2020年10月21日 (水)

Report about my 20th recitals

20201015_201020_10_20201021001301

『雨降って地固まる』

この言葉が今回のリサイタルを終えた私の心境に一番適してるように感じます。

 

雨はただの雨ではなくてゲリラ豪雨が何日も降り続いたくらいの雨。

10月入ってからの記憶がほとんどないかも。

土曜に水戸公演を終えて今日が火曜日、

やっと現実に戻ってきたように感じています。

20201017_201020_18_20201021001601

いつもでもバタバタするのに、今回は初めてのことばかり。

20201015_113219788_20201021001701

検温もチケット作らなかったのも

来場者情報集めたり宣伝出来るだけ控えて

準備するのも消毒液に手袋、フェイスシールド、マスク・・・。

2020年の記念すべき20回目なのに何で?と思ことも正直ありました。

でも今は20回目だったからこうだったのかもと少し思っています。

政府からの支援があったからやりたいことが思いっきりできた。

返事がなかなか来なくてヤキモキしたし、申請もわかりにくくて大変で、これからも大変そうだけど。

20201015_201020_2_20201021000201

結局お客様をお呼びして開催することができたし、

こんな中でも出来たこと、

ありがたいの一言に尽きます。

 

ずいぶん前からお付き合いのあるヘアメイクさん。

Received_378312249969851

何にも考えなくてもうとうと寝ていてもいつの間にか綺麗にしてくださるだけでなく、

いてくれるだけで安心。

何でも何とかしてくださる。

20201015_201020_13_20201021000301

綺麗で自分でもびっくり。

富士山を背負った背中も

20201017_201020_17_20201021000401

いいでしょ。

 

今回は撮影があって配信もあります。

20201015_201020_19_20201021000301

やりたいことを叶えるのに素晴らしい方々をご紹介いただいたり

全然映像だの配信だのわからない私にも丁寧に対応してくださいました。

動画には演奏以外にも色々追加されるみたい。

楽しみです。

 

そして舞台美術さん、照明さん、大道具さんにも助けていただいて、

今までにないことが出来たのです。

35021_20201021000201

打ち合わせにもお付き合いいただいたり、

私のいないところでもたくさんお打ち合わせや準備いただき、

素敵なステージにしていただきました。

お願いすることになって慌ててホールを朝から借り直したりして、

これまたわからないことばっかりだったけど、

私の希望を叶えてくださいました。

別日にリハをすれば良かったなという反省はあるけど、

まぁ仕方ない。

当日だけでこれだけやってもらって流石でした。

 

そして共演者。

実は今回のことで初めましてだった。

ダンサーさんなんて、

出会って11日目には仕上げて本番一緒にやってたんだから!!!

でも全然会ったばっかりなんてもうどう考えても思えないくらい、

もう何十年も一緒にやってるみたいな、

お互い好き勝手なことやってるのにいつも一緒に笑ってて、

歳も違うのに何でも言いたい放題で愚痴って涙を流したり、

そんな中にも気遣いがあって、

リハしてても同じような感覚で呼吸が出来て、

私は色んなことですごくキツい本番だったけど、

表現する喜びというか作る楽しさというか

本当に一緒に感じられる本番だった。

本番以外の時間も一緒に車乗ってても楽屋にいても

何の苦にもならない仲間。

紆余曲折あって出会った仲間だけど、

最高だったと思う。

そして過去形じゃなく、

これからも続くと思う。

20201017_201020_9_20201021000401

出会えて良かった。

本当にたくさん色々なことがあったけど、

これで帳消しになっただけじゃなく余りあるくらい

この人たちとの出会いは

私にとって価値のあるものでした。

自分がおかしいんじゃないか間違ってるんじゃないかって

自身が信じられなくなるくらい本当にキツくてつらい日々だったけど、

それがあったからこの人たちと出会えたと思えば、

もうそんなことどうでもいい。

 

