2020年2月11日 (火)

My neck

やっぱりちゃんと検査をしてもらった方がいいかなと

レントゲンを撮ってきました。

Ed3f30e8b085431bba63d50409a88f3c

やっぱり5番目の骨です。

 

私:「何でこうなっちゃったんでしょう?」

先生:「年です!我々同世代ですからね〜!

私も同じところやってますよ、左ですけど!」

 

先生と同じ世代というところにもびっくりしたけど、

『年』ってね〜(^^;;

 

整体の先生にも言われてた。

寝てないから回復もしないって。

結局、

若い頃とは違うってことと、

簡単に言えば忙しすぎるってことだと思う。

あちこち弱ってきてガタが来てる。

でも毎日生きるだけで必死。

今日は血液検査もして、

今度MRIも予約してきた。

この1、2年です、調子が悪くなってきたのは。

きっかけは毎日楽器を何本も持ち歩いて

すごい重さだったところ

満員電車で変な体勢になって

ピキーッてきた。

すごい疲れてるとき。

やっぱり寝る時間が取れなくて

弱ってたんだろうね。

年といえばそれはそれは当然ある。

でもね、

他にも要因が確かにある。

証明できないけどね。

わかってる。

この前も宣言したけど、

こちらは生きるので必死です。

仕事の合間に、

寝る時間を削って、

食事ももちろん休憩もとらず

やってきましたが、

これからは毎回天秤にかけます。

寝る時間より大事か、

練習の時間より大事か、

食べることより大事か。

私の大事なものより大事か。

土足で人のうちや心に勝手に押しかけてくる人、

そんな人にまで気を使う余裕はない。

そんな人たちにかまう時間があるのなら

自分を大切にしてくれる人を

そして自分を

思いっきり大事にしたい。

100人の敵に1人の味方でいい。

八方美人でいる必要はない。

 

明日も朝から大切な生徒のため、

寝ようっと。

頚椎ヘルニアに良い枕って

どんなのだろ?

どうやったら治る?

治せる?

何か良い情報あれば

ぜひ教えてくださ〜い!

 

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

Sangria

祖母の三回忌、

時の経つのははやいものです。

控室にお手紙セットが

用意されていました。

亡くなった人へのお手紙を書いてくださいって。

本堂にはポストがあって

4bfc7bb808ed40fa804fedf2f57042e6

そこに投函するんだって。

いとこ娘1号が

素敵な手紙を書いてた。

宛名もちゃんと書いて。

私は書かなかったけど、

私だったら何て書くかななんて考えた。

きっとその想いが大事なんだよね。

若い住職さんらしく

色々な取り組みをしているお寺さん。

お経もみんなで一緒によみます。

なんか心があって

いいなぁって思う。

来てよかったなぁって、

いつも思います。

素敵なお寺さん。

 

「海が見えていいね」って買ったはずのお墓らしいけど、

近くの林の木が伸びて

海がほとんど見えなくなってる(^^;;

時が経ったんだね。

 

おばあちゃんの好きだったレストランでお食事。

店の名前でもあるこんなものを

美味しく頂きながら

75df9c7d87184360b7cdebf7b0022d11

おばあちゃんも好きだった

絶品のガーリックスープ。

D2983b15dcbe45e2843e30319e41fe95

この味はなかなかないよねって

みんなで話しながら。

なんでも美味しいけど、

伊勢エビのグラタンとか

B69192f286ca4a43895f627b70905ffd

いとこや叔父叔母と寛ぎの時間。

変わったものと変わらないもの。

 

血の繋がった親族でも

人のお金を黙って持って行くような、

相手の気持ちもかえりみず

言葉を失った人に自分の意見ばかり押し付けてる人もいる。

うちは一般庶民で

お金はそんなにないけど、

集まっては話に盛り上がり

あっという間に時間が過ぎて、

みんな気遣って

応援してくれたり助けてくれたり。

こんなおうちに生まれて

幸せを実感。

 

おばあちゃん、

いつまでもありがとう。

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

An album of the week by Naxos Music Library

私のソロアルバム3枚
『雅』『ヴォカリーズ』『ファンタジー』
のストリーミングサービスが始まりましたが、
「Naxos Music Library」(日本版)トップページの
毎週1アルバムをピックアップしているコーナー
「今週の1枚」で、
2/7(金)17時より
「ヴォカリーズ」をご紹介いただくことになりました。
ぜひぜひみなさま
ご覧いただけましたら嬉しいです♪
ナクソス・ミュージック・ライブラリー(日本版)
トップページ https://ml.naxos.jp/
最新のストリーミングは、
ヴォカリーズ [2019 Remaster]/班目加奈 https://ml.naxos.jp/album/KMF-00001
ファンタジー [2019 Remaster]/班目加奈  https://ml.naxos.jp/album/KMF-00002
2019リマスター版ということで、
なんと!
録音当時よりぐっと音質が上がってる!
(私はな〜んにもしていないのに(^^;;)
この機会にリマスターバージョンも
どうぞお楽しみくださいませ!

