2019年12月12日 (木)

about practice

私は基本的に音楽の才能がないので、

人よりもものすごく練習する人だと思う。

幸いなことに、

練習するとか

めげないとか

続けるとか、

そう言った才能はあるのかもだけど。

練習は好き。

まあ正直

めんどくさい時はあるけど。

楽譜を読む能力も

なくはないかもだけど、

人より遅いのは確か。

だから私は、

曲を決めたら、

楽譜が届いたら、

とにかく練習。

 

私の練習の仕方は、

ちょっと特殊かもしれないけど、

本番の近い順に

とにかく全部通す。

で次の本番のものは

全部さらった後に

もう一回通して、

1日に2回通せるようにする。

何個かの本番があるので、

そりゃとにかく

時間がかかる。

でもとにかく

毎日通す。

夜中の1時2時まで吹いていることも

珍しくない。

それでも

練習時間は

いつも足りないと思ってる。

いつも体力の限界だし。

でも不器用だから

仕方ない。

才能ないんだから。

 

楽譜を読むことに夢中になると

音楽することに対するエネルギーが

少なくなってしまうと思うの。

だから

さらうより

慣れろなのかも。

最大限長い期間

練習してるってだけは自信はある。

そして慣れてるって安心感もある。

 

生徒や他人に同じことを強要するつもりは

全くないけど、

絶対言えることは、

 

『練習は裏切らない』

 

やっぱり

練習は大事。

それは絶対。

 

自分は出来ないと思うなら、

とにかく練習。

最大限

練習。

それだけです。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

Girls alone

気がつけばもう

半年前の出来事になってしまったけれど、

ウェールズで

ガールズ・バンド楽しんできました♪

プリンシパルを務めさせてもらって

ソロも吹いてきました!

E7d5eb91979d4525bba7213a8fdd9eed

指揮はもちろん

ニック!

ポールの指揮で

ゾイの伴奏したり

0ede8c201e62472999e3ff9db01faabf

さすがのニックで

演出もあり。

ジェームズ・ボンドのホルン

かっこよかった!

0f7ea87fad3e4315bfce798de00784ac

どこの国でも誰とでも、

女子バンドは

楽しい!

パワフルで

明るく底抜け、

華やかで

繊細。

84e343f28d6b4e86af4586eba7ad973d

また一緒に

吹きたいなぁ(*^^*)

 

I miss you all!

Love xx

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

Zen concerts in Texas

今回のProject KANAのテキサス・ツアー

3公演は大学で。

10/22はTarleton State University。

4aa043fd3c4440889f888f014e998b32

お友達の勤務する大学で、

たくさんのお客様が

いらしてくれました。

2b7e3505ede449f794c2de3e15ebcc14

スタンディング・オベーションに

感謝。

02d07fd034164d9fbb82ef6f649e53a2

 

McLennan Community Collegeは

Wacoというところにあって

あまり日本の人がいないところのようで、

「日本人が来る!」と

日本の方が

大雨の中

来てくださいました。

24e6b1befeb24aa7a54642c0b73b19d4

05ba6c6cd54d48f08bfb3662114230fe

ありがたい!

 

Texas Christian Universityは

とっても綺麗な大学!

学食も充実!

74c10d09c9494bcdab4af248b0b78bc7

ホールもたくさん。

55240a8b92a942b9a420fa2359d50d4a

日本について研究している

サークルがあるようで、

そこの学生さん達も

来てくれていました。

 

これらはフルのコンサートだったのですが、

日本の吹奏楽の話や

水戸大使として

水戸の曲も演奏したり、

トランペットのコンサートというばかりでなく

日本の文化を

多方面からお伝えすることができたかなぁと思っています。

Ad48aa601f2c4fb9a9a333dd2a9066b0

今後どういう方向に広げていくか、

明確になってきたように思います。

そういう点で、

今回のツアーは

私にとっても大収穫でした。

経験を積むことって

大切。

勉強して考えているばかりでは

気づかないことが

いっぱいある。

どうぞProject KANAの今後も

お楽しみに!