20回目でやっと成人式。

これからが本当に楽しみ。

ここからまた新しい世界が始まるような予感がしています。

応援してくださった

支えてくださった

一緒にいてくださった皆様、

本当にありがとうございました。

たくさんの反省点もありますが、

もっともっと努力してどんどん進化していきたいと思います。

これまでの20年に懲りず、

どうぞまたよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

20th recital

Received_629093614433033

Received_366084448080998

記念すべき20回目にしてこんなことが起こるの〜と言うくらい

今回のリサイタルでは色々なことがありました。

今までも雪が降ったりチラシが出来てきたら日にちだか曜日だかが違ってたり衣装を忘れてきたりカメラを忘れたり、

そんなことはたくさんたくさんあったけど、

ここまでのことはなかった!

ここまでこぎつけるのに本当に大変でした。

このブログでご案内できるような気分にもならなかったんです、正直。

皆さんもご存知の通りのこのご時世。

2020年に20回目というのをずらすという選択は私にはなかったので、

無観客でも開催はしようと思っていました。

でも結論として、

最低限での開催というよりも、

with コロナともいうのかもしれないけれど、

新しいことを取り入れて作り出すという発展形にして皆様にお披露目できそうです。

動画配信を取り入れて、

ただのステージを撮ったのものではなく、

動画として見た目も楽しめるものを作ろうと、

舞台美術さん、照明さん、道具さんにもご協力いただくことになりました。

ちょっとしたきっかけから、

ありがたいたくさんのご縁に恵まれました。

そして、新しく出会った素晴らしい仲間。

同じ感覚で色々言い合いながら楽しくリハをさせてもらってますが、

実は今回ご一緒するのは初めての方々。

まだ出会って2,3ヶ月、

ダンサーさんはなんと!初めてお会いしてから今日でやっと1週間!!!

それなのになんだかなんでも分かってもらえて、

すごく支えてもらっています。

一緒に作っている実感が、

すごく楽しい!嬉しい!

本当に大変だった、ここに来るまで。

人様にお見せするものなんかできないんじゃないかって

何度思ったことか。

疲れ切った日々でした。

でもやっと、

良いものができると思えるようになりました。

昨晩くらいから。

「終わったら泣いちゃうかも」ってお一方が言ってたけど、

本当に泣いちゃうかも。

嬉し泣きになるようにあと数日、

ニンニク食べて

頑張ります。

当日券もご用意できそうです。

ぜひ皆様ご来場くださいませ。

いらっしゃれない方は11/1からの配信をお楽しみに♪

20201011_213105249

本当にありがとうございます!!!!!!

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

Zen temple: Ryutaiin

ちょっとしたご縁で、

奥久慈の禅寺、熊野山 龍泰院さんに立ち寄らせていただきました。

Img_1619

雨でしたが遠くに見える月居山には雲がかかり

大変風情がありました。

20200926_135801336

凛とした本堂

20200926_131930864

天井絵が素晴らしく歴史を感じさせます。

20200926_131943925

七福神の一人、木彫りの布袋様。

20200926_131652825

お参りするとヘソクリが増えるらしい。

水戸黄門こと徳川光圀公もいらしたことがあるとか。

Img_1621

Img_1618 

客殿裏庭 龍門庭には、

背後の山から湧き出た水を落とした澄心池には錦鯉、

寒水石の石組みと皐月の刈り込みが美しく調和しています。

20200926_134847360

本堂でご住職にお話を伺い、

螺貝を吹かせていただきました。

私にはちょっと大きいマウスピースでしたが、

綺麗によく響きました。

20200926_134053545

このご縁がまた続きますように。

 

静かな時間でした。

心を落ち着けて穏やかに。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

About my recital

久しぶりにアロマを焚いて落ち着いた時間を送っているように思います。

しばらく、

本当に長い間、

心がざわついていました。

 