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

Love Garlic

今日も大学院生の力作を聴くこと

3時間オーバー。

考えてみれば

昨日も学生のアンサンブルを

一昨日もある大学の卒業試験を、

このところ連日聴いている。

若い学生たちの演奏

もちろん素晴らしいのですが、

要するに、

若いシェフたちが

それぞれのメインディッシュを

並んで持ってくるわけですよ。

ありがたいんだけど、

お腹いっぱいになっちゃうんですわ(^^;)

座って聴いてるだけなんだけどね、

点数つけたり順番つけたり、

肉と魚と野菜と

どれが好きですか〜???

みたいな。

みんなそれぞれ美味しいところがあって、

それを比べて点をつけたり並べたり。

みんな美味しくて、

ホント大変だった〜!

ヘトヘト。

 

昨日の唇が割れてる話もそうだけど、

私の体には

何か足りてないような。

そんなことを考えてたら、

帰りの電車の中で

私の頭の中は

ニンニクでいっぱいに。

そうだ!ニンニクだ!

ニンニクが足りてない!

ニンニク!ニンニク!

って、

駅を降りてすぐの焼き鳥屋さんで

いつもの皮ニンニクを、、、

と思ったのに、

今日に限ってない!

でもやっぱりあきらめられない!

ニンニク!

そしてスーパーへ。

ピリ辛味噌ニンニクっていうのがあって、

帰宅後

ボリボリ、ボリボリ。

何個食べたかなぁ。

パックの半分は食べた!

もういらないってとこまで食べようと思って。

なんか急に元気になった感じ!

やっぱり私は

ニンニク命!

落ち着いた〜(*^^*)

 

今日は炊飯器にご飯があったので、

大家さん好きな特製おにぎりを。

9e1933914a244ef2b9798ea773ebe6d0

大家さんは私のおにぎりが大好きらしく、

「何か買ってこようか?」

と聞いても、

「あなたのおにぎりより美味しいものって思い浮かばないのよね〜」

なんてかわいいことを言ったりして。

直径4cm弱のちっちゃいおにぎりなんだけど、

よく握ってあげるのです。

今日は9個、

味も9種類。

うち1つはもちろん、

ピリ辛ニンニクをスライスして混ぜちゃった!

さぁ、

  1. 明日の大家さんの反応はいかに???

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

Realization

こういう時に限って、

部屋を片付けたりしたくなる。

片付けると

心も少し片付く気がするから

不思議。

そして敏感になっているのか、

意外と良いことに気がついたりする。

でも私の気付きはいつも、

何故か急がば回れ的な

すごく細かい

基礎の部分。

以前にも同じような気づきがあった。

でもその時よりは

ちょっと高いレベルの話になっていて、

少し嬉しい。

今回は高音域、

そしてどの楽器でも、

そしてそれが

スタミナにも大きく影響しそう。

簡単に言えば

ノンプレス奏法。

そして

「唇をどれだけフレッシュに保つか」

になってくる。

 

バテないようにするのには

どうしたらいいかとよく聞かれるけど、

ハイパートレーニングをやって

口の周りを鍛える!

みたいな発想にみんななりがちで、

もちろんそれはなくもないけど、

そればかりではやっぱり

ダメなのよね。

いくら筋トレで顔がムキムキになったとしても、

それを傷めてしまうような奏法では

ダメなのよ。

いかにフレッシュに保つか。

きつい仕事の時に限って

なんか時間もなくて、

ガーッと短時間で練習して

みたいな雑な練習になっちゃう上に、

きついモンだから、

唇を傷めちゃう。

それで余計

うまくいかなくなることが

私は良くあるんだよね。

せっかちなのかもしれないけど。

そういう時だからこそ丁寧に

唇にストレスがかからないようにやらなきゃね。

そして以前よりもっと上の音域まで

それを徹底しなきゃいけないってこと、

今日気がついた。

わかってできてるつもりで、

まだ足りてなかった自分に

気がつきました。

これでさらに

音も良くなりそう。

スタミナ、高音域のタンギング、

音の艶がけっこう違う。

これが維持できるといいな。

音程感がちょっと変わってくるから、

そこは気をつけないとね。

しばらくきれいに楽に、

調整してみる。

皆さんには何言ってるのか

分かりにくいかな。

今回はラッパについての独り言。

失礼しました!

 

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

My landlady

このところ

他人に振り回されて

頭がおかしくなりそうな自分。

自分を見失わないためにも、

ここに断言しておきたい。

「他人に振り回されるのはもうやめる。」

 

テレビの刑事ドラマとかサスペンスものとか

そんなバカな!

