2020年10月21日 (水)

Report about my 20th recitals

20201015_201020_10_20201021001301

『雨降って地固まる』

この言葉が今回のリサイタルを終えた私の心境に一番適してるように感じます。

 

雨はただの雨ではなくてゲリラ豪雨が何日も降り続いたくらいの雨。

10月入ってからの記憶がほとんどないかも。

土曜に水戸公演を終えて今日が火曜日、

やっと現実に戻ってきたように感じています。

20201017_201020_18_20201021001601

いつもでもバタバタするのに、今回は初めてのことばかり。

20201015_113219788_20201021001701

検温もチケット作らなかったのも

来場者情報集めたり宣伝出来るだけ控えて

準備するのも消毒液に手袋、フェイスシールド、マスク・・・。

2020年の記念すべき20回目なのに何で?と思ことも正直ありました。

でも今は20回目だったからこうだったのかもと少し思っています。

政府からの支援があったからやりたいことが思いっきりできた。

返事がなかなか来なくてヤキモキしたし、申請もわかりにくくて大変で、これからも大変そうだけど。

20201015_201020_2_20201021000201

結局お客様をお呼びして開催することができたし、

こんな中でも出来たこと、

ありがたいの一言に尽きます。

 

ずいぶん前からお付き合いのあるヘアメイクさん。

Received_378312249969851

何にも考えなくてもうとうと寝ていてもいつの間にか綺麗にしてくださるだけでなく、

いてくれるだけで安心。

何でも何とかしてくださる。

20201015_201020_13_20201021000301

綺麗で自分でもびっくり。

富士山を背負った背中も

20201017_201020_17_20201021000401

いいでしょ。

 

今回は撮影があって配信もあります。

20201015_201020_19_20201021000301

やりたいことを叶えるのに素晴らしい方々をご紹介いただいたり

全然映像だの配信だのわからない私にも丁寧に対応してくださいました。

動画には演奏以外にも色々追加されるみたい。

楽しみです。

 

そして舞台美術さん、照明さん、大道具さんにも助けていただいて、

今までにないことが出来たのです。

35021_20201021000201

打ち合わせにもお付き合いいただいたり、

私のいないところでもたくさんお打ち合わせや準備いただき、

素敵なステージにしていただきました。

お願いすることになって慌ててホールを朝から借り直したりして、

これまたわからないことばっかりだったけど、

私の希望を叶えてくださいました。

別日にリハをすれば良かったなという反省はあるけど、

まぁ仕方ない。

当日だけでこれだけやってもらって流石でした。

 

そして共演者。

実は今回のことで初めましてだった。

ダンサーさんなんて、

出会って11日目には仕上げて本番一緒にやってたんだから!!!

でも全然会ったばっかりなんてもうどう考えても思えないくらい、

もう何十年も一緒にやってるみたいな、

お互い好き勝手なことやってるのにいつも一緒に笑ってて、

歳も違うのに何でも言いたい放題で愚痴って涙を流したり、

そんな中にも気遣いがあって、

リハしてても同じような感覚で呼吸が出来て、

私は色んなことですごくキツい本番だったけど、

表現する喜びというか作る楽しさというか

本当に一緒に感じられる本番だった。

本番以外の時間も一緒に車乗ってても楽屋にいても

何の苦にもならない仲間。

紆余曲折あって出会った仲間だけど、

最高だったと思う。

そして過去形じゃなく、

これからも続くと思う。

20201017_201020_9_20201021000401

出会えて良かった。

本当にたくさん色々なことがあったけど、

これで帳消しになっただけじゃなく余りあるくらい

この人たちとの出会いは

私にとって価値のあるものでした。

自分がおかしいんじゃないか間違ってるんじゃないかって

自身が信じられなくなるくらい本当にキツくてつらい日々だったけど、

それがあったからこの人たちと出会えたと思えば、

もうそんなことどうでもいい。

 

20回目でやっと成人式。

これからが本当に楽しみ。

ここからまた新しい世界が始まるような予感がしています。

応援してくださった

支えてくださった

一緒にいてくださった皆様、

本当にありがとうございました。

たくさんの反省点もありますが、

もっともっと努力してどんどん進化していきたいと思います。

これまでの20年に懲りず、

どうぞまたよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

20th recital

Received_629093614433033

Received_366084448080998

記念すべき20回目にしてこんなことが起こるの〜と言うくらい

今回のリサイタルでは色々なことがありました。

今までも雪が降ったりチラシが出来てきたら日にちだか曜日だかが違ってたり衣装を忘れてきたりカメラを忘れたり、

そんなことはたくさんたくさんあったけど、

ここまでのことはなかった!

