2018年6月15日 (金)

My new job???

My new job???
先日来日した素晴らしいアーティストさんとこのところ一緒です。空港にお迎えに行ったり、もちろん共演もして。今日はなんと彼の通訳係。ちゃんと役に立てたのかなぁ。せめて邪魔をしていなきゃいいんだけど(^_^;)

途中のぞきにいらした彼のお父様が、私の仕事ぶりを撮って送ってくださいました。と思ったら、私と彼の洋服の色合いがいい感じにコーディネートできていたから撮ってくださったんだそうな。打ち合わせたわけじゃないけど気が合ったってことで。

仕事ぶりはというと、今までよりはずいぶん話せる気がするけど、まだまだだめだぁ~。でも、彼にお世辞とは思うけどほめられたりしてルンルン♪もっと勉強しなきゃなぁ。

それにしても世界が広がってきて嬉しい!考えてみれば、前回なんちゃって通訳をしたのはカナディアン・ブラス。何だか大物ばっかりだなぁ。もっとがんばろっと!次は誰かな?なんて言ってみたりして!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

Tea class in Mito

Tea class in Mito
Tea class in Mito
先日のいいお天気の日にお茶のお稽古に行ってきました。

行くたびに私には新しいことばかり。暖かくなってきたので、釣釜だそうで天井から釜がぶらさがっていました。炭を少なくして、出来るだけ部屋が暑くならないようにする工夫だそうです。五徳(炉の中で釜をのせるもの)を取り外して上からぶら下げるので、炭に近くセットできるために少ない炭で済むんですって。そしてあまり下に釜があるお湯をくみにくいので、もちろん高さ調節可能です。その仕組みもすごくシンプルでびっくり!色々なことが合理的に考えられているので、いつも驚かされます。よく考えたもんだわぁ。そして先輩はまた変わったお手前を。見ているだけでもお勉強になります。

私はというと、前回からお茶が泡立つようになったと喜んでいましたが、早くも壁に激突の予感。言われるがままにやっていた前回から今回は少し考えながらやっていたら何だか出来てたことも出来ないような。ビギナーズラックは通りすぎたということでしょうか(^_^;)相変わらず足はしびれるし、全然ダメダメです。私の素敵なお手前はいつ見られるようになるのでしょ~???

とにかく何事も経験!少しずつでも続けて行くのが目標です。先は長いのぉ(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

My tea whisk

My tea whisk
My tea whisk
My tea whisk
今日はお茶のお稽古。最近、お茶関連のネタが多いですね。私には新鮮で、そして奥が深い世界で色んなことが楽しいんだもの!

今日は暑かったので、お釜も暑い日用なんだって。火を見なくてすむように、羽根みたいなのが付いてる。透木釜というそうです。あちこちに季節感がある。それも私が好きな理由。

今日の茶花は、大山蓮華。中はピンク色だそうですが、このつぼみも何とも言えず素敵です。千利休が愛したお花の1つということで茶花としては珍重されてるお花だそうで。茶花というのも最近知ったのですが、華道のように華やかなものではなく、野花などを一輪生けたりするんだそうです。いつもシンプルだけど、何だか趣がある。掛け軸も芭蕉さんで、親近感があります。

そしてなんと、茶筅を購入しました!マイ茶筅。これで自分でもお茶が入れられます♪っと言ってもお作法なんてまだまだ。しびれる足と格闘しながらなので、ちゃんと入れられるかといったら全然なのですが、気分だけでもね。次の海外では持っていこうかなぁなんて。でも、今日はうまくお茶がたったような・・・。亀さんよりゆっくりの歩みですが、がんばります!

和つながりで、今日ちょっと嬉しかったこと。先日、生徒さんにお子さんが生まれたのですが、お名前が雅ちゃんなんですって。雅と言えば私の3枚目のCD。気合いの入った力作なので、そんなこと考えてなかったとは思うけど、何だかご縁があるようで嬉しいな(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

A memorial service for tea-whisks

A memorial service for tea-whisks
A memorial service for tea-whisks
A memorial service for tea-whisks
A memorial service for tea-whisks
最近始めたお茶のお稽古ですが、今日は、徳川光國が最後に建てたお寺さんでの茶筅供養に参加させていただきました。

ここには茶筅塚があって、このお茶の会の先輩方の慰霊と共に茶筅の供養をされているとのこと。私はまだ茶筅にはほんのちょっとしかお世話になっていない初心者ですが、ご一緒させていただいて興味津々、いい時間を過ごすことが出来ました。

