2020年2月 7日 (金)

An album of the week by Naxos Music Library

私のソロアルバム3枚
『雅』『ヴォカリーズ』『ファンタジー』
のストリーミングサービスが始まりましたが、
「Naxos Music Library」(日本版)トップページの
毎週1アルバムをピックアップしているコーナー
「今週の1枚」で、
2/7(金)17時より
「ヴォカリーズ」をご紹介いただくことになりました。
ぜひぜひみなさま
ご覧いただけましたら嬉しいです♪
ナクソス・ミュージック・ライブラリー(日本版)
トップページ https://ml.naxos.jp/
最新のストリーミングは、
ヴォカリーズ [2019 Remaster]/班目加奈 https://ml.naxos.jp/album/KMF-00001
ファンタジー [2019 Remaster]/班目加奈  https://ml.naxos.jp/album/KMF-00002
2019リマスター版ということで、
なんと!
録音当時よりぐっと音質が上がってる!
(私はな〜んにもしていないのに(^^;;)
この機会にリマスターバージョンも
どうぞお楽しみくださいませ!

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

Clarke’s

ClarkeのTechnical studies。

始めの方がppやpで書いてあるホントの意味に気がついたのは数年前。

今日Fifth studyのダイナミクスの意味が

初めてわかったように思う。

今頃かいっ!

って思われるでしょうけれど、

すいません!

今です‼︎

そしていつものパターンですが、

気がついて良かったと思おう!

そう思ってそれ以降のStudyを見てみる。

真面目にやってなかったな。

明日からやってみよっと。

 

こういう苦しい時に、

やっぱり発見がある。

気がつくために苦しんだと思えば、

苦しいことにも

感謝出来よう。

きっとこの苦しみが、

そしてこの発見が、

今の私には

必要だってことだ!

 

でもちょっと気をつけないとね。

何年か前から

唇の荒れに悩まされてるんだけど、

(だからってラッパは普通に吹けるので

言い訳ではありませんよ〜!)

このところ割れ始まった。

舌にも小さな出来物が。

下唇にも、

噛んじゃったとかでなく

中から何かが吹き出たそうにしてる。

右の頸椎に続き、

昨日は少し胸の痛み。

実はしばらく前に

めまいがしてる。

不健康自慢みたいになっちゃったけど、

ちょっときてるなって感じ。

そろそろ人間ドックやらなきゃかなと思ってる。

ホントはバンコクにまた行きたいけど、

今度は国内かな。

おすすめの人間ドック

あったらぜひ教えてください!

 

ストレス。。。

とは思いたくないけど、

否定はできないな。

もうムチャは

やめよう。

自分のことも大事にしてあげよう。

自分に優しい人以外

避けて通っても

許される時もあるよね。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

Realization

こういう時に限って、

部屋を片付けたりしたくなる。

片付けると

心も少し片付く気がするから

不思議。

そして敏感になっているのか、

意外と良いことに気がついたりする。

でも私の気付きはいつも、

何故か急がば回れ的な

すごく細かい

基礎の部分。

以前にも同じような気づきがあった。

でもその時よりは

ちょっと高いレベルの話になっていて、

少し嬉しい。

今回は高音域、

そしてどの楽器でも、

そしてそれが

スタミナにも大きく影響しそう。

簡単に言えば

ノンプレス奏法。

そして

「唇をどれだけフレッシュに保つか」

になってくる。

 

バテないようにするのには

どうしたらいいかとよく聞かれるけど、

ハイパートレーニングをやって

口の周りを鍛える!

みたいな発想にみんななりがちで、

もちろんそれはなくもないけど、

そればかりではやっぱり

ダメなのよね。

いくら筋トレで顔がムキムキになったとしても、

それを傷めてしまうような奏法では

ダメなのよ。

いかにフレッシュに保つか。

きつい仕事の時に限って

なんか時間もなくて、

ガーッと短時間で練習して

みたいな雑な練習になっちゃう上に、

きついモンだから、

唇を傷めちゃう。

それで余計

うまくいかなくなることが

私は良くあるんだよね。

せっかちなのかもしれないけど。

そういう時だからこそ丁寧に

唇にストレスがかからないようにやらなきゃね。

そして以前よりもっと上の音域まで

それを徹底しなきゃいけないってこと、

今日気がついた。

わかってできてるつもりで、

まだ足りてなかった自分に

気がつきました。

これでさらに

音も良くなりそう。

スタミナ、高音域のタンギング、

音の艶がけっこう違う。

これが維持できるといいな。

音程感がちょっと変わってくるから、

そこは気をつけないとね。

しばらくきれいに楽に、

調整してみる。

皆さんには何言ってるのか

分かりにくいかな。

今回はラッパについての独り言。

失礼しました!

 

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

Haydn

久しぶりのハイドン。

9e6576206f8f421ca21397c94347b1b4

カデンツはAndreさんのに

することにした。

今まではWobischさん

(1952年ハイドンの協奏曲を

初めてLPレコード録音した人)

のだったんだけど。

以前は吹けなかったの。

今はいけそうな気がする。

それにWobischさんのより

今の私に合ってる気がする。

 

日々色んなことがありすぎて

おかしくなりそうだけど、

こういう時に

やっととれた時間でラッパを吹くと

そこにとても集中出来る。

やっぱり

「時の芸術」

そして

心も表す。

 

ラッパが好きかと言うと

嫌いじゃないのは確か。

でもやめられない。

やめられたら

とっくにやめてるけど、

何だかやめられない。

何だろね。

ラッパがない生活は

あり得ないんだな。

 

今日も

新しいプロジェクトが始動。

研究業。

面白くなりそうだ。

それも

曲がりなりにも

ラッパを続けてきたから。

今までの経験があるから。

このところ

そんなことも多い。

とにかく続ける。

それが結果となることもあるのが、

また良くわかった。

ハイドンも

何度もトライするうち

また変化していくんだろう。

いつまでも

完璧ってならないから。

とにかく続けてみる。

それが出来るのが

私。

それしかできないとも

言うけどね。

それでいい。

何もないより

それだけでもあれば。

ね。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

Discography

以前にリリースしていた2枚のソロアルバムが

リマスター・バージョンとして

昨日から配信されています♪

 

ヴォカリーズはおくつろぎタイムのおともに、

ファンタジーは元気を出したい時に

学生さんはお勉強に、

ぜひエンドレスで(笑)

お楽しみくださいませ!

ついでに『雅 Miyabi』も♪

 

皆様、

宣伝にもご協力いただけましたら

ありがたいです!

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

 

ヴォカリーズ[2019 Remaster

5b0c2e5c189041f289f38a3a1ffbfd0e

https://naxos.jp/digital/kmf-00001 (ナクソス・ジャパン公式サイト)

https://music.apple.com/jp/album/vocalise/1493801047?app=itunes (iTunes Store)

https://music.apple.com/jp/album/vocalise/1493801047 (Apple Music)

https://open.spotify.com/album/129BPc9qteaaUOyLYzOmaS?si=mzEHHwXFQmGm2Xf4hetBKg (Spotify)

 

班目加奈(トランペット)

本荘玲子(ピアノ)

 

商品番号:KMF-00001

レーベル:Kana Music Factory

発売日:2020/1/17

 

Tr.1  アルビノーニ: トランペット協奏曲 Op.9 No.2 – アダージョ

Tr.2  アルビノーニ: アダージョ

Tr.3  ヘンデル: ラルゴ

Tr.4  バッハ: G線上のアリア

Tr.5  シューマン: トロイメライ

Tr.6  プッチーニ: 私のお父さん

Tr.7  マルチェッロ: トランペット協奏曲 ニ短調アダージョ

Tr.8  マルチェッロ: トランペット協奏曲 ニ短調アレグロ

Tr.9  モーツァルト: 救主への祈り(アヴェ・ヴェルム・コルプス)

Tr.10  マルティーニ: 愛の喜び

Tr.11  ラヴェル: 亡き王女のためのパヴァーヌ

Tr.12  シューベルト: セレナード

Tr.13  シューベルト: アヴェ・マリア

Tr.14  サン=サーンス: 白鳥

Tr.15  ラフマニノフ: ヴォカリーズ

Tr.16  エリック・サティ: ジュ・トゥ・ヴ

 

 

ファンタジー[2019 Remaster

793b14ab44b74b3a9cce4396b6e4626d

https://naxos.jp/digital/kmf-00002  (ナクソス・ジャパン公式サイト)

https://music.apple.com/jp/album/fantaisie/1493990553?app=itunes (iTunes Store)

https://music.apple.com/jp/album/fantaisie/1493990553 (Apple Music)

https://open.spotify.com/album/5vp3NQWUUlGiuRuwP1ZJUS?si=GNdyjF7eRnGDfk6gCXdDqw (Spotify)

 

班目加奈(トランペット)

本荘玲子(ピアノ)

商品番号:KMF-00002

レーベル:Kana Music Factory

配信開始日:2020/1/17

Tr.1  ジャンジャン: カプリチオーゾ

Tr.2  バラ: ファンタジー

Tr.3  ゴーエン: アランティカ

Tr.4  トーメ: ファンタジー

Tr.5  ロパルツ: アンダンテとアレグロ

Tr.6  サン=サーンス: ファンタジー

Tr.7  シャイユー: コンクール用小品

Tr.8  ユー: 独奏曲

Tr.9  ボザ: バディナージュ

Tr.10  シャルリエ: コンクール用独奏曲

 

 

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

Star Trek

4dd42dd692564125bb47086dabf6786d
今日はボス 真理子先生のところで

吹奏楽の夕べ。

プログラムの中に

スタートレックのテーマがあって、

ソリストでいらした佐久間さん。

ステージ袖を通りかかったところ

捕まえてお話を。

茨城県出身とプロフィールにあったので

どちらですか〜?と始まり

なんやかんやと盛り上がってしまいました。

なんと高校の時に入っていた市民吹奏楽団が同じで

ちょうど出る入るだったみたいで。

高校も近く

ローカルな話をひとしきり。

職種が違うので

同じラッパでもお会いすることがなかったようで。

同郷でこんなご活躍のラッパ吹き

嬉しいですねぇ。

 

私は高い音は昔っから苦手〜!

ラッパは高い音ばかりじゃない!

と言ってはみるものの、

やっぱりハイノートへの憧れって

ラッパ吹きなら誰でもあるんじゃないかな。

あんなに高い音が出たら、

楽しいだろ〜な〜と

自分のパート落ちそうになりながら

聴いてました。

「今度教えてくださいっ!」って

すかさず言ってしまったよね(^^;;

ホント、

ぜひ機会を見つけて

勉強させていただきたいわ。

きっと私にないものを

いっぱいもってらしゃるんだろうな。

 

穏やかで優しそうな方。

出会えてお話させていただいて

嬉しかった(*^^*)

新しい出会いに感謝です。

素敵な機会をくださったボスや

ご一緒させていただいた皆さんにも

感謝感謝。

| | コメント (0)

At the Central Conservatory of Music in Beijing

北京にある中央音楽院に

行ってきました。

日本で言うところの

東京芸大のような学校だそうです。

Fb20a4d155284259ab8995be1ea9757b

近代的な建物で

この教学楼の中に

レッスン室やリサイタルホール

教員室があるみたいです。

まずは大学院の修士の卒業演奏を

聴かせてもらいました。

54a216f6d83c4e3e9479637a2d9d16d3

このリサイタルホールで

1時間のプログラムです。

修士の卒業試験で1時間は大変ですね。

ハイドンを入れたプログラムが多いようですが、

きついね。

でも皆さん、

よく吹いていました。

日本ではあまり聴かないようなリリカルな曲も

プログラムに入れていて

ちょっと安心して聴けました。

採点はなかったので

のんびり聴けて、

中国の学生さんの感じが

よくわかりました。

そのあとはマスタークラス。

3ec883ebed274329bdaa934fb9c6f908

戴先生のクラスの生徒さんたち6人。

ピッコロでタルティーニ、

ハイドン、

ブラント、、、

国がかわっても

同じ感じです。

英語だったのでちょっと大変だったけど、

それぞれ色々レッスンさせてもらいました。

戴先生はとっても熱心な先生で

子どものように

生徒たちを教育していらっしゃいました。

すぐにお説教になってしまうけど、

学生もそれに応えようと

一生懸命ついていっているようでした。

161f79afa0184be8aa3428b9fafb20a9

英語でコミュニケーションがとれたので、

良かった。

アメリカでお勉強された戴先生とは

共通の知人も多く、

色々お話させていただきました。

ご縁に感謝。

マスタークラスの後は、

この日が年度最後の学校の日ということで

みんなで火鍋パーティ。

かなり遅くまで

盛り上がりましたね。

これもどこの国も同じ!

途中で戴先生が

「お願いがあるんだけど」って。

何かと思ったら、

私のラッパが吹きたいって!

どうぞどうぞって、

戴先生から始まり

北京のオーケストラで活躍中の

卒業生まで、

私のラッパ試奏&演奏会!

8112e089406846dbaa47afc9eb1ffc56

「いい楽器だね〜」

「これはどこのブランド?」

やっぱりこれもどこでも同じ。

楽器談義でひと盛り上がり。

ラッパ吹きって

酔っぱらうと真面目にラッパの話しだす(๑˃̵ᴗ˂̵)

BSCがこちらでも評判がとても良くて

嬉しかったな。

最後はまた

戴先生のお説教になってたけど、

楽しい有意義な時間でした。

8b20cd4b559549cb8845982850c7675a

戴先生はじめ

関係者の皆様、

どうもありがとうございました。

 

これから中国での活動も

増えそうな予感。

中国語やらやきゃと

思った夜でした。

 

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

At Qingdao

やっと日本で落ち着いたきたので

中国旅行記。

遅ればせながら、

明けましておめでとうございますです。

今年もどうぞ

お付き合いくださいませ。

 

元日は青島で

8時間レッスン。

中国では旧暦のお正月なので、

元旦はちょっとした祝日という感じ。

会場はこちらの音楽教室。

たくさんの先生方がご指導されてる。

知った顔もちらほら。

F126c649924e445580cc2020c2086a0c

こちらでも

恥ずかしいくらいの

熱烈歓迎ぶり。

1716d45273be49b39bb14672fbb56901

かわいい洗面所。

7e54fcdca6ab4feaaa4d638a3bac9108

前日は夜中2時頃ホテル着だったけど

10:00にはレッスン開始!