年に1回、毎年続けてきたリサイタル、

今年で20回目になります。

皆さんご存知のとおり、こんな状況ですが、

何とか開催することにしました。

10月15日(木)19:00開演 杉並公会堂小ホール

10月17日(土)18:00開演 ザ・ヒロサワシティ会館小ホール

です。

一般の方へのチケットは10月1日から、

私のホームページにて前売り券のご予約を承ります。

東京公演はかなり少なくなる予想ですので、

お早めのご連絡をお待ちしております。

東京公演は録画させていただき、

11月1日よりオンラインにて配信させていただきます。

ご都合が合わない方、遠方の方もご覧いただけます。

 

今年は20周年ということもあり、

前々から考えていましたダンサーさんをゲストにお迎えしてお送りする予定です。

だいたいは決まっていたのですが、

今日全曲確定しました。

私にとってのリサイタルは、

『研究発表』です。

これでスキルアップをし、

これで経験して、

今の私があると言っても過言ではありません。

ある意味自己中心的かもしれませんが、

それでもアイディアの湧くうちは、

自分のやりたいことを貫きたいと思っています。

お付き合いくださっている皆様、

本当に感謝いたします。

私はそんなに技術もないし、

プレイヤーとして上手なわけでもありません。

そんな私が演奏会をなぜリサイタルを続けるのか。

もちろん良い演奏を皆様にお聴かせする努力は最大限行っていますが、

新しいレパートリーの開拓や音楽の可能性を追求、

いろんな意味で研究していく役割が一番重要だと考えています。

もちろん私のやっていること全てが後世に残るわけでもないのですが、

簡単に言えばまず何かをやっていく人ということです。

説明が難しいけれど、

有名なコンチェルトやソナタは素晴らしい演奏家さんたちの演奏を聴かれた方が、

ずっと良いでしょう。

私は『開拓』『研究』するのが係だと思っています。

今回もある1曲を決めるのに、

何曲も楽譜を見て聴いて探して、

たくさん勉強させてもらいました。

私はいつもチャレンジャー。

いつも一生懸命、必死。

それで良いのです。

それが役目。

それが私。

それが20回目を前にして、

再確認したこと。

ざわついている場合じゃなかった。

もっと自分をしっかり持って、

ちゃんと勉強しないと。

とにかく最大限の努力をすること。

何事にも。

妥協はしない。

雪が降ってもプライベートに何があっても続けてきた。

それが私のリサイタル。

今回も頑張ります。

詳細は近々お知らせできると思います。

どうぞ皆様、

またよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2020年7月14日 (火)

Diary

20200714_142310753

久しぶりに

クリエイティブな感覚が

戻ってきたように思います。

思いがけず、

ある方から

お手紙と一緒に楽譜が送られてきました。

 

自分のやるべきこと・・・

 

 

そうです。

わかりました。

迷いはありません。

 

距離は離れていても

お会いしていなくても

理解し後ろから背中を押してくれる存在。

有難い。

送られてきた少しの言葉と楽譜。

こんなに私にとって価値のあるものは

ありません。

これは確かに

私の人生にとって必要なもの。

救われました。

 

先週から人のありがたみを

深く感じる日々です。

皆様、

ありがとうございます。

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

KANAism

今日は20周年の記念すべき門下発表会。

いつものことながら

先生としては忙しい1日なんだけど、

幸せな1日でもあります。

素敵なお花も頂戴し、

また少し

自分を取り戻させてもらいました。

7585518f2dd84c9292eeaf18136aed55

今日は(珍しくもないけど)涙が出てきました。

生徒の演奏を聴いても涙が出ました。

気がつけば門下発表会に限らず、

リサイタルでも何でも、

多くの生徒たちに支えられています。

もちろん育てなければいけないことも

いっぱいあるけど、

助けてもらってることも

いっぱいある。

それが20年間。

ありがたくて涙が出てきた。

皆さん本当にありがとう。

今日参加できなかった人も

ご協力いただいた皆様

どうもありがとう。

Aee87a43e36541f4bb282ccab9604337

たくさんの嬉しいメッセージと

贈り物を頂いて、

またありがとう。

A473c0694d544c89961d86e869394040

パーティも班目加奈カルトクイズ!で盛り上がって

お腹も心もいっぱい!