何もわからず伺いましたが、とっても素敵なお寺さんで、こんな素敵なお寺が水戸にあったんだぁ!ということにもびっくり。参道の素敵さと言ったらもう!私の下手な写真でもおわかりになるでしょう?雨が時折ちらつく肌寒い曇り空の下、先生とのんびり歩いて、「あの向こうに桜が見えていたらもっと良かったわね。夏はひんやりと涼しいのよ。」とお話ししましたが、今日でも私には十分素敵でした。本当はここを通って中に入る予定でしたが、ナビで伺ったらお寺の横の駐車場に案内されてしまって、参道を通らず本堂前に到着してしまったので、ご供養のあと入口まで戻ってやり直しをしました(^_^;)皆さんも参拝されるときはお気をつけくださいね。

とはいえ、昨晩の嵐の後でも垂れ桜がまだ頑張ってくれていて、上にも桜、下にも桜の中、お茶と桜餅を頂きました。私はホントに何もわからずで役立たずでしたので、2回もお客様になって頂いてしまいました(^_^;)私もそのうちちょちょいとお茶をたてられるようになるのかしら???

それに皆さん袴にお着物で、着こなしもじろじろ見てお勉強させていただきました。うちは母が着物を着る人ではなかったので、そんなに着物がないのよね。買うのにも何をどう買ったら良いのかもわからないし。最近はお洋服よりも着物が欲しい!着物もちょちょいと選んで着られるようになりたいわ。

あ~まだまだだわぁ~・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

Japanese culture

ハードな1週間がやっと通り過ぎました。キツかったけれど、色々なことを感じたり考えたりしていました。

合間をぬってお茶のお稽古。私はまだまだほとんど言われるがままに動くだけだけど、将来は簡単に外国でもお茶を立ててふるまえるのが目標かな。とりあえずの目標は忘れない程度に離れないでいるという低い目標だけど(^_^;)

富士山の形の御釜。
6e3b43cc3e49416a8e0630812c2f8820
外は梅柄、中はこんなに情熱的。
F1aa136cd02f4040802652f5508c71c0
先輩が奉納するお茶を練習されるのも見学。お道具も違ったりして。まずは色々あることを知ったというレベルですが(><)
89754193d871414eb777aefc0550d9f9
とにかくこうやって、触れていることが大事だよね。
A685aee93ead44fd82e0096fdce9c78f

ある学校の卒業式のお仕事もありました。毎年お手伝いをさせていただいていますが、その学校の卒業式はとってもきちんとされていて省略されることなんてない2時間半の長丁場。礼法を学んでいるのでお辞儀や振る舞いがも素晴らしいし、日本の昔から続く伝統を大切にした厳粛な式典という感じです。今年は、その学校のある学科では初めての卒業生を出すということもあって、その学科に協力いただいたアメリカの大学の先生たちが出席されていました。そんなお式に参加されて、興味津々でご覧になっていたその先生方、どんな風に思ったのかなぁと。本当は事細かにご説明差し上げたいくらいでした。アメリカではこんな卒業式は考えられないだろうな。これもまた日本の文化だなぁなんて。

日本の文化は深い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

at the theater

at the theater
ご縁があって、昨日初日を迎えた舞台を観に行ってきました。三谷幸喜さん作・演出、中村獅童さん主演の「江戸は燃えているか」です。こんなに話題の作品の観劇は人生ほぼ初めてですね。

喜劇とのこと、どんな感じなのか楽しみに行きました。特に後半は無意識に次々笑い転げてましたね。役者さんも演出もさすがです。チケットはもしかしたらもう取れないかもですが、もしチャンスがあればぜひ行ってみてください。おすすめです。

同業というわけではありませんが、世の中全体を考えれば近い業種。大変勉強にもなりました。

新橋演舞場だったのですが、開演前や休憩時間にお弁当などを食べると言うのも新鮮でした。音楽会じゃ普通は飲食禁止ですものね。似ているようでやっぱり違います。お相撲も食事しながら観るんだから、それが日本文化なのかなぁなんても思いました。あとで調べてみよっと。

このご縁を大切に、獅童さんの歌舞伎も観に行ってみたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

Hakama ; a kind of Japanese Kimoto

先日、男物の袴の着付けを習ってきました。いよいよ私も男装を…ということではありません。着るのをお手伝いすることになりそうなのですよ。袴はそんなに難しくないと聞いていましたが、ハイ、何とかなりそうです(^^)v また日本の文化の良いお勉強になりました。

