« 2019年11月 | トップページ

2019年12月の記事

2019年12月12日 (木)

about practice

私は基本的に音楽の才能がないので、

人よりもものすごく練習する人だと思う。

幸いなことに、

練習するとか

めげないとか

続けるとか、

そう言った才能はあるのかもだけど。

練習は好き。

まあ正直

めんどくさい時はあるけど。

楽譜を読む能力も

なくはないかもだけど、

人より遅いのは確か。

だから私は、

曲を決めたら、

楽譜が届いたら、

とにかく練習。

 

私の練習の仕方は、

ちょっと特殊かもしれないけど、

本番の近い順に

とにかく全部通す。

で次の本番のものは

全部さらった後に

もう一回通して、

1日に2回通せるようにする。

何個かの本番があるので、

そりゃとにかく

時間がかかる。

でもとにかく

毎日通す。

夜中の1時2時まで吹いていることも

珍しくない。

それでも

練習時間は

いつも足りないと思ってる。

いつも体力の限界だし。

でも不器用だから

仕方ない。

才能ないんだから。

 

楽譜を読むことに夢中になると

音楽することに対するエネルギーが

少なくなってしまうと思うの。

だから

さらうより

慣れろなのかも。

最大限長い期間

練習してるってだけは自信はある。

そして慣れてるって安心感もある。

 

生徒や他人に同じことを強要するつもりは

全くないけど、

絶対言えることは、

 

『練習は裏切らない』

 

やっぱり

練習は大事。

それは絶対。

 

自分は出来ないと思うなら、

とにかく練習。

最大限

練習。

それだけです。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

Cardiff 1

この夏のウェールズ行きでは

なんと!

飛行機を間違ってとった(^^;)

早い日にとったので

大きな問題にはならなかったのですが。

取り直そうかと思ったけど、

取り直すと高いし、

ここは大人だ!

いっそのこと

自分へのご褒美!

遊んでしまおう!

ということで、

いつも通過しかしていなかった

カーディフで丸1日とちょい

遊んでしまったのでした(^^)v

 

いつもなら1人で歩き回るところなのですが、

荷物はあるし

観光には車が必要そうな。

どのみち最終目的地までの移動も

考えなくてはいけないし。

ということで選んだのは

現地の日本の方に

観光案内などをお願いできるというサイト。

そして、

空港近くのホテルにお迎え、

観光案内、

ホームステイ、

目的地まで車で送ってもらう

という条件で、

ある方にお願いしたのです!

行くまでに何度もやりとりをして、

ホントに全て

面倒みてもらっちゃったあげく、

コンサートまで聴きに来てくれるという

素敵な出会いに恵まれたのです!

 

Roath park近くの

素敵なお家に

ホームステイ。

良いお天気の公園は

涼しい風で

とっても気持ちよかった!

25b4945b7ab54f40b415b185b0f4abb0

白鳥もゆったり。

926546a20de244d4a950743db592af4b

公園内にはローズガーデン。

薔薇の香りを楽しみながらの

お散歩。

10360c4b6eb54960a3de68f58a9ec9e4

今まで何回か

この辺には来てたけど、

知らなかった家庭の味

大発見。

2c57e2ff87a6493991d7e3a1efb5eb74

素敵な朝食でいただいた

マーマイト。

これ、

スゴい味なの!

決して美味しいとは言いがたい(^^;;

どうやら

ビール酵母からできてるらしいんだけど、

ジャムみたいな見た目だけど、

なんと言ったらいいのか。。。

私は食べられるけど。

甘くもなく

激しょっぱいわけでもなく

苦いような

ん〜

身体にいいのかなぁ。

でもここまでの味を

ガマンして食べるのか〜?

って感じの味。

今までの人生の中で

1番びっくりした味かも(^^;;

皆さんも見つけたら

ぜひトライしてみて!

A2ff8f6d7902414c98e11f508657b3dd

現地にしかない味を食べたいと

言い続けていたら、

帰りのサンドイッチに

レタスと挟んでくれたのが

このブランストン。

こっちはね、

マーマイトよりずっといける!

