« Diary | トップページ | My favorites »

2019年1月 6日 (日)

About International Tourist Tax

今年2019年1月7日から「国際観光旅客税」、通称「出国税」が徴収されます。一律1,000円。航空券に上乗せされる形で徴収されるそうです。私は先日、10,960円で韓国済州島に行ってきましたが、この金額の割合で1,000円は大きいですね~。LCCによっては、キャンセル不可で、キャンセルした時に返金されないこともあるようですよ(空港税などと同様)。その辺のガイドラインはまだないみたい。

どんな人に課せられるか、日本の人も外国の人も、日本を出国する人、国籍は関係ありません。逆に非課税となる人は…

・乗継旅客(入国後24時間以内に出国する者)
・2歳未満の者
・本邦から出国したが、天候その他の理由により本邦に帰ってきた者
・外国間を航行中に、天候その他の理由により本邦に緊急着陸等した者
・船舶又は航空機の乗員
・公用船又は公用機(政府専用機等)により出国する者
・日本に派遣された外交官、領事官、国賓、その他これに準ずる者
・強制退去者等

ですって。

使い道は、
・ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備
・我が国の多様な魅力に関する情報の入手の容易化
・地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等による地域での体験滞在の満足度向上

で、具体的には、Wi-Fi環境の改善や多言語表記、海外に向けた宣伝活動、空港整備などに使われるそうです。確かに日本はWi-Fiが少ないし、日本語ばかりだから外国語表記が増えるのはいいかも。外国の友達がトイレを流すのが日本語しかなくて、慌てて写メとってきて「流すのどれ~?」なんてこともあったし、今日も降り損ねそうになったボタンを押してドアを開けるタイプの電車、表記は「開」「閉」しかないもんね。観光地では、急激に観光客増えて地元の人がバス乗れないとか、色々問題も起きているみたいだしね。

今年は海外多くなりそうだし、有効に使われることを祈りますね。

|

« Diary | トップページ | My favorites »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: About International Tourist Tax:

« Diary | トップページ | My favorites »