« A last morning at Ulm | トップページ | Diary »

2014年12月28日 (日)

Hot wine

Hot wine
少し喉が痛い感じがしていたけれど、とうとう来てしまったかも。風邪。夜、地元の寒々しい駅で電車を待ったのが追いうちをかけたか、喉の痛みが増してきた。食欲もない。0:00近くに帰宅してからの食事だからね、そんなにモリモリ食べられちゃっても問題だけど。

数日前のあの風邪っぴきさんのをいただいちゃったかなぁという感じ。風邪をひいたら、できればお休みしてもらいたいと思う反面、風邪をひいても一生懸命来てくれる生徒。たくさんの子供たちと接していると、正直、色々感じることがあります。

最近よく思うのは、私が必要以上に面倒をみすぎてしまっているのかなぁということ。特に小さいときからレッスンをしていると、私と一緒にやるのが当たり前になってしまっている。そりゃもちろん、習えば上手にはなりますが。やはり、自分で出来るところは自分でやって、出来ないところを何とかしようと思っている人の成長ぶりは目に見えて明らかです。自分で出来ることも先生に一緒にやってもらおうという甘え?がある人は、残念だけどそれなり。小さいときには色んなことを一緒にやったけれど、逆にそのまま大きくなってしまって、私に言われたことをやっていればいいと思っている。私がそうさせているのか、甘やかしてしてしまっているのか。そういう子供たちばかりではないけれど。

やる気がないわけではないのはわかります。でも、そうだとなかなか結果がでなくて、悪循環になります。だいたいそういう子供たちは、返事もちゃんと出来ない。反応もあまりない。こちらが問いかけたり、おもしろおかしく話をすれば多少反応はあるけどね。中には、うまくいかなくなると機嫌が悪くなってまったく反応がなくなったり、「はぁ?」(あまり良くない感じ)と聞き返されることもある。そのまま大きくなれば、敬語もちゃんと使えなかったり。そうだと、当然、ほかの先生にご紹介したりもできないし、もちろん一緒に仕事も出来ないよね。

そんな話を仲間にすると、その子の元々もった性格やおうちでの教育でしょという話にしかならないけれど、最近そういうことが多くなってきているのは残念ながら事実。そんな時代なのかな。レッスンをただ無意識に受けてもね、そんなに簡単にすごく上手にはなりません。やっぱり日々の皆さんの努力の積み重ねの方がずっと大切なんですよ。そして、そういう積み重ねがあるかないかというのは、先生方からすれば、あっという間にわかるものです。

最近は歳をとったからか、いちいち腹を立てたりしませんが、皆さんの貴重な時間や親御さんの想いが、無駄になってしまうことを考えると胸が痛むことが多い。

たくさんの子供たちと接している先生のただのぼやきですが・・・

年末も年始も、もちろん休みなし。このまま来年まで突っ走るのです。体がもつかな。何時から始まるかもよくわからないさほど必要のないレッスンなら、ちょっとでもお休みをいただきたいようだけれど。先日いただいたホットワイン、いただいてから寝ますかね。今日も疲れました(+_+)

|

« A last morning at Ulm | トップページ | Diary »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hot wine:

« A last morning at Ulm | トップページ | Diary »