そんなこと現実にあるわけがない!

と思って観ていたけど、

なんと、

あるんだね!

ホントにびっくりするけど、

普通あり得ないでしょってことが

あることがあるんです!

そんな人いるわけないでしょ!

っていう人が、

ホントにいるもんなんですね。

それを実感する日々。

そんな実感、

体感しなくても良かったけど。

ある意味、

すごい体験なのかも。

良いことでないけどね。

驚き以外に

ありません。

そんな普通あり得ない人たちに振り回されて

自分の大切なもの

(今1番に思うのは時間)

がなくなることは、

もうやめたい。

もう許せない。

もう我慢できない。

これが正直な気持ち。

なので、

ここに断言します。

「他人に振り回されるのはもうやめる。」

 

だからね、

縁起でもない話かもしれないけど、

もし私がここで死んだとして、

自殺だってことになったら、

それは違うと

どうぞ皆さん

このページを見せて

言ってね!

今のところ、

その予定はありません。

もしそうなったら、

ちゃんとここで

皆さんにお伝えしますからね!

なんて(笑)

そのくらい

ドラマティックな日々です。

今は。

 

それにしても、

うちの大家の己の通し方と言ったら、

ホントにすごい!

今年年女ですから

(年齢は皆さんのご想像にお任せしますが)、

ちょっと口数が減って

私が出会った頃よりは

ずっと穏やかになったように見えますが、

ホントに強いです。

頑固って感じでもないんだけど、

とにかく

通すの。

私が何か言ったところで、

何にも変わらない。

逆に、

こっちがねじ曲げられる。

昔は良くそれで

泣かされたけどね、

一緒に演奏させてもらって。

すごいところはね、

話してるとわかるんだけど、

「そんなこと聞かなきゃいい」

とか、

「そんなこと気にしなきゃいい」

って、

ホントにそれが出来る。

私はそこが

まだ出来ない。

気になっちゃう。

よっぽどな時は怒鳴ったりすることもあるけど、

うま〜くその場を去ったり、

話をかわしたり、

そんな技も

持ってる。

ある意味ホント

尊敬します。

私も見習いたいもんです。

さすが!

勉強になりますわ。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

Beijing life

今まで旅行をした中で唯一

北京は1人では歩けないなと思っていたけれど、

ちょっと動いてみました。

地下鉄もチャレンジ。

6998ece9c0ea48118921681f1e88b323

駅に入るのには

まずセキュリティチェック。

地下鉄の各車両には

赤い帽子をかぶった

警備員さんが見回りしてる。

ちょっと怖い感じがしたけど、

ある意味安全なのかもと

思ったりして。

高額紙幣しかなくて駅員さんに両替してもらったけど、

チケットも何とか買えたし。

5450b132b6664d95a54e84df913045c7 

タクシーはポケトークがあったから何とかかな。

助かったのは、

「おトイレに行きたいです」

「どこかで停めてください」

の時。

ポケトークなかったら

大変なことになってたよ〜(^^;;

 

ホントはもっと観光したかったのですが、

日本にいる時よりも忙しいようなスケジュールで

何も出来なかったのよね。

北京ダックはもちろん

いただきましたよ〜

Ee38f2927ae04b6b82bdf76b6c109eef

今回はローカルの方と動いていたので、

中国の事情、

色々わかりました。

音楽の世界のこともね。

あとはお酒!

5ac4abf39f97493abd76229d7c27fe46

白酒は毎回たくさん飲んでいたけど、

今まで二日酔いってなったことなかった。

だいたい度数は50度以上。

中国では50度以上のお酒は良いお酒だから

二日酔いにならないって言うんだそうです。

確かにそうなのかなぁと。

青島ビールでは見事に二日酔いだったけど、

白酒の時はやっぱり大丈夫だったもの。

量はかなり飲みましたが。

 

中国の面白さ

わかってきたかも!

中国語も

頑張るか〜!

 

 

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

Star Trek

4dd42dd692564125bb47086dabf6786d
今日はボス 真理子先生のところで

吹奏楽の夕べ。

プログラムの中に

スタートレックのテーマがあって、

ソリストでいらした佐久間さん。

ステージ袖を通りかかったところ

捕まえてお話を。

茨城県出身とプロフィールにあったので

どちらですか〜?と始まり

なんやかんやと盛り上がってしまいました。

なんと高校の時に入っていた市民吹奏楽団が同じで

ちょうど出る入るだったみたいで。

高校も近く

ローカルな話をひとしきり。

職種が違うので

同じラッパでもお会いすることがなかったようで。

同郷でこんなご活躍のラッパ吹き

嬉しいですねぇ。

 

私は高い音は昔っから苦手〜!

ラッパは高い音ばかりじゃない!

