« Love vegetable | トップページ | I am Japanese »

2016年3月 7日 (月)

The scenery of Sedona

セドナはディズニーの世界でもあります。サンダーマウンテンがあるんですよ。
ほかにも、たくさんの赤い岩をみました。コーヒーポット・ロックとかベルの形のベル・ロックとか。
Dsc03157f
これは煙突の形をしたチムニー・ロックですが、この角度からだけ3本に見える3フィンガー・ロック。
Dsc03237f
これは、ホテルからいつも眺めていましたが、スヌーピー・ロック。真ん中からちょっと右下のところに仰向けで寝ている(頭は右側)スヌーピー、わかりますか?そして、ちょっと左の大きな岩の真ん中にはルーシーもいるのです(*^^*)
Dsc03230f
セドナの土地は鉄分を多く含んでいるので赤いそうです。なので、川ももちろん赤い!そして、ちょっと驚いたのは、川はいつもあるわけではないということ。雪解け水や大雨の後に川ができるのだとか。乾燥しているわけですね。
Dsc03177b
前の週に吹雪だっただけあってあちこちが雪でしたが、なんだか雪の中にサボテンって、ちょっと考えられない。あったかいところにサボテンは生えているイメージですもんね。
Dsc03152fDsc03155b
これは、アガベというテキーラの原料です。なんと100年生きた最後の1か月ににょきにょき幹が生えてきて、黄色い花を咲かせて死んでしまうのですって。2枚目が1月頃に死んでしまったアガベだそうです。100年も生きてねぇ。
Dsc03180f
これは、セドナさん。この地名は人の名前だったのですね。
Dsc03156fDsc03181f
セドナは景観条例があって、マックもこんな色。おうちもみんなこんな色。漫画の世界ですね。
Dsc03127cDsc03129b
そして、最後に・・・バッファローのハンバーガーと、バッフ ァローの串焼き、ガラガラヘビのソーセージ、サボテンのフライです(^^;) 「ヘビの味がする~!」と言っていた人もいましたが、私は普通に美味しくいただきましたよ(*^^)v サボテンはちょっと酸っぱいくてアロエみたいな食感。意外にビールに合いました!
かなりの強行スケジュールでしたが、何日も行っていた感じがするくらい充実の旅でした。意外に英語も使えるようになっていて、うれしかった!また行きたいなぁ♪

|

« Love vegetable | トップページ | I am Japanese »

コメント

 加奈さん、しばらくご無沙汰しております。お元気にご活躍のこと、日々陰ながら応援しております。ブログを久しぶりに覗かせて頂きましたが、セドナでのマラソンに参加されたのですか。凄い! チョット驚きました。有名なボルテックス…パワースポットのレッドロックでパワーを貰ってニョキニョキでしょうか。ラスベガスから東へグランドキャニオン、モニメントバレーなど凄い自然景観を見ると米国の驚異を一層感じますよね。加奈さんが常に見聞を拡めようとしておられる努力を頼もしく思います。 さて、セクハラと思われると嫌なので躊躇しましたが、思い切って加奈さんにお尋ね…あなたの結婚観は?…失礼しました,触れたくなければ忘れて下さい。実は私の息子(弁護士)が銀座で法律事務所を開いておったのですが、性に合わないのか数年前に戻り個人投資家に変更し、独身なので将来を思う事の親馬鹿の心配でした。加奈さんのような方に…と勝手に思ったので…人それぞれに考え方がありますものね。ただ、老後の独り身は寂しい方が多いと聞きますのでね。私は皆んなに幸せになって貰いたいのです。最近はお節介をやく人がいなくなりましたからね。余計な事を失礼しました。またの機会に…悪しからず。言いたい放題が過ぎました。

投稿: Toshiro Narita | 2016年3月 7日 (月) 15時57分

なりたさん、

いつも応援ありがとうございます♪気にかけていただいて嬉しいです。

まだもう少し、心も体もあちこち飛んで歩いていたい感じので、落ち着けようという気になりましたらご相談させていただきますね!ハラハラさせることも多いかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

投稿: かな | 2016年4月16日 (土) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503512/63309930

この記事へのトラックバック一覧です: The scenery of Sedona:

« Love vegetable | トップページ | I am Japanese »