2023年8月19日 (土)

workshop in Ipoh

ペナン島は島ですが、

メインランドと島を繋ぐ橋が2本あって、

車でちょっとでメインランドに行けてしまうのです。

そのまま真っ直ぐ行くと、

南はクアラルンプールやシンガポール、

北に行けばタイに行けるんですよ〜!

通行量が多くて2本の橋になったそうで、

片方の橋を通っていると

もう1本が見えます。

8c0b5b36c7e440dda903d372ea35d573

この日もいいお天気で

ドライブ日和。

8658206edde64adea692d2177ae1522a

パッと横を見ると、

バイク専用の道が。

バイクの多いところだから、

これ大事よね!

34e6acd6effa42c0bd65b8acb8d19e5e

道中にはもちろんサービスエリアが。

日本と違うのは、フルーツ屋さんみたいなこと。

たくさんの南国フルーツが魅力的。

そしてトイレだけじゃなく、

シャワールームもある!

暑いからいつでもすぐシャワーって文化なのかな???

69de5883891341cb8efb77246521906b

イポーはとにかく山山山。

食べ物も美味しくて、

可愛い女性が多いと言われるらしい!

最近できたという人気のカフェに

連れて行ってもらいました!

観光客でいっぱい😅

8c401fcf6c0c491081ee78f822a675da

イポーはホワイトコーヒーというのが有名で、

私も明るい時間だったので

普段は飲まないコーヒーですが

美味しくいただきましたよ〜。

その日の晩にワークショップを。

主催のKinta Valley Symphonic Societyさんは

下は11,12歳から大人まで、

幅広い層で音楽活動をしていらっしゃるようです。

素晴らしい活動の様子も見せていただきました。

De9769fe432548128e155703d420b9f1

次回は一緒に演奏できるかな???

感謝状もいただいて

大変嬉しい時間でした!

C34eabf08b254e4396e488783f58a530

私の怪しい英語も、

時々、日本からの留学生のお嬢さんたちに助けてもらって

助かりました〜!

Ipohの皆さま、

どうもありがとうございました!

夜はもちろん名物の鶏ともやし!

外側だけでなく内側も

ちゃんといただきました。

どれだけの鶏から取られたかわからない

濃厚な鶏スープがとっても美味しかったわ〜!

B772292281ef44459a79abf9cea2c418

翌朝は飲茶。

やっぱり食べ過ぎ。

Img_8585

密度の濃過ぎる時間に

感謝でした。

Img_8053

| | コメント (0)

2023年8月11日 (金)

different culture experiences

道中というか、

お友達がご飯に連れて行ってくれたりして、

途中途中でちょっとした観光も連れて行ってもらってる。

大概の観光地はすでに行っているので、

今回は比較的ディープなところが多いです。

 

これはファミリー毎に桟橋の上、

要は海の上で暮らしてるところ。

各桟橋は、

その画族の名前がついてる。

お店とかがあって

観光客も楽しめるけど、

人々の日常生活もあります。

桟橋の様子は

ビデオを撮ったので、

あとで編集して

Tiktokにあげる予定です

(いつになるかわからないけど💦)。

お暇な時に覗いてみてください!

Ce097c6c2b5745c4842a2e08237ddaf0

孫悟空のお寺があったり、

おしゃれなカフェも、

ホーカーセンターもありましたよ!

Img_8247

この絵はどうやって描いたんだろう???

 

イスラムの文化にも触れてみました。

マレーシアの文化は大まかに

イスラム、中華、インド系のミックスです。

ペナンは比較的中華系が多いのかな?

まずは食文化から。

マレー系のエコノミーライス。

辛いものが多いけど、

お野菜がいっぱいあって

久しぶりに生野菜食べました!

とはいえ、

なんだかわからない葉っぱたち😅

7eb1e568ba1f412b8077b5f70c9fd1eb

腹ごしらえの後は、以前から気になっていた

タンジュン・ブンガの

フローティングモスクへ。

海の上に建っていて

満潮時には海に浮いているように見えることから名付けられました。

お祈りの時間じゃない時は、

受付で名前と国籍を書いて、

中も見学させてもらえます。

一応、肌の露出の少ない格好をして行きましたが、

ヒジャブをかけてもらいました。

簡単に巻いていますが、

意外と落ちなくてびっくり!