 

今回のツアーを成功させてくれた

大切な友人

Leslie Spotzに

心から感謝します。

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

Masterclass in Texas

今回のテキサス・ツアーは

大学での公演があったので、

公演の前には

マスタークラスも。

999b26b54a764b118cf1792176c3eaee

通訳が付くと知って

それなら通常業務!

と安心していたけど、

F77cd5685cd545328d8be6a095904452

最後の1校だけ

通訳さんが遅れてると言われて

来なかった(@_@)

ガビーン!と思ったけど、

時間は待ってくれない。

やるしかないよね〜(^^;;

終了後友達には

「Kanaのクラスはわかりやすくて

絶対学生はみんな理解出来たよ〜」

と言われたけど、

そりゃそうだよ!

私の英語力じゃ

複雑なことは言えないもの

必然的に

シンプルなわかりやすい内容だったと思うよ(^-^;

 

学生さん達は

日本と変わらないと言えば変わらないけど、

のびのび吹いていました。

予想通りだけど、

たくさんの質問を受けました。

日本人の曲に

やっぱり興味があるみたい。

コンサートのなかでも

K先生はもちろん、

A先生とF先生の曲も演奏したし、

日本の吹奏楽事情なんかも

話してきましたよ。

 

学生さん達は

演奏会でも熱心にお手伝いしてくれて

良い子達ばかり。

F99c428f6dce4c3d9ef6ded78f59d665

A5fba178b19449adae4e4e084c4c8992

関係者の皆様、

どうもありがとうございました!!!

 

| | コメント (0)

Japanese nation anthem:君が代について

先日のリサイタルでは

旧水戸市歌があると知って

早速プログラムに入れましたが、

今度は『君が代』!

今の『君が代』より前の『君が代』が

あったんですね〜!

日本初の吹奏楽団「薩摩藩軍楽隊」を指導していた

アイルランド出身のイギリス軍楽隊長

ジョン・ウィリアム・フェントンが作曲。

明治3年(1870年)

薩摩藩楽隊により初演されています。

 

「日本に国家がない!」

と知ったフェントンが、

そんなのダメだ〜っと言うことで

政府に訴え、

作曲することになったんだそうです。

歌詞があれば作曲する!

と言ったそうですが、

フェントン本人は

実は日本語の歌詞を知らずに作曲したらしく

歌詞に合わない!

と言うことで

明治13年(1880年)に

宮内省怜人長の林広守が作曲、

明治26年(1893年)祝日大祭日唱歌として公布され

事実上の国家になったんだそうです。

 

前の『君が代』

どんなだったかって、

気になりません?

コラール風の綺麗な曲です。

来週の演奏会で

演奏するカモ!

と宣伝してみたりする(^_^;)

興味のある方はぜひ!

お待ちしております!!

確かに日本語の歌詞には

はまらない感じが

わかるカモ(^_^;)

Fb_img_1575364009929

フェントンが来日したのは明治2年(1869年)

ということで、

ちょっと話は逸れますが、

日本に管楽器が初めてやってきてから

今年は150年目の記念すべき年なんですよ!

吹奏楽や管楽器をやっている人は

知ってた方がいい豆知識でした!

チャンチャン♪

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

A beautiful town; Stephenville

テキサスで主に滞在してたのは

Stephenville という

小さな村。

牛と馬ばっかりだよと

友達は言ってたけど、

ホントそんな感じ。

84bf2620addc40b99767647194252719

夜9時には

レストランとか閉まっちゃう。

スタバ1軒、バーも1軒。

ロデオ見たい!と言ったけど、

タイミングが合わなくて。

でもレストランとかに行けば

カウボーイハットをかぶった

素敵な人がいっぱい。

私もカウボーイハット欲しくて

カウボーイハット屋さんに行ったけど、

頭の形が合わないの!

カウボーイハットは意外にかたくて、

そのうち合いそうな雰囲気もなくて

泣く泣く諦め、

ウエスタンブーツ!

と思ったけど、

大人用は大きくて

子供用は小さくて。

1着だけ見つけたXSのシャツを

買ってきた。

食べ物と言えば

ハンバーガー!

そして、

テキサスの州木 ピーカンのナッツ。

で、ピーカン・パイ(下の手前の)。

ハンバーガーの奥に見えるのは

ピクルスのフライ。

ビールに良く合う!