ここまでこぎつけるのに本当に大変でした。

このブログでご案内できるような気分にもならなかったんです、正直。

皆さんもご存知の通りのこのご時世。

2020年に20回目というのをずらすという選択は私にはなかったので、

無観客でも開催はしようと思っていました。

でも結論として、

最低限での開催というよりも、

with コロナともいうのかもしれないけれど、

新しいことを取り入れて作り出すという発展形にして皆様にお披露目できそうです。

動画配信を取り入れて、

ただのステージを撮ったのものではなく、

動画として見た目も楽しめるものを作ろうと、

舞台美術さん、照明さん、道具さんにもご協力いただくことになりました。

ちょっとしたきっかけから、

ありがたいたくさんのご縁に恵まれました。

そして、新しく出会った素晴らしい仲間。

同じ感覚で色々言い合いながら楽しくリハをさせてもらってますが、

実は今回ご一緒するのは初めての方々。

まだ出会って2,3ヶ月、

ダンサーさんはなんと!初めてお会いしてから今日でやっと1週間!!!

それなのになんだかなんでも分かってもらえて、

すごく支えてもらっています。

一緒に作っている実感が、

すごく楽しい!嬉しい!

本当に大変だった、ここに来るまで。

人様にお見せするものなんかできないんじゃないかって

何度思ったことか。

疲れ切った日々でした。

でもやっと、

良いものができると思えるようになりました。

昨晩くらいから。

「終わったら泣いちゃうかも」ってお一方が言ってたけど、

本当に泣いちゃうかも。

嬉し泣きになるようにあと数日、

ニンニク食べて

頑張ります。

当日券もご用意できそうです。

ぜひ皆様ご来場くださいませ。

いらっしゃれない方は11/1からの配信をお楽しみに♪

20201011_213105249

本当にありがとうございます!!!!!!

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

About my recital

久しぶりにアロマを焚いて落ち着いた時間を送っているように思います。

しばらく、

本当に長い間、

心がざわついていました。

 

年に1回、毎年続けてきたリサイタル、

今年で20回目になります。

皆さんご存知のとおり、こんな状況ですが、

何とか開催することにしました。

10月15日(木)19:00開演 杉並公会堂小ホール

10月17日(土)18:00開演 ザ・ヒロサワシティ会館小ホール

です。

一般の方へのチケットは10月1日から、

私のホームページにて前売り券のご予約を承ります。

東京公演はかなり少なくなる予想ですので、

お早めのご連絡をお待ちしております。

東京公演は録画させていただき、

11月1日よりオンラインにて配信させていただきます。

ご都合が合わない方、遠方の方もご覧いただけます。

 

今年は20周年ということもあり、

前々から考えていましたダンサーさんをゲストにお迎えしてお送りする予定です。

だいたいは決まっていたのですが、

今日全曲確定しました。

私にとってのリサイタルは、

『研究発表』です。

これでスキルアップをし、

これで経験して、

今の私があると言っても過言ではありません。

ある意味自己中心的かもしれませんが、

それでもアイディアの湧くうちは、

自分のやりたいことを貫きたいと思っています。

お付き合いくださっている皆様、

本当に感謝いたします。

私はそんなに技術もないし、

プレイヤーとして上手なわけでもありません。

そんな私が演奏会をなぜリサイタルを続けるのか。

もちろん良い演奏を皆様にお聴かせする努力は最大限行っていますが、

新しいレパートリーの開拓や音楽の可能性を追求、

いろんな意味で研究していく役割が一番重要だと考えています。

もちろん私のやっていること全てが後世に残るわけでもないのですが、

簡単に言えばまず何かをやっていく人ということです。

説明が難しいけれど、

有名なコンチェルトやソナタは素晴らしい演奏家さんたちの演奏を聴かれた方が、

ずっと良いでしょう。

私は『開拓』『研究』するのが係だと思っています。

今回もある1曲を決めるのに、

何曲も楽譜を見て聴いて探して、

たくさん勉強させてもらいました。

私はいつもチャレンジャー。

いつも一生懸命、必死。

それで良いのです。

それが役目。

それが私。

それが20回目を前にして、

再確認したこと。

ざわついている場合じゃなかった。

もっと自分をしっかり持って、

ちゃんと勉強しないと。

とにかく最大限の努力をすること。

何事にも。

妥協はしない。

雪が降ってもプライベートに何があっても続けてきた。

それが私のリサイタル。

今回も頑張ります。

詳細は近々お知らせできると思います。

どうぞ皆様、

またよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2020年5月28日 (木)

DIY

日曜大工的なことをする人ではないのですが、

前々から思っていた

演奏会受付用ケースを作ってみました。

24990

とは言ってもそんな大したこともなく

使っていない楽器ケースの中身を

24989

ベリベリ剥がして

物を入れられるようにしただけなのですが、

私にしては達成感!

