« I am not a technical person but... | トップページ | Angel's trumpet »

2021年7月 9日 (金)

Experiences

多くのことを考えた2日間でした。

書き始めたけれど、

全く話がまとまる気がしないので、

簡潔に結論から先に書いておきたいと思います。

大変良い経験をさせていただきました。

若い頃、

仕事に行って「良い経験をさせてもらいました」と

絶対言ってはいけないと

先輩に話を聞いたことがあります。

確かにそうではあります。

ギャラをいただいて勉強(経験)させていただくなんて、

贅沢というか。

頂くもの以上のものを提供しなければいけないというか。

経験がなかったとしても、

「経験がある」という前提のもと

お仕事をするべきということというか。

うまく説明できないけど、

言いたいことは良くわかります。

演奏者の立場として、

良い演奏をするということは、

大概の場合、

過去の経験から、

こうすればうまくいくはずとか、

こうなっていればうまくいくとか、

こうすればこうなるとわかっているとか、

そういう感覚を身につけて、

その経験の中で仕事をしていくから、

うまくいって当たり前というか。

でもそれがそういかない時も

残念ながらある。

例えば、

環境がそうでなかったとか。

演奏をする環境を作ることは

演奏者にとっては本業ではないので、

良い環境になるように努力はするものの、

結果そうならなくても致し方ないけれど、

演奏者としては「良い演奏をする」ことが1番なので、

それが叶わない環境でうまくいかなかった場合、

大きな悔いが残る。

ただ演奏会を企画したり運営したりする立場からすると、

演奏者にもちろん最高の環境で最高のパフォーマンスをしてもらいたいとは思っているけれど、

そうもいかないこともある。

例えば予算とか。

予算がなければやらなきゃ良いと思うかもしれないけれど、

何かを思いついちゃったら、

なんとかしてやりたいと思うのが企画作る人だと思う。

気持ち、よくわかる。

それが自分が今までに経験がなく

初めてやることなら尚更。

そしてやってみたら結構大変だったっていうのも

その時に気がつくっていう。

ホント、よくわかる。

いくら新しいものを作り出すとはいえ、

全く知らないことはできないわけだから、

多少なりとも似たような経験があって、

頭の中にはイメージがあって

それを融合したり変化させたりして

自分の世界として作り出すと思うんだけど、

それが経験の薄いものであればあるほど

当然具体的でなく、

仲間の経験からのアイディアを期待したりして。

結果、

それで自分の経験値よりも良いものができること

たくさんあると思う。

でもお互い経験値は、

目に見えるものではないので、

お互いの意思疎通がうまくいくことはなかなか難しい。

決まったものをやるならわかりやすいけれど、

ないものを作っていくのは本当に難しい。

単純に遠慮しちゃったりもあるし、

言葉にするとうまく伝わらないこともあるし、

それぞれの人間関係にもよるし。

さらに誰かを育てようとか

新しい一面を引き出してあげようとか

そんな気持ちが入ってきたら、

それは当然その相手が経験のないことを求めるわけだから、

求められた方もまず理解できるかわからないし

理解できてもできるかわからないし、

経験がないから心配だし怖いし保証もないし、

「できません!」ってなるのもありだし。

そこで受け入れてトライしてみようと思うか。

自分は経験がないことを経験させてもらえる機会と捉えるか、

保証がないことは仕事として受けられないか。

そしてさらに、

お客様という大きな存在が。

ただ研究発表だけするんだったら

何をやっても良いかもしれないんだけど。

お客様が喜んでくださることも人それぞれ。

どうやったらお客様が喜んでくれると思うか、

それも提供者それぞれの考えがそれぞれの経験からある。

目的は全てお客様のためという共通項も、

方法に対する考え方の違いからブレそうになったりして。

色んな人の違った観点。

自分にない経験を持った人たちから

その様々な経験を分けてもらえた。

私はこの2日間で、

自分一人では経験する機会を得ることがなかった

たくさんの経験をさせてもらいました。

そしてそれらが、

自分の成長の糧になりました。

この歳になってこういう経験は

本当に有り難い。

Img_bf23a24a42ba1

|

« I am not a technical person but... | トップページ | Angel's trumpet »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« I am not a technical person but... | トップページ | Angel's trumpet »