2020年1月15日 (水)

At the Central Conservatory of Music in Beijing

北京にある中央音楽院に

行ってきました。

日本で言うところの

東京芸大のような学校だそうです。

Fb20a4d155284259ab8995be1ea9757b

近代的な建物で

この教学楼の中に

レッスン室やリサイタルホール

教員室があるみたいです。

まずは大学院の修士の卒業演奏を

聴かせてもらいました。

54a216f6d83c4e3e9479637a2d9d16d3

このリサイタルホールで

1時間のプログラムです。

修士の卒業試験で1時間は大変ですね。

ハイドンを入れたプログラムが多いようですが、

きついね。

でも皆さん、

よく吹いていました。

日本ではあまり聴かないようなリリカルな曲も

プログラムに入れていて

ちょっと安心して聴けました。

採点はなかったので

のんびり聴けて、

中国の学生さんの感じが

よくわかりました。

そのあとはマスタークラス。

3ec883ebed274329bdaa934fb9c6f908

戴先生のクラスの生徒さんたち6人。

ピッコロでタルティーニ、

ハイドン、

ブラント、、、

国がかわっても

同じ感じです。

英語だったのでちょっと大変だったけど、

それぞれ色々レッスンさせてもらいました。

戴先生はとっても熱心な先生で

子どものように

生徒たちを教育していらっしゃいました。

すぐにお説教になってしまうけど、

学生もそれに応えようと

一生懸命ついていっているようでした。

161f79afa0184be8aa3428b9fafb20a9

英語でコミュニケーションがとれたので、

良かった。

アメリカでお勉強された戴先生とは

共通の知人も多く、

色々お話させていただきました。

ご縁に感謝。

マスタークラスの後は、

この日が年度最後の学校の日ということで

みんなで火鍋パーティ。

かなり遅くまで

盛り上がりましたね。

これもどこの国も同じ!

途中で戴先生が

「お願いがあるんだけど」って。

何かと思ったら、

私のラッパが吹きたいって!

どうぞどうぞって、

戴先生から始まり

北京のオーケストラで活躍中の

卒業生まで、

私のラッパ試奏&演奏会!

8112e089406846dbaa47afc9eb1ffc56

「いい楽器だね〜」

「これはどこのブランド?」

やっぱりこれもどこでも同じ。

楽器談義でひと盛り上がり。

ラッパ吹きって

酔っぱらうと真面目にラッパの話しだす(๑˃̵ᴗ˂̵)

BSCがこちらでも評判がとても良くて

嬉しかったな。

最後はまた

戴先生のお説教になってたけど、

楽しい有意義な時間でした。

8b20cd4b559549cb8845982850c7675a

戴先生はじめ

関係者の皆様、

どうもありがとうございました。

 

これから中国での活動も

増えそうな予感。

中国語やらやきゃと

思った夜でした。

 

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

At Qingdao

やっと日本で落ち着いたきたので

中国旅行記。

遅ればせながら、

明けましておめでとうございますです。

今年もどうぞ

お付き合いくださいませ。

 

元日は青島で

8時間レッスン。

中国では旧暦のお正月なので、

元旦はちょっとした祝日という感じ。

会場はこちらの音楽教室。

たくさんの先生方がご指導されてる。

知った顔もちらほら。

F126c649924e445580cc2020c2086a0c

こちらでも

恥ずかしいくらいの

熱烈歓迎ぶり。

1716d45273be49b39bb14672fbb56901

かわいい洗面所。

7e54fcdca6ab4feaaa4d638a3bac9108

前日は夜中2時頃ホテル着だったけど

10:00にはレッスン開始!

4人個人レッスンと

15人のクラス4つ!

4ba2b244ccb641cba66a163953059b3b

地元の先生方ともお会いできて

有意義な時間。

子供たちはかわいい!

(どこでもいつでも大変だけどね(^^;)

中国では期末試験前だったみたいだけど、

たくさんレッスンを受けに来てくれました。

通訳の王さん。

A35f0d31a33d45e6bb0f51685c3d9225

この後夜中1:00くらいまで

意気投合して

一緒におトイレに通う仲に。

大変助かりました!

ありがとう♪

 

夜はもちろん

5922a3a15886417fa7d2e8cb717cb159

ご尽力いただいた

先生方や生徒。

もう3年のお付き合いになります。

青島だもの

もちろんビール!

飲み過ぎた!