白を基調とした建物で、

とっても綺麗でした。

Activitymored4512044659e434585cde8c987c4

ステンドグラスの下には、

一日5回のお祈りの時間が

ちゃんとデジタルで表示されています。

3e67f59d53c4486486b6589459c6b150 

女性のスタッフさんが、

色々と説明してくれましたよ。

 

ローカルの市場へも行きました。

本当にものに溢れてる。

海外に来ると、

何をもって「豊か」というのか

いつも考えさせられます。

01092cf8e36e49348b13932a9df345a4

市場にはたくさんの猫ちゃん。

子猫が私懐いてくれて

足元をうろうろ。

猫ちゃんたちは新鮮なお魚を山盛り。

日本より贅沢???

Img_8296

大きな鮫も売られていました!

約1,000円!

 

以下は私のディープな趣味の世界。

これは中華系のお墓。

Img_8334

そしてこれはマレーのお墓。

Img_8410

マレーシアでは土葬と火葬が確か選べるのかな。

土葬はたくさんの面積を要するので

土葬の方が高いらしい。

そしてこのマレーのお墓、

結構墓石の感覚が狭いなぁと思ったけど、

聞いた話によると、

なんと棺に横たわった状態でなく、

布に包まれて立った状態で埋葬されているんだとか!

聞いてびっくりしたけど、

その方が面積は少ないし

効率良い???

なんかゆっくり休めなさそうだけど、

あちらの世界でもアクティブに活動できそうで

それはそれでいいのかなと思ったりして。

 

異文化って、

ホント面白い!

| | コメント (0)

after long time, Penang!

久しぶりのペナン。

やっぱり旅行にでも来ないと

ブログを書く気にならない!

もうこのブログは、

私の旅行記ということでいいね。

 

ペナンに来るのは4年ぶり。

変わらないような

変わったような。

着いて早速、

中高生たちへのワークショップ。

Img_20230806_150900

この島では、

プロフェッショナルの音楽家というのがいなくて

皆さん兼業で演奏活動をしています。

だから専門的な指導を受ける機会は

ほとんどないようです。

ちょっとシャイな生徒さん達、

終わった後にたくさん質問に来てくれたけど、

私の英語力が足りなくて

適切なアドバイスをしてあげられなかったかも。

もっと勉強しなきゃって

また思いました。

Img_20230806_171133

先生方にもたくさんのご協力をいただきました。

謝謝。

Img_8204

終わった後はもちろん

ホーカーセンターでローカルフード。

939b646ec9ef4b68989b1b9d2d602974

色々お話できて

やっぱりこういう機会は

ありがたいね。

またすぐ来られそうな感じ。

次の機会が楽しみです。

 

もちろん暮らしも楽しんでいます。

食べて食べて、

飲んでは寝て。

2ef46ef4c3a84ffa98578052caabaa2d

揚げた小さめのジャックフルーツ。

とっても甘い!

Cempedakというフルーツだそうですが、

これはCempdak kingという

特別美味しいのだったみたい!

Tuakというココナッツのワインや、

まさかの生牡蠣!

ニョニャ料理、

大好きなラクサも

マンゴーも。

毎日食べ過ぎ。

日本帰ったら、

しばらく絶食だな、こりゃ。

| | コメント (0)

2022年11月14日 (月)

The debut! Mito City Civic Center

新水戸市民会館が来年オープンします。

Img_34a8abd37b091

エントランスだけだけど

見せていただけるというので、

行ってきました!

Img_f91c7ba519471

想像よりずっとずっと素晴らしい空間でした。

たくさんの人が並んで入る感じで、

皆さんやっぱり興味があるのね〜

動画はたくさん録ってきたのですが、

いい写真がなくてごめんなさいだけど。

ホールの中は見られなかったので、

写真をちょいと。

89a6b2a8df624c7292bbabc0918b9a45

8f258e75839c4f979e2b9690f4d54b5f

再来年2024年に、

私がホストで大きなイベントを企画しています。

本当に素敵なところで

楽しみだ〜!!!