サラダのドレッシング代わりにしたり。

酸味があって

玉ねぎとかかなぁ。

 

でもどちらも

お土産にしたけど

まだ冷蔵庫に残ってる。

私がちょっとずつ

いただくしかないかぁ(^^;)

 

今までにない味を楽しめて

私は大満足の旅でした!

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

Girls alone

気がつけばもう

半年前の出来事になってしまったけれど、

ウェールズで

ガールズ・バンド楽しんできました♪

プリンシパルを務めさせてもらって

ソロも吹いてきました!

E7d5eb91979d4525bba7213a8fdd9eed

指揮はもちろん

ニック!

ポールの指揮で

ゾイの伴奏したり

0ede8c201e62472999e3ff9db01faabf

さすがのニックで

演出もあり。

ジェームズ・ボンドのホルン

かっこよかった!

0f7ea87fad3e4315bfce798de00784ac

どこの国でも誰とでも、

女子バンドは

楽しい!

パワフルで

明るく底抜け、

華やかで

繊細。

84e343f28d6b4e86af4586eba7ad973d

また一緒に

吹きたいなぁ(*^^*)

 

I miss you all!

Love xx

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

Zen concerts in Texas

今回のProject KANAのテキサス・ツアー

3公演は大学で。

10/22はTarleton State University。

4aa043fd3c4440889f888f014e998b32

お友達の勤務する大学で、

たくさんのお客様が

いらしてくれました。

2b7e3505ede449f794c2de3e15ebcc14

スタンディング・オベーションに

感謝。

02d07fd034164d9fbb82ef6f649e53a2

 

McLennan Community Collegeは

Wacoというところにあって

あまり日本の人がいないところのようで、

「日本人が来る!」と

日本の方が

大雨の中

来てくださいました。

24e6b1befeb24aa7a54642c0b73b19d4

05ba6c6cd54d48f08bfb3662114230fe

ありがたい!

 

Texas Christian Universityは

とっても綺麗な大学!

学食も充実!

74c10d09c9494bcdab4af248b0b78bc7

ホールもたくさん。

55240a8b92a942b9a420fa2359d50d4a

日本について研究している

サークルがあるようで、

そこの学生さん達も

来てくれていました。

 

これらはフルのコンサートだったのですが、

日本の吹奏楽の話や

水戸大使として

水戸の曲も演奏したり、

トランペットのコンサートというばかりでなく

日本の文化を

多方面からお伝えすることができたかなぁと思っています。

Ad48aa601f2c4fb9a9a333dd2a9066b0

今後どういう方向に広げていくか、

明確になってきたように思います。

そういう点で、

今回のツアーは

私にとっても大収穫でした。

経験を積むことって

大切。

勉強して考えているばかりでは

気づかないことが

いっぱいある。

どうぞProject KANAの今後も

お楽しみに!

 

今回のツアーを成功させてくれた

大切な友人

Leslie Spotzに

心から感謝します。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

Reunion :旧友とのリハ

今日の最後の仕事は

高校の同級生とのリハ。

会ったのは卒業以来ではないけれど

かなり久しぶり。

お互い

「お変わりないようで」

と。

 

最近、

高校の同級生や先生や先輩と

何かとご一緒する

と言うか

いつも助けていただくんだけど、

久しぶりにお会いしても

同じテンションで話や仕事ができて

すごく心地がいい。

なんでだろう。

感覚が変わらないというか。

仕事しても

仕事仲間というより

やっぱり友達。

同じ釜の飯を食った

って感じだから?

なんかみんな

お会いした後

幸せな気持ちなるんだよね。

すごく安心もする。

勇気づけられたり。

なんか嬉しいの。

 

ホントはね、

当時は

行きたいと思ってた高校じゃなかったんだよね。

吹奏楽部はなかったし。

珍しく

なんだか親に丸め込まれて

そこにしたような。

でも結果、

何でも好きなことが

好きなだけ

出来た時代だったのかも。

御山の大将みたいなとこも

あったかもしれないし、

色々問題は起こしたけど、

ある意味素直に

自分らしく

いた時代だったかも。

大学時代からは

私にとっては

病んだ時代。

自分の弱さが原因。

それから10年15年は

病んでいたかも。

そんな時代があって、

成長したのか

丸くなったのか

気にしなくなったのか

あきらめたのか、

また最近、

自分らしく生きられてる。

 

