« Family days | トップページ | 17th recital with Owen »

2017年9月27日 (水)

About lesson

たまには真面目な話を。夏にイギリスに行ったとき、リチャード・マーシャル(ブラック・ダイク・プリンシパル)の個人レッスンを受ける機会がありました。そこで言われたことは、何となく自分でも薄々感じていたこと。ちょっとしたことですが、彼の演奏する様子も見て、確かに改善のポイントを確認できました。私は日頃から、閃いたらすぐにアンブシュアのマイナーチェンジを行ってしまうので、今回もその翌日から変えてみました。確実に今まで出来なかったことが出来るようになりました。ハッキリ言われてわかったんですね。

それから約1ヶ月半が経ちました。最近感じるのが、あの時から出来るようになったこと以外にも良い方向に向かっているということ。具体的には、習ったことはリップトリルなのですが、音域やC管のコントロールが良い方向に変わっていました。もしかしたらピッコロも変わるかもと思っています。

やっぱりこの歳になっても、そしてほとんどが教える立場になっても、(良い方向に)変わることができる。大家さんの言葉で印象に残っていること「出来ないことはお金払って習えばいいのよ!」。ないものを手探りでやっているより、そりゃ話ははやいよね。

学生の頃はせっかくの習う機会でも目的が今より漠然としていたな。ただうまくなりたいと。今はもうピンポイント。だからすぐに変えられるのかも。これは私の持論だけど、変化出来ない人には成長はない。成長も変化の1つ。最近、生徒で残念なのがそのパターン。変えることが、変わることが出来ない。守っちゃうんだよね。確かに変わるのは今までと違うんだから怖く感じるのもわかるけど、それじゃ良くも変わらないんだよね。自分の反省も含めて言うけれど、若いうちにどんどん変わってどんどん成長して欲しいな。それができる人が大きく育つんだよ。気がついて欲しいな。


と言うことでというわけではありませんが(^_^;)、今度の私のリサイタルでゲストとして来日するテナー・ホーンのオーウェン・ファーのプライベート・レッスン企画が下記の通りありますよ。ご希望の方、ご連絡お待ちしております。詳細お送りいたします。

【オーウェン・ファーによるテナー・ホーン・プライヴェートレッスン】
日時:2017年10月12日(木)17:00~21:00
場所:東京都江東区東陽4-8-17㈱ビュッフェ・クランポン・ジャパン
備考:班目がお手伝いいたしますが通訳は付きません。

そして、私も教えてもらったように、リチャード・マーシャルを始めとしたブラック・ダイクメンバーから個人レッスンも受けられるブラック・ダイクとの共演ツアーもありますよ。詳細はパンフレットがありますが、ご興味ある方は遠慮なくお問い合わせくださいませ♪

|

« Family days | トップページ | 17th recital with Owen »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503512/65841671

この記事へのトラックバック一覧です: About lesson:

« Family days | トップページ | 17th recital with Owen »