« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の記事

2017年8月31日 (木)

Handmade gifts from Chinese friend

最近、私の生活の中に国際交流が急激に増えてきました。先日も、中国の青島からの吹奏楽クラブの修学旅行生達との交流の機会があって、トランペットの中学生をレッスンさせてもらいました。中学3年生でしたが、ハイドンのトランペット協奏曲を全楽章さらってあってビックリ!他のパートでも、小中学生なのに日本の音大生がやるような練習曲を持ってきていたとのこと、予想外のレベルの高さでしたね。それに、レッスンもほとんど英語でできましたよ。英語のレベルも高い!素晴らしいですね!

そしてそのバンドの先生からいただいたのがこれ。
4856689fbbb54d49a1f181e630ad08cb
それも名前入り!
86dccae05b8748c5976272ecf918652c
合わないといけないからと、2種類作ってきてくださいました。嬉しいですね。バランスもいいし、やっぱり、優しい音がしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

With Black Dyke

来年1月末から、ブラスバンドが大好きな皆さんをイギリスにお連れして、ブラック・ダイク・バンドと共演しようというツアーがあります!
Img_20170812_0001
会場はハリファックス・ミンスターという教会で、ブラック・ダイクの練習場の近くです。指揮はもちろん、ブラック・ダイクの指揮者、ニコラス・チャイルズ先生です。本番は、日本人のバンドの演奏、ブラック・ダイクの演奏、そしてジョイント・バンドの演奏となります。共演曲は、「威風堂々第4番(エルガー)」、「アバイド・ウィズ・ミー(ジェンキンス)」、「エルザの大聖堂への行列(ワグナー/グレアム編)」の3曲にアンコールで、ブラスバンドで演奏したいイギリスの名曲揃いですね。最後は感動するだろうなぁ。。。
Img_0917
スケジュールは、現地でのリハ、ブラック・ダイクのリハ見学、交流会のほか、希望者はプリンシパルのリチャード・マーシャルを始めとしたメンバーから個人レッスンも受けられます。ブラスバンド、そしてブラック・ダイク漬けのツアーになりますね。
Img_0918
先日、渡英した際に、現地を下見してきました。街に入る4本の道では、こんな案内が見られます。
Img_0881
ブラック・ダイクの練習場は、以前行った時とは少し変わっていて、現在はブラック・ダイク・ヘリテージ・センターとなっています。この中でリハやレッスンが行われる予定です。
Img_0879
近くには人手に渡ってしまった元々のブラック・ダイク・ミルズの工場も残っています。
Img_0870
教会は石造りでとっても落ち着いた雰囲気の由緒ある教会ですよ。ブラック・ダイクもここで演奏会をすることがあるようです。
Img_0895
Img_0898
打楽器はもちろん、バスも現地でお借りできる可能性があります(有料になりますが)。ぜひ皆さん一緒に参りましょう!詳細はパンフレットの通りですが、ご質問などありましたら遠慮なくどうぞ。一応、団長さんですので(^_^*)


そしてついでと言ってはなんですが、ブラック・ダイクで吹いてきてしまいました(^_-)似合いますか?
Img_0836
グラストンベリーという有名な屋外ステージで、お客様ま8,000人とか!
Img_7961
簡単なサウンドチェックだけで本番で、ちょっと必死でしたが、とっても楽しいステージでした!ブラック・ダイクのハーモニーの中で吹けたのはいい経験になりました。皆さんにもぜひご経験いただきたい!
Img_1187

しかしながら、この日同じステージにのったのは・・・さすがブラック・ダイク!
Img_2451_2


パンフレット、ご参照くださいませ。ご応募お待ちしております!
Img_20170812_0005_2
Img_20170812_0006


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

With P.L.Cooper

International Brass Band Summer Schoolに来ています。こちらは毎日20度いきませんから、寒くてしょうがない!部屋オイルヒーターをつけたといったらみんなに笑われてますが、寒がりの私には本気で寒い!でも、3つのバンドのリハをこなしながら、レッスンがあったり初見大会があったり、コルネット(ともちろん英語)漬けの充実した日々を送っています。

昨日は金管バンドの演奏会では必ず演奏されると言っても過言でないクーパーさんが来て、棒を振ったり話をしたりしました。クーパーってどんな人だろう?と思いませんか?あの曲を演奏してみると。私の予想では、神経質で気難しくて、良くない意味の変わり者?なんて思っていましたが、とっても魅力的でチャーミングな人で驚きました。きっとお話が大好きで、いつも彼のいるところは大笑い!とってもナチュラルで良い方向に想像をこえた人でした。婚約者の某BバンドのZさんともとってもいい感じ(๑˃̵ᴗ˂̵)ファンになりました。

今回も彼の曲は何曲もあって、私は初めて演奏するものばかりですが、日本の方のためにちょっと伺ってみましたよ。吹奏楽アレンジ、または作曲のプランは?と。彼のホームページPLC MUSICで検索してもらうと見つけられますが、すでに少しはあるようです。でもきっと日本の人はあなたの曲を気にいるから、もっと書いてねと言っておきましたよ。

とってもいい出会いでした(^_^*)
Img_0822


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »