2021年12月20日 (月)

Midwest Clinic

以前から一度参加してみたかった

ミッドウエスト・クリニックに行って来ました。

75周年ですって。

Bae6dc070ba04100aa52f5ce36e239d9

クリニックのことは私より良くご存知の方が多いと思いますので

多くは言及せず私の個人的な部分を。

前半は自分のリハと本番があったので後半の数日

楽しんできました。

 

予想はしていたExhibits。

やっぱりワクワクしかないね!

54ef4de3bf0747f2bc1298cacb47dbd4

たくさんのブースで、

お目当てのところは地図でチェックしないと見つかりません。

E0cb5f680ba8460a8179963487174974

 

せっかくシカゴなので、

やっぱりシルキー。

本当は工場見学に行きたかったけど、

こちらにブースがあるので本店はお休みだそうで。

色々お話いただいたスタッフさんにご挨拶と

色々状況をお話。

89403ffa299d4909a659c9aabba9d3cd

 

楽譜のコーナーはね、

キリがないのは分かっていますが

どうしても大人買いになってしまう。

カードを持っていくべきじゃないですね(笑)

かなりセーブしましたが、

今回もやってしまいました。

飛行機、重量オーバー追加料金にならないことを祈る!

Ed642b969e6d41cb8458290a97919a69

 

楽譜の他にも実は大きな買い物をしてしまった(^^;

でもそれは研究費!

とても良い発見&買い物になったと思います。

内容は今は秘密です。

最先端を直接見て触れる感じですね。

新しいものを取り入れることは

大きな成長に繋がります。

良い刺激をたくさん受けました。

 

人と会うのも楽しみ。

バンコクのマヒドン大学のJoeさん。

アジアで積極的に活動されている方で

とてもお世話になっています。

今後の話もさせてもらって、

良い交流が持てました。

79e5ec57e99f44cb9d95cb2d9108f8e8

 

以前からお友達のKenny。

バテた唇が復活するlip renew、lip repairなどの

Robinson's Remediesのプレジデント。

新製品もあるからと言っていたのはskin repair。

除菌効果もあるので今の時期に良いかも。

香りもいいし。

石鹸と入浴剤までありましたよ。

日本の愛用者の皆さんにもたくさん購入。

次は5月にビールと共に会う約束を(笑)

E0124cf39b964a86bfe68a5f7a71ed56

 

アメリカでイギリスの友人とも再会。

テナーホーンのOwen。

バトルクリークのブラスバンドでハイドンのソロを吹いていました。

相変わらずの安定のテクニック。

7e49a8ee49a846de8d42f3b96138d47e

 

聴くのを楽しみにしていたバトルクリークのブラスバンド。

ジャズのプログラムが多くて、

コルネットセクションも全員ラッパに持ち替えてたのも数曲。

多才なメンバーのアドリブ、

特にソプラノを吹いていたJens Lindemannは素晴らしかった。

プリンシパル・コルネットもトランペットに持ち替えて

アドリブに歌に。

エレキギターとベースも入って会場は盛り上がりました。

Bcc2d0eaaedd4076b946b26e9d894603

でももっとブラスバンドの曲が聴きたかったかな。。。

 

最後にバックステージで仲良しOwenとの一枚。

Img_3030

色々規制があって大変ではあったけど、

久しぶりの再会と

久しぶりのイベントの感じ、

嬉しく楽しかったです。

2e2c552831a74ae39e22ded649d633e7_1_201_a

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

Athena Brass Band in Midwest Clinic

以前から一度来てみたかったMidwest Clinic。

基本的には毎年開催されていますが

この季節、なかなか時間取れず

来ることができませんでした。

今回、Athena Brass Bandが出演するということで、

メンバーとしてならと

こんな時期ですが強行突破気味にやってきました。

Ee9da7af0978418f8fbea4c414c5bf68

本当は昨年の予定でしたが今年に持ち越しに。

今回75回目だそうです。

 

我がAthena Brass Bandは17日木曜日の夕方。

A5f2d128ca14473ca763c02ac30959b4

今回新調のバナーと共に。

C7557a87013445fda4ec25ea17d6be73

プログラムは以下です。

1748fada8307497b975f297021e40813

開演前から長い行列が出来て、

日本では最近見かけなくなった立ち見で会場いっぱいのお客様。

 

プリンシパルのAmyの赤い薔薇はとっても美しく、

彼女の柔らかい音は

いつ聴いても惚れ惚れします。

実は同い年で、

お茶目な人柄がとっても魅力的です。

いつも共演するのが楽しみな一人。

9d58345cf6e14884b62241262b820d96

ユーフォのデュエットはパワフル!

若さ溢れるアメージング!な演奏で

スタンディングオベーション。

もちろん新曲もありで、

1曲はメンバーのもの。

多くのメンバーが飛行機で集まって、

ギュッと濃縮した時間です。

 

ゲストコンダクターのMallory Thompson。

2f7c9067b7db4810860454f477530bb7

気さくでチャーミングで、

とっても魅力的。

繊細な指先から繊細な音楽が溢れていました。

本番では驚くほどのエネルギーを感じました。

こんな華奢な方からすごいパワー。

またお会いしたい!

 

今回のコルネットセクション。

13d15fb0a58c4ff9b9a344a4ce3c7a6b

バンド全体の写真がなかったからリハの時のもの。

49088827f0a0496bac923444f17849b9

コンダクターのJessicaをはじめとして、

今回もみんなに助けてもらいながら

楽しい充実した時を過ごせました。

48c0c1da81b944699578a68d71cc1a35

演奏会の最後もスタンディングオベーション。

その辺を歩いていても打ち上がっていても、

たくさんのお客様がお声をかけて下さって、

評判の良さを直に感じました。

ちょっと無理無理だったけど、

がんばって来て良かった!

大成功!

 

少しは私の英語もマシになって

みんなとコミュニケーションをとることができたので、

やっとメンバーとして居場所ができたような気がしています。

やっぱりもっと話したいので、

また英語もがんばります。

 

バンドの詳細は以下のQRコードから。

B0ea381c36d84915bffdd55506c1ec81

Thank you all!

| | コメント (0)

2021年12月17日 (金)

Chicago life 2

今回の旅は、

International Women's Brass Conferenceがきっかけでできた

女性の金管バンド、

Athena Brass Bandでの

Midwest Band Clinicに出演するためです。

Image03

長年お付き合いのあるメンバーです。

アメリカの人が多いですが、

インターナショナルのバンドです。

Image3_20211217060601

私はTutti solo。

リハはサクサクと進み、

2日間ですがそれぞれ食事休憩を挟み

4日分くらいの量です。

さすがに疲れましたが、

あっという間に

バンドのサウンドができてきました。

バンド毎のサウンドがやっぱりあるよね。

プリンシパルのAmy Nelsonのサウンドは

相変わらずとても素晴らしく、

聴き惚れます。

Image12

今回1曲だけ、

ゲストコンダクターにMallory Thompsonを迎えています。

彼女の指揮もとても繊細で表情豊か、

印象的です。

一瞬で引き込まれました。

本番が楽しみ。

 

たまたまChicago Symphonyのブラスセクションの演奏会があり、

聴きに行ってきました。

素敵なホールに満員のお客様です。

Image04

こちらもとても素晴らしかった。

プログラム。

Image22

音がとても魅力的です。

繊細さもありながらパワーもあり、

何回も立って拍手をしました。

トランペットは若いメンバーが増えましたね。

惑星はさすがオケの人たちという感じですし、

ムーアサイドの興味深く聴かせてもらいました。

Image13

充実の旅行です。

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

I got the certification of the Life Stage Mental Counselor

D3665a1cef674c07a3a5a1ce4435552f 

またしばらくぶりの更新になってしまいました。

おかげさまでリサイタルも無事終わり、

今は報告書やら来年の準備やらに

追いまくられています。

 

ですがそればかりでなく、

ちょっとした変化もありました。

なんと!

ライフステージメンタルカウンセラーという

心理カウンセラーの資格を頂戴しました。

私が心理カウンセラーなんて。。。

自分が一番驚いています。

尊敬する素敵な歌い手さんのYさんにお声をかけていただいて、

夏に皆さんと勉強させていただきました。

音楽教室に通うようにカウンセリングも気楽に受けられるように。

そんなコンセプトに賛同し、

悩める方々を私が少しでもお助けできるのならば、

それも素晴らしいことと思いました。

それも、

音楽をやってきたからこそ得られる資格。

演奏したりレッスンしたり、

そればかりでなく、

それらを通して皆さんの心を元気にできる。

こんなに嬉しいことはありません。

 

色々大変なことも多いけれど、

こんなコロナ禍だからできたことです。

機会に恵まれたこと

感謝したいと思います。

とりあえずご報告でした。

 

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

my 21st recitals

なんだかんだと夏からバタバタ駆け抜けてきましたが、

2回目のワクチン接種副反応で予定通り熱を出し、

お休みをいただいています。

薬を飲んでいないと全く動けない状態ですが、

薬が効いていればちょっと何かはできます。

ということでベッドの上で久しぶりのブログ書き(^_^;)

そして今は・・・

3507a11004fe4c70b2cf8a6208a5f735

ということで、リサイタル前でバタバタしています。

先日も水戸に打ち合わせに行ってきましたが、

色々な考え方はあると思いますが、

私はリサイタルを開催することに決めました。

もちろん対策は必要ですし、

いつも通りにはいきませんが。

私はそんなに才能のあるラッパ吹きではないし、

リサイタルをやることでどれだけ社会に役に立っているかなんてわからないけれど、

私がやることの意味があるとすれば、

「続けること」

だと思うからです。

細々でも、

研究とか文化振興とか地域の文化交流とか、

何かすぐに結果が出るものじゃないけれど、

続けていることが大事なんじゃないかなぁって。

というか、

それしかできることがないというのがないというのが正直なところかもだけど。

今回も仲間と応援してくれる人たちと

文化庁の助けもあって、

こうやってできるんだから、

やらなきゃと。

78eae3a931234f9da957e327123288ca

それが私に与えられた任務。

もうすでに

メンバーにはリハのたびに抗原検査をお願いしています。

E69f5cca586a4e339773991eef12a9d3

とにかくやります!

やるって決めました!

ですので、ぜひ、

水戸でも東京でも、沖縄でも!