何でも美味しかったけど、

ニンニクの酢の物みたいなの。

気に入った!

84398586e6f947589fe4b503a1407a2d

そしてデザート。

上が大根で

下がメロン。

どっちもデザート。

中国面白い!

 

青島の皆さん、

どうもありがとう♪

 

続く。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

From Qingdao

中国に来ています。

夕方の便で羽田を出ましたが、

その時点で20分の遅れ。

乗り込んだもののなかなか離陸せず

さらに10分遅れ。

乗り継ぎがあったので

客室乗務員さんに話しておいて、

飛行機の出口まで誘導してもらって

空港の係員がMS.KANA MADARAMEのプレート持って

待っていて誘導してくれる

ということにしてもらったけど、

子供が熱を出して

伝染病の疑いがあるから

検疫係が検疫して

okが出るまで降りられない

と言われそこで機内で待つこと30分。

きっと荷物が出てこなくて待つようだから

ここで待っても

ターンテーブルの前で待っても

同じだよと

客室乗務員になだめられながら待って、

開いたとたん走って飛び出て

二人のプレート持った地上係員に誘導されたけど、

ターンテーブルには荷物がまだ回ってなくて、

なんと一番に出てきたのは私のスーツケース!

だったけど、

それを転がして走って次の便のカウンターに行ったものの、

8分前にcloseしたと言われ

アウト!

次の便はと聞くと、

明日の朝6:00過ぎ。

明日は9:30から8時間半のレッスンなのに

明日なんて無理!

英語で何とか粘って

他の航空会社で今夜の便がないか調べてもらいつつ、

青島の仲間に乗り遅れたことを連絡。

23:10発のがあることが判明。

すると仲間もすぐそれをとってくれてて。

でもその時点で21:45

22:25にはチェックインしなきゃダメだよと言われ、

カウンターはどこ?

と聞くと隣の第2ターミナルで20分はかかると。

近道ないの?と聞いてもないと。

とにかく第2ターミナルに向かうと

仲間にメッセージして走り出すと、

青島の仲間からとれた!とメッセージ。

第2ターミナルにはシャトルバスでと言われ、

間違ったら終わるから、

何人もの警備員に第2ターミナルはどっち?

と確認しながら走って走って

やっと見つけたシャトルバス。

たぶん乗って5分もしないうちに走り出して、

それも普通の一般道路で、

B0be439837e445bc85d580704455ce93

信号停まったりするし

間に合うの~???と思いつつ、

バスに乗ったとまたメッセージ。

急がないと時間がないよと

青島の仲間からメッセージを受けて、

バスだから間に合うように祈ってて!

と言ってるうちに着いたのが22:01

また便名のメモを見せてカウンターはどこ?

とそこらじゅうのインフォメーションやら警備員に聞いて、

何とかカウンター着。

チケット取れて、

荷物預けて、

また走る。

セキュリティチェックを受けて、

コート忘れそうになりながらゲートまで。

何だか人気のないゲートで心配になって、

ゲートにいたスタッフに

何時にゲート開くの?と確認。

10 minutes!とめんどくさそうに言われて、

やっと間に合ったことを確認。

3f4f2df2bfb54aa6818d36c04611d5b5

良いマラソンのトレーニングになったよとメッセージして、

大汗かきながらトイレ行って、

念願の搭乗。

なんて安心したことか。

いくらポケトーク借りてきてるとは言え、

41aa30af77934aee8ab773860a036efa

北京の空港の床の上で一人で年越しはね、

いくら私でもちょっと心配だよね。

いや~スリル満点。

ちょっとでもなにかあった

乗れなかったと思う。

 

乗り継ぎ遅れはこれで人生三度目。

1回目はアメリカで昼間で

伴奏者やら生徒と一緒だったし、

2回目も北京だったけど

ツアーの一員だったし。

まだ気も紛れたけど、

今回はね。

 