 

後ろの芸術館のお庭でも

イベントをやっていました。

C17e30772f3647c48d847028e5efecfb

こうやって水戸が盛り上がっていくのは

やっぱり嬉しいね。

私もそのお手伝いをできたらいいな。

なんて、

興味関心はこういうのばっかりだったりて・・・笑

Fdfe024b419548cb95226f96f6d1e111 A828e01b7f0b467b8e016f5a02d9f161

私は音楽を通してだけど、

み〜んなが元気になること

やっていきたいね〜!!!

| | コメント (0)

2022年11月12日 (土)

Ikigai concert in Mito

というわけで7月に開催したリサイタルシリーズは、

Project KANAによるIkigaiというコンサートで、

初回は水戸駅北口のペデストリアンデッキでした。

お休み処にステージを設置して

多くの方々の協力を得て、

雨も最後の頃にパラパラくらいで暑くもなく

なんとか開催できました。

08c8f3876cba47c88d2bcf94846c9b5a

前日夜に水戸に入って、

到着後はまわるお寿司!

みんなお皿をすごい積み上げてた笑

644f47ce0e384f6eb0fb9614e6938f7e

自動で届くお寿司たちに大喜び!

このIkigaiというのは、

皆さんに気軽に音楽に触れてもらって

そして元気になってもらおうというもので、

駅前という立地もあり、

通りがかりの多くの皆様にお楽しみいただけたかと思います。

337390b1950a4a5ba45410413582f2c9

水戸大使として国際交流やら

水戸の皆様に何か恩返しできること、

考えてやったつもりですが、

逆に私がたくさんたくさん助けてもらいました。

地元って本当にありがたい。

1732f674a63d415990be8300617da694

同級生にもいろんな形で助けてもらって、

627945394bdb4396bfec3dd7987ec670

久しぶりでもやっぱり同級生は同級生だった!

3f9e4f4254524675ac7eaca34350d815

実はまだ事後処理が終わってないけど、

おかげさまで達成感いっぱいです。

Ba601881d5674b05ac5f06f759a45334

関係者の皆様、

本当にありがとうございました。

事が済みましたら

関係者の皆様には正式にご報告させていただきます。

その夜も楽しく、

C9e483dc20e446db8111dc92adfe7c7c

スペインからのゲストだけに

2次会はスペイン料理店で。

酔っ払った〜笑

帰りは弟子と弟子のお父様に

ちゃんとお家まで連れて帰ってもらいました。

90b98aacde214b4384336f5c62b9e9ed

翌日は長ーいおうどん。

Joseとはこのおうどんのように、

これからも太く長ーいお付き合いになりそうです。

続く。

| | コメント (0)

2022年11月10日 (木)

Friends from Europe

忙しかった大きな理由のひとつ、

いつも秋に開催しているリサイタルを

7月に開催したので、

アメリカからの帰国後バタバタでこの時期を迎えました。

今回はスペインから若いトランペット奏者Joseさんを

ゲストに迎えて国際交流!

私の楽器を作ってくださっている人からのご紹介で知り合ったJose。

やりとりはしていたけど初めましては空港でした。

ピアニストのMさんもドイツから。

A0ff55f60484488ea7e3d701582076f0

この日から我らの楽しい共同生活が始まりました。

近所の串揚げ屋さんで。

831892f9ce9a4cbfb418d01d8b054aa8

私はラッパを吹いて

演奏会の業務もして、

そして一番大事なのは何を食べさせるか!

9729f7993cd24d0f91952188f2e1ee92

リハの後にはProject KANAのピアニストI君も一緒に、

お料理お料理!

Activitymoreffbe16d765014ab19a596c4fc160

Joseは何でも食べてくれたので

助かりましたね。

色々興味も持ってくれたから、

楽しく暮らせました!

特には新宿の街にくり出して

E2cce1f6d91f4852b6834085bc154839

17685e95e489450999778c7f0a418981

でもちゃんとリハもしてましたよ〜

0649c7edccdf405f8b34e619c57fcb20

お疲れのJoseはIくんの上手なマッサージがお気に召したようで!