Fce681d07f4643ec9014b572b773379d

でも飲み物で美味しかったのは

フローズン・マルガリータ。

ポテトにもチリがのってる。

733cc7533dfd4b6a86336d1fda59d347

この辺りの名物

チキンフライドステーキ。

と言っても

チキンではなくビーフ!

それに胡椒の効いたホワイトソースの

グレービーソースをかけて(この写真は下にある)。

2c6087d3e0db45e8b44592e7ad6e9ade

どこでもチリがある。

コーンのフライも

ちょっと甘くて美味。

1cea34f9d3b44768a92a0450485ffeed

もちろんメキシコ料理も

食べました!

名前は覚えられませんでした(^^;

すいません!

542fca06a88247399741e589360fd3fc

最後の夜はもちろん

テキサス・バーベキュー!

08b2a63aeb4e452a83da024af97fc1b3

お友達と

おともだのお友達に支えられて、

美味しい日々でした(*^^*)

A0fd527e005940f1812e8636e33836f1

↑ 昼間から飲んでご機嫌顔。

もちろんこの後

練習したよ(^^)v

続く。

 

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

Zen concert in Dallas

やり残したことを片付けるべく、

少しずつさかのぼって

記事を書きます。

 

先日のProject KANAテキサス・ツアー初日は

ダラス。

D03060c1fb764f5192157ac53121d824

カワイ・ピアノ・ギャラリーのホールにて。

赤いピアノが素敵。

E345202320b045d28a5cbbfee9fbf0f4

開演前には

ロビーでレセプション。

日本・アメリカ・ソサエティの主催公演だけあって、

美味しそうな日本食が並びました。

演奏前なので我慢!

お腹がグ〜(^^;;

B77942c08c9745c3812c9324ec6ac280

日本語をお話しされる方もたくさん。

初日だし念入りに打ち合わせ。

7d11d825df5e4b1bb2a1a64a98db77fc

友達にはたっくさんの気を使ってもらった。

ホントありがたかった。

皆さん、

どうもありがとうございました。

3252fbac262944ec93a9779051f904a8

本番後のお楽しみは

Tex-Mex。

テキサス料理とメキシコ料理のミックスってこと。

楽しく美味しく

いただきました。

新しいお友達も

たくさん出来ました。

D3e7900ac4c04d2eb1534ee1feadf880

夜はそんな

お友達のおうちに。

なんと!

プール付きの大豪邸!

C60606c4968a4a3bb992db4814835fd0

お世話になりましたm(__)m

帰り道には

おっきな日本食スーパーで

こんなのまで満喫しちゃったもんね〜。

941ead1f2cd742d5bfae8e385e26d9f1

続く。。。

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

My home in Texas

何と!

テキサスに来ています。

ピアニストのお友達のおうちに

滞在しています。

素敵なおうち。

07d6022f9f824d1e9aeb9f2fe2b69e6f

練習し放題だし!

ありがたや〜

 

お礼に

ピアニストのIくんと

日本食をお料理。

28194c6016fd4f628cbcb11e69d75409 

ラッパ吹いてる時より

真剣な顔!

ほぼスーツケース1個分の食材を持ち込んで

さらにダラスの日本食スーパーで

大人買い!

天ぷら、

そば、

ちらし寿司、

出汁巻き玉子、

ラーメン、

おでん…

Ddd6add6d6714955915023b8c6b0fc7e

暇さえあれば

料理してる感じ(^_^;)

でも、

"Amazing!!!"

"Yummy!!!"

とお友達ファミリーが

毎回大喜びしてくれるので、

嬉しい!

お友達ファミリーは

友達を筆頭に

陽気で底抜け。

とっても居心地がいい!

私のうちはあなたのうち

と、

自由にさせてくれるから、

ホントにありがたいわ。

73660237d0f6484cab5a7ba3f0d5feb7

かわいい人たちで

大好き。

街はハロウィン一色。

14c482ec174f456c92f7978b39c2475e

色んな装飾したおうちと

私の趣味の

お墓。

ん〜楽しい!

英語も大変だけど、

何とか仕事もしてますよ〜!

F84c7e9a0669436eafa68db2380e948e

 

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

I did it!