ご来場ください。

東京公演は席数が少ないため

お早めにお申し込みください。

また配信もありますので、

そちらもぜひお楽しみくださいませ。

こちらの私のホームページより

チケット、配信チケットお求めいただけます。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

Experiences

多くのことを考えた2日間でした。

書き始めたけれど、

全く話がまとまる気がしないので、

簡潔に結論から先に書いておきたいと思います。

大変良い経験をさせていただきました。

若い頃、

仕事に行って「良い経験をさせてもらいました」と

絶対言ってはいけないと

先輩に話を聞いたことがあります。

確かにそうではあります。

ギャラをいただいて勉強(経験)させていただくなんて、

贅沢というか。

頂くもの以上のものを提供しなければいけないというか。

経験がなかったとしても、

「経験がある」という前提のもと

お仕事をするべきということというか。

うまく説明できないけど、

言いたいことは良くわかります。

演奏者の立場として、

良い演奏をするということは、

大概の場合、

過去の経験から、

こうすればうまくいくはずとか、

こうなっていればうまくいくとか、

こうすればこうなるとわかっているとか、

そういう感覚を身につけて、

その経験の中で仕事をしていくから、

うまくいって当たり前というか。

でもそれがそういかない時も

残念ながらある。

例えば、

環境がそうでなかったとか。

演奏をする環境を作ることは

演奏者にとっては本業ではないので、

良い環境になるように努力はするものの、

結果そうならなくても致し方ないけれど、

演奏者としては「良い演奏をする」ことが1番なので、

それが叶わない環境でうまくいかなかった場合、

大きな悔いが残る。

ただ演奏会を企画したり運営したりする立場からすると、

演奏者にもちろん最高の環境で最高のパフォーマンスをしてもらいたいとは思っているけれど、

そうもいかないこともある。

例えば予算とか。

予算がなければやらなきゃ良いと思うかもしれないけれど、

何かを思いついちゃったら、

なんとかしてやりたいと思うのが企画作る人だと思う。

気持ち、よくわかる。

それが自分が今までに経験がなく

初めてやることなら尚更。

そしてやってみたら結構大変だったっていうのも

その時に気がつくっていう。

ホント、よくわかる。

いくら新しいものを作り出すとはいえ、

全く知らないことはできないわけだから、

多少なりとも似たような経験があって、

頭の中にはイメージがあって

それを融合したり変化させたりして

自分の世界として作り出すと思うんだけど、

それが経験の薄いものであればあるほど

当然具体的でなく、

仲間の経験からのアイディアを期待したりして。

結果、

それで自分の経験値よりも良いものができること

たくさんあると思う。

でもお互い経験値は、

目に見えるものではないので、

お互いの意思疎通がうまくいくことはなかなか難しい。

決まったものをやるならわかりやすいけれど、

ないものを作っていくのは本当に難しい。

単純に遠慮しちゃったりもあるし、

言葉にするとうまく伝わらないこともあるし、

それぞれの人間関係にもよるし。

さらに誰かを育てようとか

新しい一面を引き出してあげようとか

そんな気持ちが入ってきたら、

それは当然その相手が経験のないことを求めるわけだから、

求められた方もまず理解できるかわからないし

理解できてもできるかわからないし、

経験がないから心配だし怖いし保証もないし、

「できません!」ってなるのもありだし。

そこで受け入れてトライしてみようと思うか。

自分は経験がないことを経験させてもらえる機会と捉えるか、

保証がないことは仕事として受けられないか。

そしてさらに、

お客様という大きな存在が。

ただ研究発表だけするんだったら

何をやっても良いかもしれないんだけど。

お客様が喜んでくださることも人それぞれ。

どうやったらお客様が喜んでくれると思うか、

それも提供者それぞれの考えがそれぞれの経験からある。

目的は全てお客様のためという共通項も、

方法に対する考え方の違いからブレそうになったりして。

色んな人の違った観点。

自分にない経験を持った人たちから

その様々な経験を分けてもらえた。

私はこの2日間で、

自分一人では経験する機会を得ることがなかった

たくさんの経験をさせてもらいました。

そしてそれらが、

自分の成長の糧になりました。

この歳になってこういう経験は

本当に有り難い。

Img_bf23a24a42ba1

| | コメント (0)

2021年7月 5日 (月)

Next concert

7月のスケジュールはかなり目一杯。

まだ元に戻ったとは思えないけど、

このいっぱいいっぱいで予定をやりくりする感じ、

久しぶりに戻ってきた感じがします。

しばらくのんびりしていたので、

身体がついてこないような(^_^;)

そして練習も後から追いかけてる感じで、

夜中までやってますが、

間に合うかな・・・。

と言いながら宣伝してみたりして。

3b2568377def4869a4829cfc00a7727e

今度の水木の2回公演です。

”クラシックの名曲をリビルディング”ってなんだろ?

と私も思いつつ、

リハが始まってみれば、

長年お付き合いのあるアートコーディネーターI氏の世界バリバリ。

クラシックなのに爆発音が入ってみんなで大ウケしたり、

ジャズのプレーヤーさんも演歌歌手さんも

ダンサーさんも一緒。

オペラ歌手さんも美空ひばりさんを歌えば、

赤かったリンゴも青くなったり、

私も尺八のおじさんのようにコブシをきかせてと

なんと斎太郎節を。

訳がわからないようでわかってる不思議な世界です。

お時間あります方、

ぜひご来場ください♪

とは言え、客席はやっぱり半分だそうです。

この演奏会とは関係ありませんが、

今日も検査キットを送りました。

Img_1518

あと何回検査するんだろ・・・。

戻ってきたようで戻ってないけど、

頑張れる場所があるのがありがたいですね。

今日も感謝です。

| | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

photo shoot

今日はリサイタル用の写真撮影。

10年以上!

