2021年12月29日 (水)

I'm in quarantine for 2 weeks at home!

無事帰国して9日目。

こうやって日にちを数えているのも、

14日間の自宅自主隔離中だから。

やっと半分を過ぎました。

2週間何処かのホテルに隔離されることを予想して出かけたので、

約3週間分の荷物

2個のスーツケースの荷解きに始まり、

溜まっていた事務仕事をこなしながら

部屋を片付け、

大量の物を捨て、

プリンターも壊れて買い替え

(まだ届いてないけど)、

毎日やらねばならぬことは尽きず、

あっという間に今日まで来ました。

オンラインで多少の仕事はしているものの、

目覚ましもかけずに寝て

自由に起きて、

昼寝をし、

逆にまだ時差ボケが治らないような。

部屋から朝焼けを見たり夕焼けを見たり。

82344879eb7943d080a9d908960032e7

アプリからのチェックは

噂に聞いていたものよりも頻繁で、

1日に4,5回

もちろんランダムに、

朝は8:00くらいから夜は21:00近くまで。

「自主」隔離だから守らない人もいるみたいだけど、

一応真面目に隔離生活楽しんでいます。

自宅だからまだ良かった。

やるべきことの間間に色々思いついて、

自宅生活が改善されています。

お正月飾りを注文したり。

C840e3509ab84e2eade45e989bedd49e

お取り寄せを楽しんだり。

お友達が美味しいものを届けてくれたり。

これも過ぎてみれば笑い話になることでしょう。

 

以前は毎日更新していたこのブログも

最近は数えるほどに。

年内にもう一度更新はあるのでしょうか笑

分かりませんので一応ご挨拶を。

 

今年も一年お付き合いいただきまして

どうもありがとうございました。

皆様のおかげで

たくさんの経験をさせていただき、

また成長の1年になったのではないかと思います。

来年も良い意味で変化の年にしたいと思っています。

どうぞ懲りずによろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

Midwest Clinic

以前から一度参加してみたかった

ミッドウエスト・クリニックに行って来ました。

75周年ですって。

Bae6dc070ba04100aa52f5ce36e239d9

クリニックのことは私より良くご存知の方が多いと思いますので

多くは言及せず私の個人的な部分を。

前半は自分のリハと本番があったので後半の数日

楽しんできました。

 

予想はしていたExhibits。

やっぱりワクワクしかないね!

54ef4de3bf0747f2bc1298cacb47dbd4

たくさんのブースで、

お目当てのところは地図でチェックしないと見つかりません。

E0cb5f680ba8460a8179963487174974

 

せっかくシカゴなので、

やっぱりシルキー。

本当は工場見学に行きたかったけど、

こちらにブースがあるので本店はお休みだそうで。

色々お話いただいたスタッフさんにご挨拶と

色々状況をお話。

89403ffa299d4909a659c9aabba9d3cd

 

楽譜のコーナーはね、

キリがないのは分かっていますが

どうしても大人買いになってしまう。

カードを持っていくべきじゃないですね(笑)

かなりセーブしましたが、

今回もやってしまいました。

飛行機、重量オーバー追加料金にならないことを祈る!

Ed642b969e6d41cb8458290a97919a69

 

楽譜の他にも実は大きな買い物をしてしまった(^^;

でもそれは研究費!

とても良い発見&買い物になったと思います。

内容は今は秘密です。

最先端を直接見て触れる感じですね。

新しいものを取り入れることは

大きな成長に繋がります。

良い刺激をたくさん受けました。

 

人と会うのも楽しみ。

バンコクのマヒドン大学のJoeさん。

アジアで積極的に活動されている方で

とてもお世話になっています。

今後の話もさせてもらって、

良い交流が持てました。

79e5ec57e99f44cb9d95cb2d9108f8e8

 

以前からお友達のKenny。

バテた唇が復活するlip renew、lip repairなどの

Robinson's Remediesのプレジデント。

新製品もあるからと言っていたのはskin repair。

除菌効果もあるので今の時期に良いかも。

香りもいいし。

石鹸と入浴剤までありましたよ。

日本の愛用者の皆さんにもたくさん購入。

次は5月にビールと共に会う約束を(笑)

E0124cf39b964a86bfe68a5f7a71ed56

 

アメリカでイギリスの友人とも再会。

テナーホーンのOwen。

バトルクリークのブラスバンドでハイドンのソロを吹いていました。

相変わらずの安定のテクニック。

7e49a8ee49a846de8d42f3b96138d47e

 