Cd81cdec5bf6463ebdc0ed18e67f857f

ま〜とにかく日本語、英語、ドイツ語、スペイン語が

ごちゃ混ぜになりながらのコミュニケーション。

でもなんとかなるもんだ〜!

120bfe824a23409bb0ad91d52d01beb5

しっぽり旅行中みたいな二人(笑)

つづく・・・

| | コメント (0)

2022年10月27日 (木)

IWBC 2022

今回のInternational Women's Brass Conference 2022は

University of North Texas(UNT)での開催でした。

現地彼とのフォト♡笑

1d1e2f0bad72408a938b6585a32d7835

UNTはやっぱりとっても広くて綺麗なところでした。

お天気の日には、

お庭でマーチングバンドが練習していたり、

音楽棟の中庭みたいな通路のところでもアンサンブルの発表会も。

28fe8062a6bd44429548a72d1d2fed40

バケツ・チャレンジみたいなスコールが時々あって、

全身ずぶ濡れになることもあったけど(^^;;

お泊まりはまたもや大学の寮。

冷房が恐ろしく効いていて

調節もできず、

ベットに風が当たって凍えそうだったので、

ルームメイトの背高Rちゃんに

エアコンの風が出てくるところを

ハンカチで塞いでもらったりりして(笑)

アメリカの寮あるあるな始まりでしたが。

73e9f7a952d3400a844d99db80eab142

ちょうどその頃、

近くで銃撃事件があって、

反旗になっていました。

これも友達と色々なことを話すきっかけになりました。

今回は音楽のことばっかりでなかったな。

01bfe620807b4ca2880ae41b9a23986d

ホールもとっても素敵で

吹奏楽もアンサンブルもビッグバンドも楽しんできました。

234cd985d55b4c9bad8b1dacdba2a6c1

前よりは英語がずいぶんわかるようになったので、

色々参加できました。

これはこのカンファレンスの創設者スーザン・スローター

(女性で初めてアメリカのメジャーオケの首席になったトランペット奏者)の対談。

この対談は、

Bold as Brass Podcastからライブ中継されていましたよ。

今時ですね。

B47d4db6611a4ec3a9773aeed0f61163

今回も生徒たちも一緒。

オンライン上だけで知っていた人とも会えたり、

もちろん私がIWBCに初めて参加した2003年からの友人たちにも久しぶりに会えて

(今回はコロナで1年延期になっての開催だったので)

ホント良かった。

C1554b7036cf4668a2045097daffca24

という感じで、

慣れてきたということもあって。

だんだんカンファレンスのエンジョイ度合いも大きくなってきています。

Eb3bf77ac1ad4ebe87711bf4781b33c6

何年か前からこのカンファレンスのボードメンバーなのですが、

ここでビッグ・ニュース!!!!!

実は次回、

2024年ですが、

このカンファレンスを私がホストをして、

水戸で開催することが決まっています。

長年考えていたことが実現します。

詳細は少しずつお伝えしていきますが、

どうぞ皆様、

ご協力など

よろしくお願いいたします!

34d51081879d40ff88212d451f2b8cc3

| | コメント (0)

2022年10月25日 (火)

Zen concert in IWBC 2022

今回のカンファレンスでは、

海外に日本の文化をご紹介するProject KANA企画で

Zen concertを行なってきました。

こちらに動画をアップしましたのでぜひご覧になってください。)

F906b6e2148d458b9e6fc6d694195457

今回は友人のLeslieに伴奏をお願いしたので、

彼女のうちに押しかけて行って

リハーサルをさせてもらいました。

日本の感覚を伝えるのは難しいこともあったけど、

とってもよく理解しようとしてくれたので

こちらも勉強しつつ

良い本番になったと思います。

D58d5a41dd504a68ac7d06c72cdec573

仲間にも聴いてもらえて良かった!

英語のMCもなんとかなってたみたいだし(笑)

1bc8e2c010a24de7a7bb322718265545

Leslieにはリハの合間にMCも聞いてもらって練習したものね^^;

今ならもっと自然に話せるようになってる気がするけど、

仕方ない!