実はそんな感じ。

素直な自分が戻ってきて

幸せ。

 

以前セドナに行った時、

現地の人にとってのパワースポットは

パワーをもらうところではなく

本来の自分を取り戻すところ

と聞いたことがある。

ラッパと同じで、

何か余分なものがあると

変なことになる。

無駄なものや

邪魔をしているものを

取り払ったとき、

自分の最大限のパワーが

現れる。

そんなことを実感する

今日この頃です。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

Masterclass in Texas

今回のテキサス・ツアーは

大学での公演があったので、

公演の前には

マスタークラスも。

999b26b54a764b118cf1792176c3eaee

通訳が付くと知って

それなら通常業務!

と安心していたけど、

F77cd5685cd545328d8be6a095904452

最後の1校だけ

通訳さんが遅れてると言われて

来なかった(@_@)

ガビーン!と思ったけど、

時間は待ってくれない。

やるしかないよね〜(^^;;

終了後友達には

「Kanaのクラスはわかりやすくて

絶対学生はみんな理解出来たよ〜」

と言われたけど、

そりゃそうだよ!

私の英語力じゃ

複雑なことは言えないもの

必然的に

シンプルなわかりやすい内容だったと思うよ(^-^;

 

学生さん達は

日本と変わらないと言えば変わらないけど、

のびのび吹いていました。

予想通りだけど、

たくさんの質問を受けました。

日本人の曲に

やっぱり興味があるみたい。

コンサートのなかでも

K先生はもちろん、

A先生とF先生の曲も演奏したし、

日本の吹奏楽事情なんかも

話してきましたよ。

 

学生さん達は

演奏会でも熱心にお手伝いしてくれて

良い子達ばかり。

F99c428f6dce4c3d9ef6ded78f59d665

A5fba178b19449adae4e4e084c4c8992

関係者の皆様、

どうもありがとうございました!!!

 

| | コメント (0)

Japanese nation anthem:君が代について

先日のリサイタルでは

旧水戸市歌があると知って

早速プログラムに入れましたが、

今度は『君が代』!

今の『君が代』より前の『君が代』が

あったんですね〜!

日本初の吹奏楽団「薩摩藩軍楽隊」を指導していた

アイルランド出身のイギリス軍楽隊長

ジョン・ウィリアム・フェントンが作曲。

明治3年(1870年)

薩摩藩楽隊により初演されています。

 

「日本に国家がない!」

と知ったフェントンが、

そんなのダメだ〜っと言うことで

政府に訴え、

作曲することになったんだそうです。

歌詞があれば作曲する!

と言ったそうですが、

フェントン本人は

実は日本語の歌詞を知らずに作曲したらしく

歌詞に合わない!

と言うことで

明治13年(1880年)に

宮内省怜人長の林広守が作曲、

明治26年(1893年)祝日大祭日唱歌として公布され

事実上の国家になったんだそうです。

 

前の『君が代』

どんなだったかって、

気になりません?

コラール風の綺麗な曲です。

来週の演奏会で

演奏するカモ!

と宣伝してみたりする(^_^;)

興味のある方はぜひ!

お待ちしております!!

確かに日本語の歌詞には

はまらない感じが

わかるカモ(^_^;)

Fb_img_1575364009929

フェントンが来日したのは明治2年(1869年)

ということで、

ちょっと話は逸れますが、

日本に管楽器が初めてやってきてから

今年は150年目の記念すべき年なんですよ!

吹奏楽や管楽器をやっている人は

知ってた方がいい豆知識でした!

チャンチャン♪

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

Vibrato:ビブラートのススメ

今日から恒例の

金管バンドのリハがスタート。

今日のリハで

個人的に感じたこと、

ビブラートについて。

 

私はけっこう

ビブラート

好きです。

日本人の中では

多くビブラートをかけている方じゃないかなと

勝手にですが思っています。

弦楽器の人のようなイメージです。

でもイギリスの金管バンド関係者には

「Kanaはトランペットを吹くから

ビブラートをあまりかけないけど

もっとかけた方がいい」

としょっちゅう言われます。

 

生徒にも

音楽的な意味ばかりでなく

トレーニングの観点から

基礎練でも

ビブラートをかけることを

すすめることも多いです。

私のイメージですが、

口角に力が入っていると

良いビブラートがかからないような感じがするので

口角やほっぺ

奥歯の辺りに

力が入っていて抜けない生徒には

オススメしています。

もちろん

良いビブラートってなんだろ?