聴くのを楽しみにしていたバトルクリークのブラスバンド。

ジャズのプログラムが多くて、

コルネットセクションも全員ラッパに持ち替えてたのも数曲。

多才なメンバーのアドリブ、

特にソプラノを吹いていたJens Lindemannは素晴らしかった。

プリンシパル・コルネットもトランペットに持ち替えて

アドリブに歌に。

エレキギターとベースも入って会場は盛り上がりました。

Bcc2d0eaaedd4076b946b26e9d894603

でももっとブラスバンドの曲が聴きたかったかな。。。

 

最後にバックステージで仲良しOwenとの一枚。

Img_3030

色々規制があって大変ではあったけど、

久しぶりの再会と

久しぶりのイベントの感じ、

嬉しく楽しかったです。

2e2c552831a74ae39e22ded649d633e7_1_201_a

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

Athena Brass Band in Midwest Clinic

以前から一度来てみたかったMidwest Clinic。

基本的には毎年開催されていますが

この季節、なかなか時間取れず

来ることができませんでした。

今回、Athena Brass Bandが出演するということで、

メンバーとしてならと

こんな時期ですが強行突破気味にやってきました。

Ee9da7af0978418f8fbea4c414c5bf68

本当は昨年の予定でしたが今年に持ち越しに。

今回75回目だそうです。

 

我がAthena Brass Bandは17日木曜日の夕方。

A5f2d128ca14473ca763c02ac30959b4

今回新調のバナーと共に。

C7557a87013445fda4ec25ea17d6be73

プログラムは以下です。

1748fada8307497b975f297021e40813

開演前から長い行列が出来て、

日本では最近見かけなくなった立ち見で会場いっぱいのお客様。

 

プリンシパルのAmyの赤い薔薇はとっても美しく、

彼女の柔らかい音は

いつ聴いても惚れ惚れします。

実は同い年で、

お茶目な人柄がとっても魅力的です。

いつも共演するのが楽しみな一人。

9d58345cf6e14884b62241262b820d96

ユーフォのデュエットはパワフル!

若さ溢れるアメージング!な演奏で

スタンディングオベーション。

もちろん新曲もありで、

1曲はメンバーのもの。

多くのメンバーが飛行機で集まって、

ギュッと濃縮した時間です。

 

ゲストコンダクターのMallory Thompson。

2f7c9067b7db4810860454f477530bb7

気さくでチャーミングで、

とっても魅力的。

繊細な指先から繊細な音楽が溢れていました。

本番では驚くほどのエネルギーを感じました。

こんな華奢な方からすごいパワー。

またお会いしたい!

 

今回のコルネットセクション。

13d15fb0a58c4ff9b9a344a4ce3c7a6b

バンド全体の写真がなかったからリハの時のもの。

49088827f0a0496bac923444f17849b9

コンダクターのJessicaをはじめとして、

今回もみんなに助けてもらいながら

楽しい充実した時を過ごせました。

48c0c1da81b944699578a68d71cc1a35

演奏会の最後もスタンディングオベーション。

その辺を歩いていても打ち上がっていても、

たくさんのお客様がお声をかけて下さって、

評判の良さを直に感じました。

ちょっと無理無理だったけど、

がんばって来て良かった!

大成功!

 

少しは私の英語もマシになって

みんなとコミュニケーションをとることができたので、

やっとメンバーとして居場所ができたような気がしています。

やっぱりもっと話したいので、

また英語もがんばります。

 

バンドの詳細は以下のQRコードから。

B0ea381c36d84915bffdd55506c1ec81

Thank you all!

| | コメント (0)

2021年12月17日 (金)

Chicago life 2

今回の旅は、

International Women's Brass Conferenceがきっかけでできた

女性の金管バンド、

Athena Brass Bandでの

Midwest Band Clinicに出演するためです。

Image03

長年お付き合いのあるメンバーです。

アメリカの人が多いですが、

インターナショナルのバンドです。

Image3_20211217060601

私はTutti solo。

リハはサクサクと進み、

2日間ですがそれぞれ食事休憩を挟み

4日分くらいの量です。

さすがに疲れましたが、

あっという間に

バンドのサウンドができてきました。

バンド毎のサウンドがやっぱりあるよね。

プリンシパルのAmy Nelsonのサウンドは

相変わらずとても素晴らしく、

聴き惚れます。

Image12

今回1曲だけ、

ゲストコンダクターにMallory Thompsonを迎えています。

彼女の指揮もとても繊細で表情豊か、

印象的です。

一瞬で引き込まれました。

本番が楽しみ。

 