1571400419911

今年もリサイタル、

水戸そして東京公演とも

無事終了いたしました。

皆様応援ありがとうございました♪

東京公演は台風前夜となり、

開催自体も心配されましたが、

何とか雨がひどくなる前に終演。

巻きで巻きでと

言いながらやっていたわりに、

終演がぴったり21:00で、

ぜんぜん巻いてないじゃん!

という感じでしたが、

しっかり打ち上げまでできて良かった!

元生徒をゲストにというのは

楽になるだろうなと

楽しみにしていたけれど、

全くそんなことはなく

むしろ人数が多くて

スケジュールの調整も大変!

予想外の大変さ(^o^;)

でも

なかなかの評判で

安心しました。


こだわった選曲も

良かったみたい。

P.L.クーパーのコルネットソロが

皆さんに大好評。

旧水戸市歌も、

素敵なアレンジで良かった!

なので、

他の編成でも

アレンジお願いしちゃった!


反省は

いっぱいあるけど、

東京オリンピックファンファーレ。

ちょっと甘くみすぎてた。

もっと奥が深かったのよ。


それからサウンド作り。

同じ楽器4本は

やっぱりバランスが難しい。

それにブレンド感。

逆に

楽器をそれぞれの曲やパートで

変えた方が良かったかもしれない。

アンサンブルはソロよりもずっとずっと

手間がかかる。

また10年後、

生徒ゲストバージョンが

出来るかな?

それまで、

生徒の皆さんは大きな成長を、

そして私も

微々たる成長と

年と共に退化しないように

がんばらなきゃだな。

それにしてもまぁ、

生徒とのリサイタルは嬉しく、

また大変ありがたいものでした。

出演してくれた元生徒たちにも、

応援くださった皆様にも、

感謝いたします。

どうもありがとうございました。

翌日から台風の影響で、

日本のあちこち

して

私の大事なふるさと水戸でも

大きな被害があり、

情報を集めたりしても

何も出来ない歯がゆさと

心配と、

複雑な心境です。


早く穏やかな生活が戻りますよう、

ただただ祈るばかりです。

そして今は

テキサスに来ています。

今晩が公演初日です。

4回のリサイタルと

3回のマスタークラス。


時差ボケで早く起きた朝に

これを書いています。

少しスケジュールには余裕があるので、

またこちらの報告も

アップしていきたいと思います。


とにもかくにも、

皆様に感謝です♪

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

Recital in Mito

20191006_004108960Received_388231158561395_20191006102901

19回目のリサイタル水戸公演

終わりました。

今年は元生徒を迎えて

ラッパアンサンブル。

応援してくださった皆様、

今回も

どうもありがとうございました♪

とにかくいつでも

成長した姿をお見せできるように

日々努力していますが、

難しいこともいっぱい。

思うところはたくさんありすぎます。

今回考えていたことは、

お客様を飽きさせないこと。

音楽に変化を持たせて、

間合いもコントロールする。


同じ楽器を吹く人が4人。

イメージする

サウンド感と流れにするのは

難しい。


合わせの時間をとるだけで

大変な騒ぎ。

そして

ソロ

デュエットに

トリオに

カルテット、

3人は4本ずつの楽器を、

そしてそれぞれにミュート。

道具の多さにセッティングだけでもてんやわんや。

次はどれ使うんだっけ?

となってそれが4人。



それぞれが勝手に鳴らすだけじゃ

アンサンブルにならない。

伝えることも難しい。

育てたい気持ちもあるけれど、

押しつけるのもね。

難しい。


応援してくださる

皆様のおかげさまで、

忙しくて写真撮れなかったけど、

舞台に吊るすお花のプレゼントもいただき、

素敵なステージになりました。

旧水戸市歌、

ちゃんと録音して、

水戸の何かのテーマソングに使ってもらったら?

なんて話も飛び出して。

それもいいね!


とにもかくにも

ありがとうございました。


あと一回。

次は杉並公会堂。

私はまず

忘れ物ないように(^o^;)

気を引きしめてまいります。


水戸公演を応援してくださいました皆様、

いつもありがとうございます♪


| | コメント (0)

より以前の記事一覧