あとの大人二次会は

出会った頃はお互い若かった面々と

興味深い話しで

色々勉強になった!

DA◯のI端さん

お世話になりありがとうございました♪

 

年齢はかわったけど

いつも変わらないものがあるのが嬉しい。

また30周年に向けて

頑張っていきたいと思います。

今日はよく寝れそう。

40caa7f635584ee7b6503bb742380c60

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

An album of the week by Naxos Music Library

私のソロアルバム3枚
『雅』『ヴォカリーズ』『ファンタジー』
のストリーミングサービスが始まりましたが、
「Naxos Music Library」(日本版)トップページの
毎週1アルバムをピックアップしているコーナー
「今週の1枚」で、
2/7(金)17時より
「ヴォカリーズ」をご紹介いただくことになりました。
ぜひぜひみなさま
ご覧いただけましたら嬉しいです♪
ナクソス・ミュージック・ライブラリー(日本版)
トップページ https://ml.naxos.jp/
最新のストリーミングは、
ヴォカリーズ [2019 Remaster]/班目加奈 https://ml.naxos.jp/album/KMF-00001
ファンタジー [2019 Remaster]/班目加奈  https://ml.naxos.jp/album/KMF-00002
2019リマスター版ということで、
なんと!
録音当時よりぐっと音質が上がってる!
(私はな〜んにもしていないのに(^^;;)
この機会にリマスターバージョンも
どうぞお楽しみくださいませ!

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

Beijing life

今まで旅行をした中で唯一

北京は1人では歩けないなと思っていたけれど、

ちょっと動いてみました。

地下鉄もチャレンジ。

6998ece9c0ea48118921681f1e88b323

駅に入るのには

まずセキュリティチェック。

地下鉄の各車両には

赤い帽子をかぶった

警備員さんが見回りしてる。

ちょっと怖い感じがしたけど、

ある意味安全なのかもと

思ったりして。

高額紙幣しかなくて駅員さんに両替してもらったけど、

チケットも何とか買えたし。

5450b132b6664d95a54e84df913045c7 

タクシーはポケトークがあったから何とかかな。

助かったのは、

「おトイレに行きたいです」

「どこかで停めてください」

の時。

ポケトークなかったら

大変なことになってたよ〜(^^;;

 

ホントはもっと観光したかったのですが、

日本にいる時よりも忙しいようなスケジュールで

何も出来なかったのよね。

北京ダックはもちろん

いただきましたよ〜

Ee38f2927ae04b6b82bdf76b6c109eef

今回はローカルの方と動いていたので、

中国の事情、

色々わかりました。

音楽の世界のこともね。

あとはお酒!

5ac4abf39f97493abd76229d7c27fe46

白酒は毎回たくさん飲んでいたけど、

今まで二日酔いってなったことなかった。

だいたい度数は50度以上。

中国では50度以上のお酒は良いお酒だから

二日酔いにならないって言うんだそうです。

確かにそうなのかなぁと。

青島ビールでは見事に二日酔いだったけど、

白酒の時はやっぱり大丈夫だったもの。

量はかなり飲みましたが。

 

中国の面白さ

わかってきたかも!

中国語も

頑張るか〜!

 

 

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

Star Trek

4dd42dd692564125bb47086dabf6786d
今日はボス 真理子先生のところで

吹奏楽の夕べ。

プログラムの中に

スタートレックのテーマがあって、

ソリストでいらした佐久間さん。

ステージ袖を通りかかったところ

捕まえてお話を。

茨城県出身とプロフィールにあったので

どちらですか〜?と始まり

なんやかんやと盛り上がってしまいました。

なんと高校の時に入っていた市民吹奏楽団が同じで

ちょうど出る入るだったみたいで。

高校も近く

ローカルな話をひとしきり。

職種が違うので

同じラッパでもお会いすることがなかったようで。

同郷でこんなご活躍のラッパ吹き

嬉しいですねぇ。

 

私は高い音は昔っから苦手〜!