日本では色んなことが起こりすぎて

パンク寸前だったというか

もうパンクしかけてたかも。

今回の旅は楽しみとかそんなことも思う間もなく

ぬぼ~っと出てきてしまったから、

先制パンチをくらった気分。

でもね、

言葉も通じないこんな私だけど、

一生懸命迎えてくれる仲間。

恥ずかしいくらいの歓迎。

4bcee70d0a074214bb9a51f331a8d2e6

でもありがたい。

ホントに

ありがたい。

やっぱり人だよ。

人間だよ。

国は違えど、

そんな仲間がいること、

ありがたい。

明日も良い仕事しなきゃね。

気が引き締まった。

重い荷物持って走って、

また首の痛みが増しちゃった気がするけど、

こんな機会に恵まれて、

こんなにありがたいことない。

悩んでる場合じゃない。

私のするべきこと、

できること、

しっかりやらねば。

この旅出てきた意味が

もうすでに見つかった。

お部屋に用意された青島ビールが

美味しい。

冷たいけど、

心温まる。

Ba1c5217b4ae42eaa36620b7bb84908c

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

Zen concerts in Texas

今回のProject KANAのテキサス・ツアー

3公演は大学で。

10/22はTarleton State University。

4aa043fd3c4440889f888f014e998b32

お友達の勤務する大学で、

たくさんのお客様が

いらしてくれました。

2b7e3505ede449f794c2de3e15ebcc14

スタンディング・オベーションに

感謝。

02d07fd034164d9fbb82ef6f649e53a2

 

McLennan Community Collegeは

Wacoというところにあって

あまり日本の人がいないところのようで、

「日本人が来る!」と

日本の方が

大雨の中

来てくださいました。

24e6b1befeb24aa7a54642c0b73b19d4

05ba6c6cd54d48f08bfb3662114230fe

ありがたい!

 

Texas Christian Universityは

とっても綺麗な大学!

学食も充実!

74c10d09c9494bcdab4af248b0b78bc7

ホールもたくさん。

55240a8b92a942b9a420fa2359d50d4a

日本について研究している

サークルがあるようで、

そこの学生さん達も

来てくれていました。

 

これらはフルのコンサートだったのですが、

日本の吹奏楽の話や

水戸大使として

水戸の曲も演奏したり、

トランペットのコンサートというばかりでなく

日本の文化を

多方面からお伝えすることができたかなぁと思っています。

Ad48aa601f2c4fb9a9a333dd2a9066b0

今後どういう方向に広げていくか、

明確になってきたように思います。

そういう点で、

今回のツアーは

私にとっても大収穫でした。

経験を積むことって

大切。

勉強して考えているばかりでは

気づかないことが

いっぱいある。

どうぞProject KANAの今後も

お楽しみに!

 

今回のツアーを成功させてくれた

大切な友人

Leslie Spotzに

心から感謝します。

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

Masterclass in Texas

今回のテキサス・ツアーは

大学での公演があったので、

公演の前には

マスタークラスも。

999b26b54a764b118cf1792176c3eaee

通訳が付くと知って

それなら通常業務!

と安心していたけど、

F77cd5685cd545328d8be6a095904452

最後の1校だけ

通訳さんが遅れてると言われて

来なかった(@_@)

ガビーン!と思ったけど、

時間は待ってくれない。

やるしかないよね〜(^^;;

終了後友達には

「Kanaのクラスはわかりやすくて

絶対学生はみんな理解出来たよ〜」

と言われたけど、

そりゃそうだよ!

私の英語力じゃ

複雑なことは言えないもの

必然的に

シンプルなわかりやすい内容だったと思うよ(^-^;

 

学生さん達は

日本と変わらないと言えば変わらないけど、

のびのび吹いていました。

予想通りだけど、

たくさんの質問を受けました。

日本人の曲に

やっぱり興味があるみたい。

コンサートのなかでも

K先生はもちろん、

A先生とF先生の曲も演奏したし、

日本の吹奏楽事情なんかも

話してきましたよ。

 

学生さん達は

演奏会でも熱心にお手伝いしてくれて

良い子達ばかり。

F99c428f6dce4c3d9ef6ded78f59d665

A5fba178b19449adae4e4e084c4c8992

関係者の皆様、

どうもありがとうございました!!!

 

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

Zen concert in Dallas

やり残したことを片付けるべく、

少しずつさかのぼって

記事を書きます。

 

先日のProject KANAテキサス・ツアー初日は

ダラス。

D03060c1fb764f5192157ac53121d824

カワイ・ピアノ・ギャラリーのホールにて。

赤いピアノが素敵。

E345202320b045d28a5cbbfee9fbf0f4

開演前には

ロビーでレセプション。

日本・アメリカ・ソサエティの主催公演だけあって、

美味しそうな日本食が並びました。

演奏前なので我慢!