4人個人レッスンと

15人のクラス4つ!

4ba2b244ccb641cba66a163953059b3b

地元の先生方ともお会いできて

有意義な時間。

子供たちはかわいい!

(どこでもいつでも大変だけどね(^^;)

中国では期末試験前だったみたいだけど、

たくさんレッスンを受けに来てくれました。

通訳の王さん。

A35f0d31a33d45e6bb0f51685c3d9225

この後夜中1:00くらいまで

意気投合して

一緒におトイレに通う仲に。

大変助かりました!

ありがとう♪

 

夜はもちろん

5922a3a15886417fa7d2e8cb717cb159

ご尽力いただいた

先生方や生徒。

もう3年のお付き合いになります。

青島だもの

もちろんビール!

飲み過ぎた!

何でも美味しかったけど、

ニンニクの酢の物みたいなの。

気に入った!

84398586e6f947589fe4b503a1407a2d

そしてデザート。

上が大根で

下がメロン。

どっちもデザート。

中国面白い!

 

青島の皆さん、

どうもありがとう♪

 

続く。

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

A lovely concert

あるところにお呼ばれしてのコンサート。

なんと素敵なネーミング♡

5be816b9320b41bb9f57858acbda0484

スタッフの方が

私のプロフィールを読んで

考えてくださったんだって。

なんか

すんごく嬉しい!

私のコンセプトに

ぴったり!

私のコンサートには

いつもこれを付けたい!

嬉しいなぁ。

大感動。

 

美味しいランチをいただいたあとのコンサート。

会場を埋め尽くす

たくさんのお客様と

とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

毎日こんな仕事がしたい!

 

グランドピアノを

わっしょいわっしょい動かしてくださったり、

細かいところまでお気遣いいただいて、

若いスタッフさんがたくさんだったけど

とっても気持ち良く演奏させていただきました。

最近ちょっと

人に疲れてしまうようなことが多かったけど、

今日はすごく

心が綺麗になった感じ。

やっぱり人です。

スタッフの皆様、

どうもありがとうございました♪

 

共演は元弟子のSくんと、

そして久しぶりの再会だった

高校の同級生のピアニストUさん。

Ad051915409f4af3861ca2cd9a7cc88c

Uさんとは今日1日一緒。

車移動も楽しく

美味しいものもいただいて、

たくさんサポートしてもらいました。

自然体でいられて、

すごくありがたかった。

おかげさまでもちこたえられたよ。

 

この数日、

時間的にも

体力的にも

精神的にも

実はキツいスケジュールが続いてました。

まだ続くけど、

山は越えたかな。

 

今日はいいお天気。

母の実家に近い会場、

山の上で海が見えて、

海と山がないと方角がわからない

方向音痴の母を思い出して、

穏やかな気持ちになりました。

今日は母が仕組んでくれた

心の洗濯日だったな。

888c3d7c752b4830bc2e16067ad9b41b

ありがとう(^^)

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

about practice

私は基本的に音楽の才能がないので、

人よりもものすごく練習する人だと思う。

幸いなことに、

練習するとか

めげないとか

続けるとか、

そう言った才能はあるのかもだけど。

練習は好き。

まあ正直

めんどくさい時はあるけど。

楽譜を読む能力も

なくはないかもだけど、

人より遅いのは確か。

だから私は、

曲を決めたら、

楽譜が届いたら、

とにかく練習。

 

私の練習の仕方は、

ちょっと特殊かもしれないけど、

本番の近い順に

とにかく全部通す。

で次の本番のものは

全部さらった後に

もう一回通して、

1日に2回通せるようにする。

何個かの本番があるので、

そりゃとにかく

時間がかかる。

でもとにかく

毎日通す。

夜中の1時2時まで吹いていることも

珍しくない。

それでも

練習時間は

いつも足りないと思ってる。

いつも体力の限界だし。

でも不器用だから

仕方ない。

才能ないんだから。

 

楽譜を読むことに夢中になると

音楽することに対するエネルギーが

少なくなってしまうと思うの。

だから

さらうより

慣れろなのかも。

最大限長い期間

練習してるってだけは自信はある。

そして慣れてるって安心感もある。

 

生徒や他人に同じことを強要するつもりは

全くないけど、

絶対言えることは、

 

『練習は裏切らない』

 

やっぱり

練習は大事。

それは絶対。

 

自分は出来ないと思うなら、

とにかく練習。

最大限

練習。

それだけです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