ラッパも英語も、

本番終わると上手くなってくるよね〜

そんなものです。

今回も良い経験になりました。

皆様、どうもありがとうございました!

Ec6cddc40e134da79e6c76b5d4781c4f

| | コメント (0)

2022年10月23日 (日)

Athena Brass Band in IWBC2022

5月のInternational Women's Brass Conference(IWBC) 2022では、

Athena Brass Bandのメンバーとしても演奏会に参加してきました。

D41a25ce95974a788cca761220fbf445

Athena Brass Bandは

このIWBCからできたブラスバンドで

メンバーは世界中の女性プレーヤーです。

私は前回のカンファレンス、

昨年末のMidwest Clinicに続いて3度目かな。

Tutti soloパートでのっています。

1d34dc7a79a34225a3a41655b2748889

3度目となるとだいぶバンドの感じにも慣れてきました。

日本やイギリスのバンドとはまた違った感じで、

プログラムも興味深いですね。

Muteも日本ではあまり使っていないものを使ったりして。

新曲も多いのですが、

今回も精力的に活動するアメリカの女性作曲家でもある

Dorothy Gatesの曲も演奏しました。

A718c1cc52ad401482d95636c643f6ee

ちょうどその頃会場近くで銃撃事件があったので、

色々考えさせられましたね。

彼女のソロ曲も買ってきました。

514436c95e064b578dad1924d3e849ae

こちらもいつかお披露目しますね。

楽しみにしていてください!

今回は大好きなCarol Dawn Reinhartが一曲

指揮を振ってくれました。

A56ceeb46f8c41f79f178703002d3333

いつもにこやかに声をかけてくれて、

憧れの人です。

若い頃はこのIWBCで何回もレッスンをしてもらいました。

51b3ee05e223443b844ba27944aa4fb9

ハイドンの2楽章で

ちょっと息がもたなかったことがあって、

息が足りなかったと言ったら

「Muscle! Muscle!」と言われて

結構体育会系なんだな〜と思った記憶があります(笑)

ラッパ片手に生きてくるのには、

色々なことがあったときいています。

ラッパ吹としてだけでなく

生き方も憧れる人です。

 

話は逸れましたが、

このAthena Brass Bandのおかげで

お友達も増えたし、

楽しくいい経験をさせてもらってます。

「前よりはずいぶん英語できるようなったよね」

なんて言ってもらいながら

面倒見てもらってる。

ホントありがたい!

これからもメンバーの皆様、

どうぞよろしくお願いしま〜す♡

A6d0aa61778e4d77b18310ec0478e8a4

 

 

| | コメント (0)

2022年10月18日 (火)

My covid in USA

ブログの更新が5月のアメリカから途絶えていたと思います。

もうお話ししてもいいかなと思いまして白状しますが、

帰国前日に空港でPCR検査を受けたところ、

なんとpositiveが出まして(汗)

Bd305036d0d1450e8e0b971b82bc4b2b

本当にびっくりというか、

初めはなんだか事の事態がよくわからなくて、

空港近くのホテルの部屋で

呆然としましたね。

仕事先の代表者に、

「私はパニックってます」と(もちろん英語で)冷静に電話。

相手も「そりゃそうでしょ」と(もちろん英語で)(笑)

嘘だろと思って、

翌日検査を受け直そうかと思ったけど、

高額だし、

さらに空港での検査でpositiveが出ると、

飛行機に乗っちゃいけないリストに名前が載ってしまうので、

むやみに受けても飛行機乗れな位時間が長くなる可能性がるからね。

一晩寝たら冷静になって、

事態を受け止めました。

こんな時に限って、

保険に入ってなかったのよ〜

重症化したら、

破産だとビクビクした、本当に。

英語の世界で重症になるとか

想像つかなかったし。

 

時差もあったけど、

帰りの航空券どうするか、

日本の帰国後の仕事、本番も入っていて、

電話かけたりとにかくあちらの夜中に

バタバタと。

 

