« Day off in Penang | トップページ | Travel journal Penang 3 »

2019年3月 6日 (水)

The last night in Penang

今日はほぼ
この旅の最終日。

まだまだアップしていないことがあるの、
ペナン旅行記は
しばらく続きますが。


目覚めた時間に起きて
(もちろん恒例の
朝5:00大音量モスクお祈りで
一旦目覚めてるから二度寝ですが)
ベッドでうだうだ
バルコニーでうだうだして、
テーラーのお友達に会いに。
今回は私のでなく、
M先生オーダーのものを取りに。
そして、
おしゃれカフェでランチ。

そのあとはレッスン。
門下生増えました♪

A65aba90ff4a4b2b89e245bc515fac40

終わるともうディナー。
昨晩お友達が電話しておいてくれた
人気のお店。

47a101c655d44dc48c6b73f73b038cf6

日本では飲めない味、
アンブラ。
この青臭い味が
たまらんのよ!
干し梅に塩分が効いててね。
抗酸化作用があるらしいです。

1cf890649ede4c9e8fa74ac8951c7e5d

そして定番の
オイスターと玉子炒め。

33d309f333ee4ac19ec9e1a2f0c94934

で、メインは…
閲覧注意!
豚の脳ミソと腎臓の
お粥。

072d5aba9a3549c887ea7896241a43b7

とても美味しかったのよ!
スープもすごくいいお味で。
ちょっと刻んだ漬物みたいなのが入ってたりね。
こういうのお嫌いな方、
ごめんなさいm(__)m

夜は今回の旅の目的のひとつ、
音楽エクスチェンジで、
グループレッスン。

基礎から
みっちり2時間。
英語大変だったけど、
得意の身振り手振りで
なんとか喜ばれるものに。
良かった!

そのあとはもちろん、
コーヒーショップへ。
と言っても、
こっちで言うところのコーヒーショップは、
カフェではありません。
お外のレストラン。
要するに、
ホーカー。

もちろん、
タイガービールと、
鶏皮唐揚げ、

F650900cee83426c81935cdff61a3a39

鶏の足、

38498d5e11be44e4ac4508e8bb165861

ここの名物だって言う麺、
炒めているのでなく、
茹でた麺に、
ソースがからめてある。
甘塩っぱい感じ。

77e42f23c95544d08e7b9ee5b89f86fe

で、
これも麺だって。
米粉の。
これも甘め。
ナッツがかかってたりして。

C0e08fb8e8a943859201f2fe2f9ead67

今回、
このBanana brassには
とってもお世話になった。

カードもらったり、

D4c8cf3763544b72af44778d541dc773

石鹸の薔薇の花も。

025ed14926434b2280dd09a46b0a3b84


とっても気持ちのいい人たちと、
ホントにいい交流ができた。

またこれからも
続きそうだしね。

10年前に、
ポンと遊びに来ただけなのに、
ずいぶんたくさん演奏させてもらってる。
日本や故郷ばかりでなく、
ペナンにも恩返し
してかなきゃね。

ご縁て、
ホントに面白い。

明日の朝には出発。
今回も
あっという間だったなぁ。

帰ったら
この波の音が
懐かしくなるんだろうな。
早朝の大音量お祈りでさえも(^^;)

あと4時間後だ。
寝よう寝よう。
寝たくないけど。

おやすみなさい。

|

« Day off in Penang | トップページ | Travel journal Penang 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The last night in Penang:

« Day off in Penang | トップページ | Travel journal Penang 3 »