ラッパは高い音ばかりじゃない!

と言ってはみるものの、

やっぱりハイノートへの憧れって

ラッパ吹きなら誰でもあるんじゃないかな。

あんなに高い音が出たら、

楽しいだろ〜な〜と

自分のパート落ちそうになりながら

聴いてました。

「今度教えてくださいっ!」って

すかさず言ってしまったよね(^^;;

ホント、

ぜひ機会を見つけて

勉強させていただきたいわ。

きっと私にないものを

いっぱいもってらしゃるんだろうな。

 

穏やかで優しそうな方。

出会えてお話させていただいて

嬉しかった(*^^*)

新しい出会いに感謝です。

素敵な機会をくださったボスや

ご一緒させていただいた皆さんにも

感謝感謝。

| | コメント (0)

At the Central Conservatory of Music in Beijing

北京にある中央音楽院に

行ってきました。

日本で言うところの

東京芸大のような学校だそうです。

Fb20a4d155284259ab8995be1ea9757b

近代的な建物で

この教学楼の中に

レッスン室やリサイタルホール

教員室があるみたいです。

まずは大学院の修士の卒業演奏を

聴かせてもらいました。

54a216f6d83c4e3e9479637a2d9d16d3

このリサイタルホールで

1時間のプログラムです。

修士の卒業試験で1時間は大変ですね。

ハイドンを入れたプログラムが多いようですが、

きついね。

でも皆さん、

よく吹いていました。

日本ではあまり聴かないようなリリカルな曲も

プログラムに入れていて

ちょっと安心して聴けました。

採点はなかったので

のんびり聴けて、

中国の学生さんの感じが

よくわかりました。

そのあとはマスタークラス。

3ec883ebed274329bdaa934fb9c6f908

戴先生のクラスの生徒さんたち6人。

ピッコロでタルティーニ、

ハイドン、

ブラント、、、

国がかわっても

同じ感じです。

英語だったのでちょっと大変だったけど、

それぞれ色々レッスンさせてもらいました。

戴先生はとっても熱心な先生で

子どものように

生徒たちを教育していらっしゃいました。

すぐにお説教になってしまうけど、

学生もそれに応えようと

一生懸命ついていっているようでした。

161f79afa0184be8aa3428b9fafb20a9

英語でコミュニケーションがとれたので、

良かった。

アメリカでお勉強された戴先生とは

共通の知人も多く、

色々お話させていただきました。

ご縁に感謝。

マスタークラスの後は、

この日が年度最後の学校の日ということで

みんなで火鍋パーティ。

かなり遅くまで

盛り上がりましたね。

これもどこの国も同じ!

途中で戴先生が

「お願いがあるんだけど」って。

何かと思ったら、

私のラッパが吹きたいって!

どうぞどうぞって、

戴先生から始まり

北京のオーケストラで活躍中の

卒業生まで、

私のラッパ試奏&演奏会!

8112e089406846dbaa47afc9eb1ffc56

「いい楽器だね〜」

「これはどこのブランド?」

やっぱりこれもどこでも同じ。

楽器談義でひと盛り上がり。

ラッパ吹きって

酔っぱらうと真面目にラッパの話しだす(๑˃̵ᴗ˂̵)

BSCがこちらでも評判がとても良くて

嬉しかったな。

最後はまた

戴先生のお説教になってたけど、

楽しい有意義な時間でした。

8b20cd4b559549cb8845982850c7675a

戴先生はじめ

関係者の皆様、

どうもありがとうございました。

 

これから中国での活動も

増えそうな予感。

中国語やらやきゃと

思った夜でした。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