ってとこを教えてからになるから

何でも誰にでもいいってわけには

いかないんだけど。

で、気をつけることは

無意識にかけないこと。

癖のようにいつもかかっちゃうんじゃなくて

ちゃんとコントロールしてかける。

もちろんかける速度や幅も

コントロールが必要です。

 

で自分の話に戻って、

今日は楽譜にそんなに必死じゃなかったこともあって

ちょっと余裕があったので、

いつもより

ビブラートをかける機会を

増やしてみました!

そしたらやっぱりね、

バテが違うような気がする。

ビブラートをかけられる

=(イコール)

唇界隈には余裕がある

ってことは、

無理な体制ににならなくて

バテにくい!

 

っと思う!

唇のフレッシュ感が

やや長く保たれるような、

唇が傷みにくいような

感じがしましたよ。

明日からも

しばらくビブラート多めで

いってみよう!

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

Diary

毎日ホントに

色んなことが起こります。


今日はお隣の広~い国で

私のホームページが

開けなくなっているという問題。

どうやら規制が

かかってるらしい。

そのお国専用の

ページを作るしかないかな。


最近、

そちらのお国での仕事が

着実に増えてきています。

年末年始も

そちらで迎える予定。

楽しみなんだけどね。

お国が変われば

色々ありますな。


このところ困ってる大問題

まだあります。

外国からいただいた小切手が

日本で換金出来ない件。

大手の銀行も、

外国からの不正なお金の流入を防ぐためか

取り扱ってくれません。

困ったよ~。

誰かそんなことに詳しい方

助けてください!


国際化も大変だぁ~!

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

New arrival!

20190829_23413945320190829_234058925

前回の旅から加わった

旅のニューアイテム。

折り畳み式の風呂桶と

洗濯バッグ。


桶は旅先では

ちょっとした洗濯物とか

石鹸を泡立てる(私は石鹸タイプで泡立てて泡で洗うシャンプーなのです)のに

あると便利だなぁと思ってた。

これなら軽いし

薄っぺらくて持ち運びも楽。

以外としっかりしていて

ぐにゃぐにゃしたりしないし、

ちょうどいい大きさ。


バッグは

このまま洗濯ネットとして使える

という優れもの。

洗濯かごの代わりに

洗濯物を入れて、

そのまま洗濯機に

放り込めばいいの!

ちゃんとファスナーの端っこや

バッグの持ち手も収納されて、

洗濯機も乾燥機も

問題なし。

柄があって透けないし、

行き帰りにはこれに衣類を入れてしまえるし、

非常におすすめ。

皆さんも次の旅にはぜひ!

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

confirm the schedule!:日程決まりました!

来年の20回目のリサイタル日程

決まりました!

 

10/15(木)夜 杉並公会堂小ホール

10/17(土)夕方 ザ・ヒロサワシティ会館小ホール

 

どうぞよろしく

お願いいたします!

メモっていただけましたか〜???

 

まだ今年の事後処理も終わってないけど

もう来年。

いや、

実はもう再来年の話にまでなってる。

どんどん

続きますねぇ。。。

 

リサイタルに思うことは

山ほど。

いつも

考えて考えて。

それが楽しいんだよね。

なんでも出来るつらさと

なんでも出来る楽しさ。

それは紙一重。

次回もぜひ

お楽しみに!

 

今日はたまたま

ジッとしてなきゃいけない時間があって、

放映されてた映画を

2本観ました。

「ビューティフル・マインド (A Beautiful Mind)」と

「フォレスト・ガンプ (Forrest Gump)」

どっちも良い映画だった。

3回くらい泣いちゃった。

 

どちらにも共通して感銘を受けたのは

『信念』

 

そう。

『信念』

 

人それぞれの

『信念』

 

なんか語ったら安っぽくなっちゃいそうだから

書かない。

心の中でしっかり

噛み締めてる。

 

『信念』

 

私もしっかり持って

生きたい。

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