« EuroBrass19-4 Gala Concert & Youth Brass Band | トップページ | EuroBrass19-6 Wardle Academy Youth Band »

2019年5月 8日 (水)

EuroBrass19-5 favorites

European Brass Band Championships 2019

トランペット吹きの端くれとして書いておきたいことが。

9cb4cfa4ef354cd39e4c6b4950be7b09

Hans Ganschさんです。

オーストリアのバンドで吹いていると言う話を聞いたことがありましたが、

今回のオーストリアからのバンド

Brass Band Oberösterreichのプリンシパルの席には座っていなかったので、

もう吹いていないのかなぁと思っていたら、

武雄先生が「レピアノのところにいるの違うかな?」と。

やっぱりそうでした!

課題曲演奏後のロビーのカフェで1杯やっていた

指揮者のIan Porthouseと

バンドのマネージャーさんにお会いできて、

Hansさんともご挨拶することができました。

C0fb76f6701d4adeaedadb1e675e8cd2

皆さん穏やかで、素敵な方々です。

でも驚くべきはこの翌日、

自由曲の時でした。

この日の審査員でもあるJan Van dear RoostさんのFrom Ancient Times。

素晴らしいhigh Fが聞こえてソプラノの方を見ると、

吹いていたのはなんと!

Hansさん!!!

ソプラノのアシスタントをされていたのです!

その素晴らしいのと言ったら

私はこんなに素晴らしい音のソプラノの音は聞いたことがない!!!

ピッコロとはまた違って柔らかく

伸びがあって

バンドのサウンドとのブレンド感といい

ピタッピタッと決まって、

バンドのソプラノ奏者さんも素晴らしいのですが、

それをさらに引き立てるような、

さすがとしか言いようがありません。

演奏後、

1人で立たされていたバンドのソプラノ奏者が

Hansさんを引っ張り上げると、

会場からは拍手喝采。

バンドも落ち着いた正統的な表現とサウンドで

素晴らしい演奏でした。

きっとオーストリアのユースバンドも、

このような素晴らしい人たちが

指導しているのでしょうから、

それは上手くなるはずです。

私にとっては

1番の感動でした。

 

もうひとつ印象的だったのは、

地元スイスのBrass Band Bürgermusik Luzern。

Paul McGheeの新曲

King Kong on Rue Igor-Stravinskyを演奏して

会場を沸かせていました。

現代的で、

いわゆる「カッコいい」曲です。

これからのブラスバンドの曲は、

このようなものが多くなっていくのかもしれません。

いわゆるクラシックではなく、

映画音楽のような。

ブラスバンドならではの良さが

引き出されていました。

ユースバンドのPremierセクションで

Black Dykeのテナー・ホーン Siobhanが吹いたソロも

この作曲家さんのでしたね。

人気の作曲家さんのようです。

(ご本人もキング・コングに出てきそうな方でした(^_^;))

やはりコンテストですから、

選曲大事ですね。

このバンドの指揮者Michael Bachさん、

一方先を行く指導者さんのようです。

001497bf65cf4b74bf097f7621ff2f00

写真はお母様と。

武雄先生は彼のお父様Markus S. Bachさんと

古くからのお友達だそうです。

A924db655a264e51826cf5cf80e28fc3

そして

「うちの息子が教えてるバンドがこれから演奏するんだよ〜」

と言われて聴いたのが、

スイスの上手なユースバンドBML Talents

だったのです。

 

やっぱり

良いバンドは良い指導者から。

指導者の層も違うなと感じました。

いい勉強になりました。

 

つづく。

|

« EuroBrass19-4 Gala Concert & Youth Brass Band | トップページ | EuroBrass19-6 Wardle Academy Youth Band »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EuroBrass19-4 Gala Concert & Youth Brass Band | トップページ | EuroBrass19-6 Wardle Academy Youth Band »