20回目のリサイタルを前にして、

やっと少し荷物が片付いたような。

毎回の荷物ったらかなりの量なので

私はMY台車まで持っているくらいですから。

段ボールだと両手で運ばなきゃいけないけれど、

これなら片手でいけるもんね。

大満足!

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

KANAism

今日は20周年の記念すべき門下発表会。

いつものことながら

先生としては忙しい1日なんだけど、

幸せな1日でもあります。

素敵なお花も頂戴し、

また少し

自分を取り戻させてもらいました。

7585518f2dd84c9292eeaf18136aed55

今日は(珍しくもないけど)涙が出てきました。

生徒の演奏を聴いても涙が出ました。

気がつけば門下発表会に限らず、

リサイタルでも何でも、

多くの生徒たちに支えられています。

もちろん育てなければいけないことも

いっぱいあるけど、

助けてもらってることも

いっぱいある。

それが20年間。

ありがたくて涙が出てきた。

皆さん本当にありがとう。

今日参加できなかった人も

ご協力いただいた皆様

どうもありがとう。

Aee87a43e36541f4bb282ccab9604337

たくさんの嬉しいメッセージと

贈り物を頂いて、

またありがとう。

A473c0694d544c89961d86e869394040

パーティも班目加奈カルトクイズ!で盛り上がって

お腹も心もいっぱい!

あとの大人二次会は

出会った頃はお互い若かった面々と

興味深い話しで

色々勉強になった!

DA◯のI端さん

お世話になりありがとうございました♪

 

年齢はかわったけど

いつも変わらないものがあるのが嬉しい。

また30周年に向けて

頑張っていきたいと思います。

今日はよく寝れそう。

40caa7f635584ee7b6503bb742380c60

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

A lovely concert

あるところにお呼ばれしてのコンサート。

なんと素敵なネーミング♡

5be816b9320b41bb9f57858acbda0484

スタッフの方が

私のプロフィールを読んで

考えてくださったんだって。

なんか

すんごく嬉しい!

私のコンセプトに

ぴったり!

私のコンサートには

いつもこれを付けたい!

嬉しいなぁ。

大感動。

 

美味しいランチをいただいたあとのコンサート。

会場を埋め尽くす

たくさんのお客様と

とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

毎日こんな仕事がしたい!

 

グランドピアノを

わっしょいわっしょい動かしてくださったり、

細かいところまでお気遣いいただいて、

若いスタッフさんがたくさんだったけど

とっても気持ち良く演奏させていただきました。

最近ちょっと

人に疲れてしまうようなことが多かったけど、

今日はすごく

心が綺麗になった感じ。

やっぱり人です。

スタッフの皆様、

どうもありがとうございました♪

 

共演は元弟子のSくんと、

そして久しぶりの再会だった

高校の同級生のピアニストUさん。

Ad051915409f4af3861ca2cd9a7cc88c

Uさんとは今日1日一緒。

車移動も楽しく

美味しいものもいただいて、

たくさんサポートしてもらいました。

自然体でいられて、

すごくありがたかった。

おかげさまでもちこたえられたよ。

 

この数日、

時間的にも

体力的にも

精神的にも

実はキツいスケジュールが続いてました。

まだ続くけど、

山は越えたかな。

 

今日はいいお天気。

母の実家に近い会場、

山の上で海が見えて、

海と山がないと方角がわからない

方向音痴の母を思い出して、

穏やかな気持ちになりました。

今日は母が仕組んでくれた

心の洗濯日だったな。

888c3d7c752b4830bc2e16067ad9b41b

ありがとう(^^)

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

Tokyo Brass Society

東京ブラスソサエティの

クリスマスコンサート。

今日は日本の曲シリーズ。

ご来場いただきました皆様

どうもありがとうございました♪


海外のオリジナルに比べて

確かに楽譜自体は難しくなく、

日本のメロディは自でいけばいいから

歌いやすい。

大人多いので

そんな柔らかいサウンドは良かったと思うけど、

色彩であったりダイナミクスは

変化がなかったと思う。

個人としてある程度

やることはやったと思うけど、

リーダーとしては

ダメだね。

もっと育てることをしないと。

時間もないし

どこまでできるか。

さっきとは違う意味で、

大人のバンドだから

学生相手のようにはいかないし。

さて、

どこまでやるか。

 

明日も本番。

ピッコロ始まり。

さて、

吹けるのかー?!