袴はキュロットスカートのように分かれているのが普通なのかと思ったら、それは馬乗りと言って、その名の通り馬に乗る用で、紋付で正装として着る場合には、スカートのように分かれていないものなのだそうです。馬乗りの場合、着物の裾をまくし上げて分かれるようにしなければいけませんが、スカートのような状態だとそれをしなくて良いのでそのままで簡単です。それに、着物のにもお端折りがないですから、着物よりちょっと簡単な印象を受けました。帯も浴衣の時の文庫みたいだし。覚えなければいけないのは、袴の紐の扱いですね。

帯にX字型に引っかけて落ちないように固定したり(なるほどですね)、
Img_0800
くぐらせたり折ったり巻いたり。
Img_0801

そしてびっくりしたのは、紐のたたみ方もある!パズルとか知恵の輪みたい(^^;)
Img_0802

とにかく、やっぱり着物は平面にたためるということです。そして手でキチンと伸ばしてしまっておけば、アイロンもいらないと。

日本の文化はスゴイねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

My culture day

My culture day
今日は父と上野デート。博物館と美術館に行ってきました(おやつとランチ付)。父と美術館なんて、何年ぶりだろう。子供の頃はよく行ったけどね。

博物館では春日大社のお宝をたくさん観てきました。しばらく前から日本のことを色々勉強しているので、とてもいい刺激になりました。子供の頃は歴史と言ったらもうとにかく大嫌いでもっとも苦手な教科だったから興味も何もなかったけれどね。今となってはもう少し勉強しておけば良かったかな。興味ある分野だけね(^_^;)でも日本の文化はホントに独特ですね。こういう過去があって今現在があるんだと何故か実感しました。外から日本を眺める機会を持てるようになったからかな。

そして、もうひとつはティツィアーノ。ティツィアーノの作品は4つくらいしかなかったんだけど、こちらも色々なことを考えながら観ましたよ。

どちらにしても、文化の元には宗教があって、無宗教の私にはそういう考えは今までなかったけど、西洋音楽をやっている以上、キリスト教はやっぱり重大で、そして私は春日大社の歴史的なお宝が物語っているそんな歴史の中から生まれ育ってきた日本人で。。。なんてね。

その後、何となく行き詰まっていた私の頭の中に、色んなアイディアがどんどん浮かんできました。片っ端からたくさんの調べもの、あちこちからあれを出したり、これを引っ張りだしては吟味。丸々5ページ分の英作文。もちろん練習も。

大変なこともいっぱいあるけど、何とか乗り切ろうってパワーがわいてきた。ラッパ吹いてばかりの1日ではなかったけど、なんかとってもいい日だったな。私にとって。また明日からもがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

Red tape

「お役所仕事」とよく言われますが、今までの私の生活の中ではあまりそのことで影響を受けることはなかったかと思います。今年の秋、いくつかの地方でリサイタルを開催するにあたり、後援の申請等でいわゆる「お役所」さんと関わりを持って少し話をしました。

私の場合、もちろん演奏会ということですが、同じ書類を提出していても、地方自治体によって、分類も受け取り方もこんなに違うのかと驚いています。演奏会を企画運営する立場としては、とてもいい社会勉強になっていますね。批判するつもりはないので、あまり詳しくは書きませんが、対応件数が少ないこともあるのかもしれませんが、地方自治体の方が柔軟な仕組みと考えで、特に文化面への理解があるように感じました。大都市の自治体では多くの部署をたらいまわしされ、結局、審査の基準にしても対応にしても、なぜそうなのか理解に苦しむました。どれが正しいのかはわかりませんが。

文句がいいたいわけではありませんよ、くれぐれも。私が想像していた対応と真逆に近い対応に結果だったので。とっても意外でした。

固定観念で物事を判断しちゃいけませんね。やっぱり色んな事、経験してみるものです。頭が固くならないように気をつけなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

God of Horn

今日からマルクノイキルヘンというところです。

夕方リハがあって、今まで観光モードだったので、鳴らないしはずすしバテるし楽譜読めないし、皆さんに大変ご迷惑をかけてしまいました。だめだ・・・。明日は気持ちを切り替えていかないと。

そんなグデングデンの私でしたが、今日は大家さんのお友達のペーター・ダムさんがリハにきてくれて、さらに一緒に吹いてくださいました。ダムさんと言えば、ホルンの神様と言われる人。お歳をとられても、やっぱり桁が違います。

P1040238

ダムさんは、我が家のトイレに貼ってある写真で毎日見ていましたから、親近感がありました。とっても優しいおじいちゃんです。

Kimg0616

やっぱりいい音楽ができる人は人も素晴らしいんだな。私はまだまだ修行が足りない!もっともっとがんばらなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