たまたまChicago Symphonyのブラスセクションの演奏会があり、

聴きに行ってきました。

素敵なホールに満員のお客様です。

Image04

こちらもとても素晴らしかった。

プログラム。

Image22

音がとても魅力的です。

繊細さもありながらパワーもあり、

何回も立って拍手をしました。

トランペットは若いメンバーが増えましたね。

惑星はさすがオケの人たちという感じですし、

ムーアサイドの興味深く聴かせてもらいました。

Image13

充実の旅行です。

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

I got the certification of the Life Stage Mental Counselor

D3665a1cef674c07a3a5a1ce4435552f 

またしばらくぶりの更新になってしまいました。

おかげさまでリサイタルも無事終わり、

今は報告書やら来年の準備やらに

追いまくられています。

 

ですがそればかりでなく、

ちょっとした変化もありました。

なんと!

ライフステージメンタルカウンセラーという

心理カウンセラーの資格を頂戴しました。

私が心理カウンセラーなんて。。。

自分が一番驚いています。

尊敬する素敵な歌い手さんのYさんにお声をかけていただいて、

夏に皆さんと勉強させていただきました。

音楽教室に通うようにカウンセリングも気楽に受けられるように。

そんなコンセプトに賛同し、

悩める方々を私が少しでもお助けできるのならば、

それも素晴らしいことと思いました。

それも、

音楽をやってきたからこそ得られる資格。

演奏したりレッスンしたり、

そればかりでなく、

それらを通して皆さんの心を元気にできる。

こんなに嬉しいことはありません。

 

色々大変なことも多いけれど、

こんなコロナ禍だからできたことです。

機会に恵まれたこと

感謝したいと思います。

とりあえずご報告でした。

 

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

after jobs

今晩はとても涼しい夜ですが、

飲みたい気分で飲んでます。

一人打ち上げ。

Image0_20210815002201

お気に入りのラベンダーのアロマを焚いて

リラックス・・・。

コロナ禍になって思います。

打ち上げって大事だなぁ。

共に闘った仲間と、

良かったことも悪かったことも話をして、

それでやっとリセット出来る。

それがないと

頭が興奮状態で、

身体は疲れてるのに

案外眠れなかったりするのは私だけ?

早くみんなで飲める日が来て欲しいな。

お疲れ様でした!

そして今日も

ありがとうございました♪

カンパーイ!

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

Very interesting

新幹線移動中。

疲れてはいるけど頭の中は活動中。

D9d10d4184344b62a96e2f9f01735b08

吹奏楽コンクール、

地域によって多少違いがあるのは知っていましたが、

今回はB組で

コラールの課題曲がありました。

とても興味深かったですね。

コラールは譜面は簡単ですが、

とても難しいです。

バンドの持っている力がよくわかります。

何を目標にやっているのかも。

コラールの上手なバンドは本当に少ないです。

色々考えさせられました。

何をもって上手というのか。

バンドとしての良いサウンド。。。

とっても疲れたけど、

良い勉強をさせてもらいました。

今回も感謝です。

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

Kanazawa night

今晩は金沢で。

92e4f9b3a0ae47949aa6e2852bed57c7

夕方から少し時間がとれたので、

やっぱり…

1fcba3eacebe4a5f821a9181920e32e0

こうなりますね。

白海老、ガス海老、のどぐろ、、、

ハハハ(^_^;)

朝も朝風呂に始まり、

朝食はイカ刺しに黒造りに

ホタルイカの沖漬け、

昼間から金沢の銘菓を休憩のたびにいただいて

お仕事しながらも満喫(*^^*)

明日は今日より大変そうだけど、

温泉入ってジャグジーとマッサージ機で

がんばろっと!

