »

2013年11月18日 (月)

The Brass in Concert championship 2013

朝の9:00からチャンピオンシップです。制限時間30分の11団体ですから長丁場。

会場では、楽器なども展示されているけど、聴いているだけで疲れてしまって、そっちまでみられなかった(^_^;)

P1050517_2

このコンクールは、演奏だけでなくパフォーマンスも評価されます。日本でいうところのフェスティバルかな。面白いのは、プレゼンターが司会をして、ジョークを言って笑わせたりしていること。それは、団体と団体の間もですし、曲間も。そこが日本のコンクールとはまったく違いますね。

それに、やっぱり30分はけっこう長いです。団体間のセットチェンジでも、昨年の様子やコマーシャルを映像で流したり。お客さんもエコノミー症候群にならないように立ち上がって話をしていたりしています。ずっと座ってるからね、立ちたい気持ち、よくわかる(^_^;)

評価は難しいと思いますが、各団体の個性がでていて、とても楽しめました。でも、私が一番ショックを受けたのは、R.ウェブスターの演奏でした。いい意味です。歳をとった感じはしましたがそれもいい意味で、力が抜けてとてもいい音だし、さすがの演奏でした。

明日、ロンドンによって、帰国です。まだまだ勉強不足。私もまたがんばらなきゃね。いい旅でした。

|

« World of Brass in Concert | トップページ | Birthay surprised »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Brass in Concert championship 2013:

« World of Brass in Concert | トップページ | Birthay surprised »