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

about practice

私は基本的に音楽の才能がないので、

人よりもものすごく練習する人だと思う。

幸いなことに、

練習するとか

めげないとか

続けるとか、

そう言った才能はあるのかもだけど。

練習は好き。

まあ正直

めんどくさい時はあるけど。

楽譜を読む能力も

なくはないかもだけど、

人より遅いのは確か。

だから私は、

曲を決めたら、

楽譜が届いたら、

とにかく練習。

 

私の練習の仕方は、

ちょっと特殊かもしれないけど、

本番の近い順に

とにかく全部通す。

で次の本番のものは

全部さらった後に

もう一回通して、

1日に2回通せるようにする。

何個かの本番があるので、

そりゃとにかく

時間がかかる。

でもとにかく

毎日通す。

夜中の1時2時まで吹いていることも

珍しくない。

それでも

練習時間は

いつも足りないと思ってる。

いつも体力の限界だし。

でも不器用だから

仕方ない。

才能ないんだから。

 

楽譜を読むことに夢中になると

音楽することに対するエネルギーが

少なくなってしまうと思うの。

だから

さらうより

慣れろなのかも。

最大限長い期間

練習してるってだけは自信はある。

そして慣れてるって安心感もある。

 

生徒や他人に同じことを強要するつもりは

全くないけど、

絶対言えることは、

 

『練習は裏切らない』

 

やっぱり

練習は大事。

それは絶対。

 

自分は出来ないと思うなら、

とにかく練習。

最大限

練習。

それだけです。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

Girls alone

気がつけばもう

半年前の出来事になってしまったけれど、

ウェールズで

ガールズ・バンド楽しんできました♪

プリンシパルを務めさせてもらって

ソロも吹いてきました!

E7d5eb91979d4525bba7213a8fdd9eed

指揮はもちろん

ニック!

ポールの指揮で

ゾイの伴奏したり

0ede8c201e62472999e3ff9db01faabf

さすがのニックで

演出もあり。

ジェームズ・ボンドのホルン

かっこよかった!

0f7ea87fad3e4315bfce798de00784ac

どこの国でも誰とでも、

女子バンドは

楽しい!

パワフルで

明るく底抜け、

華やかで

繊細。

84e343f28d6b4e86af4586eba7ad973d

また一緒に

吹きたいなぁ(*^^*)

 

I miss you all!

Love xx

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

Zen concerts in Texas

今回のProject KANAのテキサス・ツアー

3公演は大学で。

10/22はTarleton State University。

4aa043fd3c4440889f888f014e998b32

お友達の勤務する大学で、

たくさんのお客様が

いらしてくれました。

2b7e3505ede449f794c2de3e15ebcc14

スタンディング・オベーションに

感謝。

02d07fd034164d9fbb82ef6f649e53a2

 

McLennan Community Collegeは

Wacoというところにあって

あまり日本の人がいないところのようで、

「日本人が来る!」と

日本の方が

大雨の中

来てくださいました。

24e6b1befeb24aa7a54642c0b73b19d4

05ba6c6cd54d48f08bfb3662114230fe

ありがたい!

 

Texas Christian Universityは

とっても綺麗な大学!

学食も充実!

74c10d09c9494bcdab4af248b0b78bc7

ホールもたくさん。

55240a8b92a942b9a420fa2359d50d4a

日本について研究している

サークルがあるようで、

そこの学生さん達も

来てくれていました。

 

これらはフルのコンサートだったのですが、

日本の吹奏楽の話や

水戸大使として

水戸の曲も演奏したり、

トランペットのコンサートというばかりでなく

日本の文化を

多方面からお伝えすることができたかなぁと思っています。

Ad48aa601f2c4fb9a9a333dd2a9066b0

今後どういう方向に広げていくか、

明確になってきたように思います。

そういう点で、

今回のツアーは

私にとっても大収穫でした。

経験を積むことって

大切。

勉強して考えているばかりでは

気づかないことが

いっぱいある。

どうぞProject KANAの今後も

お楽しみに!

 

今回のツアーを成功させてくれた

大切な友人

Leslie Spotzに

心から感謝します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