ありがたやありがたや。

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

Angel's trumpet

一昨日に引き続き

今日も水戸日帰り。

南口に出て納豆像を横目に、

3175e5eb0ddb45a79f3926fab11b9e8e

今日はシェアリングカーでお出かけ。

Edb10f45d1f64f3cadee4e00ce257555

水戸駅の近くにはカーシェアのパーキングがあって、

台数もまぁまぁありますね。

使えるかも。

会議に出席して、

お世話になっている方に久しぶりにお会いして

お話しさせていただく。

画面を通してもお話しはできるけど、

やっぱりちゃんとお伺いしてお話しする方が

気持ちも通じるような気がするね。

先日父が

実家の庭のエンジェルストランペットの写真を送ってきました。

9ff3bb524f5c46dd9459f0bc9e5af2c3 Bf818ef5c044449f922bdf3265a022c4

よく咲いてるね。

この花をモチーフに母が描いたイラスト。

Logo02

デジタルの世界は便利で良いこともあるけど、

やっぱりリアルの世界、

手描き、

良いですね。

| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

Experiences

多くのことを考えた2日間でした。

書き始めたけれど、

全く話がまとまる気がしないので、

簡潔に結論から先に書いておきたいと思います。

大変良い経験をさせていただきました。

若い頃、

仕事に行って「良い経験をさせてもらいました」と

絶対言ってはいけないと

先輩に話を聞いたことがあります。

確かにそうではあります。

ギャラをいただいて勉強(経験)させていただくなんて、

贅沢というか。

頂くもの以上のものを提供しなければいけないというか。

経験がなかったとしても、

「経験がある」という前提のもと

お仕事をするべきということというか。

うまく説明できないけど、

言いたいことは良くわかります。

演奏者の立場として、

良い演奏をするということは、

大概の場合、

過去の経験から、

こうすればうまくいくはずとか、

こうなっていればうまくいくとか、

こうすればこうなるとわかっているとか、

そういう感覚を身につけて、

その経験の中で仕事をしていくから、

うまくいって当たり前というか。

でもそれがそういかない時も

残念ながらある。

例えば、

環境がそうでなかったとか。

演奏をする環境を作ることは

演奏者にとっては本業ではないので、

良い環境になるように努力はするものの、

結果そうならなくても致し方ないけれど、

演奏者としては「良い演奏をする」ことが1番なので、

それが叶わない環境でうまくいかなかった場合、

大きな悔いが残る。

ただ演奏会を企画したり運営したりする立場からすると、

演奏者にもちろん最高の環境で最高のパフォーマンスをしてもらいたいとは思っているけれど、

そうもいかないこともある。

例えば予算とか。

予算がなければやらなきゃ良いと思うかもしれないけれど、

何かを思いついちゃったら、

なんとかしてやりたいと思うのが企画作る人だと思う。

気持ち、よくわかる。

それが自分が今までに経験がなく

初めてやることなら尚更。

そしてやってみたら結構大変だったっていうのも

その時に気がつくっていう。

ホント、よくわかる。

いくら新しいものを作り出すとはいえ、

全く知らないことはできないわけだから、

多少なりとも似たような経験があって、

頭の中にはイメージがあって

それを融合したり変化させたりして

自分の世界として作り出すと思うんだけど、

それが経験の薄いものであればあるほど

当然具体的でなく、

仲間の経験からのアイディアを期待したりして。

結果、

それで自分の経験値よりも良いものができること

たくさんあると思う。

でもお互い経験値は、

目に見えるものではないので、

お互いの意思疎通がうまくいくことはなかなか難しい。

決まったものをやるならわかりやすいけれど、

ないものを作っていくのは本当に難しい。

単純に遠慮しちゃったりもあるし、

言葉にするとうまく伝わらないこともあるし、

それぞれの人間関係にもよるし。

さらに誰かを育てようとか

新しい一面を引き出してあげようとか

そんな気持ちが入ってきたら、

それは当然その相手が経験のないことを求めるわけだから、

求められた方もまず理解できるかわからないし

理解できてもできるかわからないし、

経験がないから心配だし怖いし保証もないし、

「できません!」ってなるのもありだし。

そこで受け入れてトライしてみようと思うか。

自分は経験がないことを経験させてもらえる機会と捉えるか、

保証がないことは仕事として受けられないか。

そしてさらに、

お客様という大きな存在が。

ただ研究発表だけするんだったら

何をやっても良いかもしれないんだけど。

お客様が喜んでくださることも人それぞれ。

どうやったらお客様が喜んでくれると思うか、

それも提供者それぞれの考えがそれぞれの経験からある。

目的は全てお客様のためという共通項も、

方法に対する考え方の違いからブレそうになったりして。

色んな人の違った観点。

自分にない経験を持った人たちから

その様々な経験を分けてもらえた。

私はこの2日間で、

自分一人では経験する機会を得ることがなかった

たくさんの経験をさせてもらいました。

そしてそれらが、

自分の成長の糧になりました。

この歳になってこういう経験は

本当に有り難い。

Img_bf23a24a42ba1

| | コメント (0)

より以前の記事一覧