と言ってはみるものの、

やっぱりハイノートへの憧れって

ラッパ吹きなら誰でもあるんじゃないかな。

あんなに高い音が出たら、

楽しいだろ〜な〜と

自分のパート落ちそうになりながら

聴いてました。

「今度教えてくださいっ!」って

すかさず言ってしまったよね(^^;;

ホント、

ぜひ機会を見つけて

勉強させていただきたいわ。

きっと私にないものを

いっぱいもってらしゃるんだろうな。

 

穏やかで優しそうな方。

出会えてお話させていただいて

嬉しかった(*^^*)

新しい出会いに感謝です。

素敵な機会をくださったボスや

ご一緒させていただいた皆さんにも

感謝感謝。

| | コメント (0)

At the Central Conservatory of Music in Beijing

北京にある中央音楽院に

行ってきました。

日本で言うところの

東京芸大のような学校だそうです。

Fb20a4d155284259ab8995be1ea9757b

近代的な建物で

この教学楼の中に

レッスン室やリサイタルホール

教員室があるみたいです。

まずは大学院の修士の卒業演奏を

聴かせてもらいました。

54a216f6d83c4e3e9479637a2d9d16d3

このリサイタルホールで

1時間のプログラムです。

修士の卒業試験で1時間は大変ですね。

ハイドンを入れたプログラムが多いようですが、

きついね。

でも皆さん、

よく吹いていました。

日本ではあまり聴かないようなリリカルな曲も

プログラムに入れていて

ちょっと安心して聴けました。

採点はなかったので

のんびり聴けて、

中国の学生さんの感じが

よくわかりました。

そのあとはマスタークラス。

3ec883ebed274329bdaa934fb9c6f908

戴先生のクラスの生徒さんたち6人。

ピッコロでタルティーニ、

ハイドン、

ブラント、、、

国がかわっても

同じ感じです。

英語だったのでちょっと大変だったけど、

それぞれ色々レッスンさせてもらいました。

戴先生はとっても熱心な先生で

子どものように

生徒たちを教育していらっしゃいました。

すぐにお説教になってしまうけど、

学生もそれに応えようと

一生懸命ついていっているようでした。

161f79afa0184be8aa3428b9fafb20a9

英語でコミュニケーションがとれたので、

良かった。

アメリカでお勉強された戴先生とは

共通の知人も多く、

色々お話させていただきました。

ご縁に感謝。

マスタークラスの後は、

この日が年度最後の学校の日ということで

みんなで火鍋パーティ。

かなり遅くまで

盛り上がりましたね。

これもどこの国も同じ!

途中で戴先生が

「お願いがあるんだけど」って。

何かと思ったら、

私のラッパが吹きたいって!

どうぞどうぞって、

戴先生から始まり

北京のオーケストラで活躍中の

卒業生まで、

私のラッパ試奏&演奏会!

8112e089406846dbaa47afc9eb1ffc56

「いい楽器だね〜」

「これはどこのブランド?」

やっぱりこれもどこでも同じ。

楽器談義でひと盛り上がり。

ラッパ吹きって

酔っぱらうと真面目にラッパの話しだす(๑˃̵ᴗ˂̵)

BSCがこちらでも評判がとても良くて

嬉しかったな。

最後はまた

戴先生のお説教になってたけど、

楽しい有意義な時間でした。

8b20cd4b559549cb8845982850c7675a

戴先生はじめ

関係者の皆様、

どうもありがとうございました。

 

これから中国での活動も

増えそうな予感。

中国語やらやきゃと

思った夜でした。

 

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

From Qingdao to Beijing

元旦の8時間レッスンの後

飲んだ飲んだ青島ビール!

ということで、

2日はホントに2日酔い、

グロッキーな1日でした。

生徒の親御さんたちといただいた

甘いお粥が胃にしみました。

D174feef0def45eeac294767e036a3c5

青島は海のそばの素敵なホテルだったけど、

71ccdb32891b42d5b56bbe3111b34aee

北京はやっぱり北京。

040ea3e193dc48c89df999c922ce287c

1ec02008c69e45e1a792020c0867ceb9

某A総理大臣も北京に来たら泊まるという

ステキなホテルで、

この旅唯一のフリータイムを

ゆっくり過ごす。

気持ち悪いからゴロゴロ。

そしてホテルのスパで

足つぼマッサージ。

506c8af5bf4e4542a2c0a61884c45266 

食欲がある感じではなかったので、

ホテル内の広東料理で

軽い夕食。

サラダとカラシナのニンニク炒め、

魚の浮袋のスープ。

D4b2a7ad9e514c5dbdaf055bdc404b98

ホテルはバスタブがあって

毎日お湯につかって

朝食も楽しめたし、

また行く時もここにしよっと。

続く

| | コメント (0)

より以前の記事一覧