お付き合いいただいているスタッフさんに囲まれて、

相変わらずのコントを聞きながらの

楽しいけど絶対的に安心の撮影。

Dc4cac2142f348f897acef0be5e585e6

わがままを聞いてもらって、

たくさん撮ってもらいました。

都内某所、

爽やかなスタジオです。

Ea192283884b46beae998d6735fa699c

今回のリサイタルのゲストは・・・

おもしろ路線から爽やか路線に変更(笑?)

の、

Fブラスさん。

B047b2a0da6e4ac98c7373310f8edbb2

撮影終了後のカメラマンKさんの一言、、、

「おもしろいのがいっぱい撮れましたね!」

ん???

『おもしろい』の?????

一応、今度のリサイタルも、

真面目な演奏会の予定ですが(笑)

Fブラスさんとだと、

やっぱりおもしろ路線?!(^.^)

リサイタルは10月ですが、

今日の撮影後はすでに2回目のリハ。

みんな真面目に頑張ってます。

皆さん、お楽しみに!

Img_f325f8a6b53c1

今日も皆さん、

ありがとうございました!

| | コメント (2)

2020年10月21日 (水)

Report about my 20th recitals

20201015_201020_10_20201021001301

『雨降って地固まる』

この言葉が今回のリサイタルを終えた私の心境に一番適してるように感じます。

 

雨はただの雨ではなくてゲリラ豪雨が何日も降り続いたくらいの雨。

10月入ってからの記憶がほとんどないかも。

土曜に水戸公演を終えて今日が火曜日、

やっと現実に戻ってきたように感じています。

20201017_201020_18_20201021001601

いつもでもバタバタするのに、今回は初めてのことばかり。

20201015_113219788_20201021001701

検温もチケット作らなかったのも

来場者情報集めたり宣伝出来るだけ控えて

準備するのも消毒液に手袋、フェイスシールド、マスク・・・。

2020年の記念すべき20回目なのに何で?と思ことも正直ありました。

でも今は20回目だったからこうだったのかもと少し思っています。

政府からの支援があったからやりたいことが思いっきりできた。

返事がなかなか来なくてヤキモキしたし、申請もわかりにくくて大変で、これからも大変そうだけど。

20201015_201020_2_20201021000201

結局お客様をお呼びして開催することができたし、

こんな中でも出来たこと、

ありがたいの一言に尽きます。

 

ずいぶん前からお付き合いのあるヘアメイクさん。

Received_378312249969851

何にも考えなくてもうとうと寝ていてもいつの間にか綺麗にしてくださるだけでなく、

いてくれるだけで安心。

何でも何とかしてくださる。

20201015_201020_13_20201021000301

綺麗で自分でもびっくり。

富士山を背負った背中も

20201017_201020_17_20201021000401

いいでしょ。

 

今回は撮影があって配信もあります。

20201015_201020_19_20201021000301

やりたいことを叶えるのに素晴らしい方々をご紹介いただいたり

全然映像だの配信だのわからない私にも丁寧に対応してくださいました。

動画には演奏以外にも色々追加されるみたい。

楽しみです。

 

そして舞台美術さん、照明さん、大道具さんにも助けていただいて、

今までにないことが出来たのです。

35021_20201021000201

打ち合わせにもお付き合いいただいたり、

私のいないところでもたくさんお打ち合わせや準備いただき、

素敵なステージにしていただきました。

お願いすることになって慌ててホールを朝から借り直したりして、

これまたわからないことばっかりだったけど、

私の希望を叶えてくださいました。

別日にリハをすれば良かったなという反省はあるけど、

まぁ仕方ない。

当日だけでこれだけやってもらって流石でした。

 

そして共演者。

実は今回のことで初めましてだった。

ダンサーさんなんて、

出会って11日目には仕上げて本番一緒にやってたんだから!!!