翌日のフライトまでのつもりの滞在だったホテルは

もちろん1泊だったので、

とりあえず食事に困らないようにせめて朝食はあるホテルを探して欲しいと

仕事先のアメリカ人の友人にお願いして、

ホテルをとってもらって。

他の仲間が差し入れを届けてくれたりして

460cb278d4a04e51bef63906598660a4

翌朝お引越し。

 

仕事先の弁護士さんとも相談しながら、

ホテルに滞在。

仕事先の仲間も、

次々とpositiveになっていたので、

まぁ仕方ないかなと思って諦めて、

横に万歳で寝てもはみ出ないような

大きなベットと広いホテルを満喫しながら色々対応。

B19fc48296584aa19d1336d22e01c6f4

 

まずは航空券。

こんなこともあろうかと、

今回は安いのではなくちゃんと旅行会社を通していたので、

結果、帰りのチケットをオープンチケットにしてもらえました。

そこまでは大変でした。

日本の航空会社に電話をしても繋がるまで何時間もかかって、

現地のサポートに電話しても対応できないと言われ、

空港のカウンターに行ってと言われて、

空港まで出向いたけれど、

カウンターは空いてないとか。

とにかく紆余曲折の後、

オープンチケットしてもらって安心していたのですが、

実際いざ帰国できそうとなった時に、

同じクラスも、

さらには追加支払いをしてアップグレードしたとしても、

すでに飛行機が先2週間以上満席で取れないと言われ、

結局はまたアメリカ人の友人に、

新規に片道チケットをとってもらって帰ってきたという。。。

本当、帰って来られないかと思った!

さらに最近のことですが、

その使わなかったチケットは、

旅行会社を通して少し返金されましたが。

 

ホテルの滞在には、

ホテル側にpositiveであることは言う必要はなく、

朝食にテキサス州の形のワッフルを焼いて食べたり

(アメリカの友人に言われなきゃ、

これがテキサス州ってわからなかったけど(笑))

De933c49d77d48a7860403b5f73f0f6f

隣のファミレスにご飯を食べに行ったり、

コンビニでお買い物をしたり、

ちゃんとローカルビールも飲んでたし、

楽しく過ごしていました。

あまり症状はなかったのですが、

よ〜く考えると発症からすでに数日経っていたので、

まだ検査はこんなでも

Img_4706

出歩くことができて、

Uberで観光に行ったりして。

その話はまた後ほどですが。

オンラインでできる仕事はしてたしね。

 

今は違うけれど、

この頃は、陰性証明が取れないと帰国できないと言うことだったので、

症状がなくてもいつになったら帰国できるのか

正直かなり不安でしたね。

友人も色々遠隔で助けてくれて

毎日心配してくれる

アメリカの友人の英語のビデオ通話とかメッセージの返信も大変だったけど、

本当にありがたかった。

最終的には近くに日本人のお医者さんを見つけて、

日本語で状況を説明して、

発症から10日は旅行しちゃいけないって保健所の掟があるんだけど、

その発症日が検査の日より前ってことに診断してもらえて、

リカバリーレターを書いてもらうとか色々手はずを整えて、

7日目くらいにその日本人のお医者さんのところでPCR検査を受けたわけ。

朝食会場のお塩でやってた鼻うがいが良かったのか、

そこでお見事!陰性証明書が貰えたから、

ちょっと早い9日目くらいで帰ってこれたって感じ。

良かったよ〜本当に、帰って来られて。

 

結果的には、

私には良いリセットの時間になった。

日本ではもう本当に一杯一杯で、

逃げちゃいたいっていう思いもあったから、

神様が本当に逃がしてくれちゃったんだと思う。

でも帰国後の皺寄せが想像以上に大変で、

やっと10月の今になって落ち着いてきたってところなんです。

このpositiveが、

その前のずっとコロナ禍でおかしくなってたものを

整理する機会になったように感じてる。

あまりに突然で強制的で、

こんな大きな変化は今までの人生にないくらいだったけど、

それからちょっと自分が変わったように感じています。

また少しずつ、

報告していきますね。

と言うことで、

元々ひどくはなかったけど、

今は元気にピンピンしてますので、ご心配なく。

 

 

| | コメント (0)