でも全然会ったばっかりなんてもうどう考えても思えないくらい、

もう何十年も一緒にやってるみたいな、

お互い好き勝手なことやってるのにいつも一緒に笑ってて、

歳も違うのに何でも言いたい放題で愚痴って涙を流したり、

そんな中にも気遣いがあって、

リハしてても同じような感覚で呼吸が出来て、

私は色んなことですごくキツい本番だったけど、

表現する喜びというか作る楽しさというか

本当に一緒に感じられる本番だった。

本番以外の時間も一緒に車乗ってても楽屋にいても

何の苦にもならない仲間。

紆余曲折あって出会った仲間だけど、

最高だったと思う。

そして過去形じゃなく、

これからも続くと思う。

20201017_201020_9_20201021000401

出会えて良かった。

本当にたくさん色々なことがあったけど、

これで帳消しになっただけじゃなく余りあるくらい

この人たちとの出会いは

私にとって価値のあるものでした。

自分がおかしいんじゃないか間違ってるんじゃないかって

自身が信じられなくなるくらい本当にキツくてつらい日々だったけど、

それがあったからこの人たちと出会えたと思えば、

もうそんなことどうでもいい。

 

20回目でやっと成人式。

これからが本当に楽しみ。

ここからまた新しい世界が始まるような予感がしています。

応援してくださった

支えてくださった

一緒にいてくださった皆様、

本当にありがとうございました。

たくさんの反省点もありますが、

もっともっと努力してどんどん進化していきたいと思います。

これまでの20年に懲りず、

どうぞまたよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

20th recital

Received_629093614433033

Received_366084448080998

記念すべき20回目にしてこんなことが起こるの〜と言うくらい

今回のリサイタルでは色々なことがありました。

今までも雪が降ったりチラシが出来てきたら日にちだか曜日だかが違ってたり衣装を忘れてきたりカメラを忘れたり、

そんなことはたくさんたくさんあったけど、

ここまでのことはなかった!

ここまでこぎつけるのに本当に大変でした。

このブログでご案内できるような気分にもならなかったんです、正直。

皆さんもご存知の通りのこのご時世。

2020年に20回目というのをずらすという選択は私にはなかったので、

無観客でも開催はしようと思っていました。

でも結論として、

最低限での開催というよりも、

with コロナともいうのかもしれないけれど、

新しいことを取り入れて作り出すという発展形にして皆様にお披露目できそうです。

動画配信を取り入れて、

ただのステージを撮ったのものではなく、

動画として見た目も楽しめるものを作ろうと、

舞台美術さん、照明さん、道具さんにもご協力いただくことになりました。

ちょっとしたきっかけから、

ありがたいたくさんのご縁に恵まれました。

そして、新しく出会った素晴らしい仲間。

同じ感覚で色々言い合いながら楽しくリハをさせてもらってますが、

実は今回ご一緒するのは初めての方々。

まだ出会って2,3ヶ月、

ダンサーさんはなんと!初めてお会いしてから今日でやっと1週間!!!

それなのになんだかなんでも分かってもらえて、

すごく支えてもらっています。

一緒に作っている実感が、

すごく楽しい!嬉しい!

本当に大変だった、ここに来るまで。

人様にお見せするものなんかできないんじゃないかって

何度思ったことか。

疲れ切った日々でした。

でもやっと、

良いものができると思えるようになりました。

昨晩くらいから。

「終わったら泣いちゃうかも」ってお一方が言ってたけど、

本当に泣いちゃうかも。

嬉し泣きになるようにあと数日、

ニンニク食べて

頑張ります。

当日券もご用意できそうです。

ぜひ皆様ご来場くださいませ。

いらっしゃれない方は11/1からの配信をお楽しみに♪

20201011_213105249

本当にありがとうございます!!!!!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