お腹がグ〜(^^;;

B77942c08c9745c3812c9324ec6ac280

日本語をお話しされる方もたくさん。

初日だし念入りに打ち合わせ。

7d11d825df5e4b1bb2a1a64a98db77fc

友達にはたっくさんの気を使ってもらった。

ホントありがたかった。

皆さん、

どうもありがとうございました。

3252fbac262944ec93a9779051f904a8

本番後のお楽しみは

Tex-Mex。

テキサス料理とメキシコ料理のミックスってこと。

楽しく美味しく

いただきました。

新しいお友達も

たくさん出来ました。

D3e7900ac4c04d2eb1534ee1feadf880

夜はそんな

お友達のおうちに。

なんと!

プール付きの大豪邸!

C60606c4968a4a3bb992db4814835fd0

お世話になりましたm(__)m

帰り道には

おっきな日本食スーパーで

こんなのまで満喫しちゃったもんね〜。

941ead1f2cd742d5bfae8e385e26d9f1

続く。。。

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

My home in Texas

何と!

テキサスに来ています。

ピアニストのお友達のおうちに

滞在しています。

素敵なおうち。

07d6022f9f824d1e9aeb9f2fe2b69e6f

練習し放題だし!

ありがたや〜

 

お礼に

ピアニストのIくんと

日本食をお料理。

28194c6016fd4f628cbcb11e69d75409 

ラッパ吹いてる時より

真剣な顔!

ほぼスーツケース1個分の食材を持ち込んで

さらにダラスの日本食スーパーで

大人買い!

天ぷら、

そば、

ちらし寿司、

出汁巻き玉子、

ラーメン、

おでん…

Ddd6add6d6714955915023b8c6b0fc7e

暇さえあれば

料理してる感じ(^_^;)

でも、

"Amazing!!!"

"Yummy!!!"

とお友達ファミリーが

毎回大喜びしてくれるので、

嬉しい!

お友達ファミリーは

友達を筆頭に

陽気で底抜け。

とっても居心地がいい!

私のうちはあなたのうち

と、

自由にさせてくれるから、

ホントにありがたいわ。

73660237d0f6484cab5a7ba3f0d5feb7

かわいい人たちで

大好き。

街はハロウィン一色。

14c482ec174f456c92f7978b39c2475e

色んな装飾したおうちと

私の趣味の

お墓。

ん〜楽しい!

英語も大変だけど、

何とか仕事もしてますよ〜!

F84c7e9a0669436eafa68db2380e948e

 

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

As a Mito city ambassador

水戸大使の会に行ってきました!

 

水戸大使に任命いただいて

初めての

水戸大使の会。

興味津々で

参加してきました!

 

市長さん、

元市長さんを始め、

たくさんの先輩方。

私、ここにいいていいのかなぁ???

 

皆様に声をかけていただいて

とっても充実した

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

先日も行った

新水戸市役所。

色々ご紹介いただきました。

 

オセロ発祥の地の

我が水戸市。

5865179f8ecf487a936a75cff9f99c49

役所の裏には

大きいオセロが。

誰でも楽しめるようになっています。

ここで豆知識!

オセロのシャッターをおろすと、

水戸の鳥とか花が

紹介されてるんです♪

考えられてます。

 

外から見たら黒くて、

印籠をイメージして作られた

というエレベーターに乗って

向かった先は

屋上のヘリポート!

Bf17c448c79a485a834fba6d783458e5

普段は入れないそうで

(そりゃ安全のためにね)

役得(^^)v

いいお天気で、

県庁はもちろん

筑波山まで見渡せるの。

そして、

水害があっても

役所が役目を果たせるように、

発電機やお水のタンクが。

A23596f4b65d4dc2b81a0ef5c0728a64

なんかあっても

3日は自力でなんとかなるんだって。

なんかあったら

市役所に行こう!

 

普段は入れないシリーズ、

議場。

19daf5088886432a90531f1e73a13cd0

こんなところで

議会が開かれてるのね!

 

そして、

黄門さまに憧れてる女の子

みとちゃんも会いに来てくれて

48b401121df44834942bad6f4cb220bf

とっても愛嬌があって

かわいいの!

すぐにハグしに来てくれたり、

喋らないけど、

かわいいっ!

私もハグハグ❤️

 

みとちゃんに見送られて

水戸市内へ。

水府提灯を作っているところに視察へ。

12f858682c67401fa6548c0dfb80f54d

色々説明を受ける。

提灯すごい!

茨城の和紙を使って

とっても素敵。

ピーンと

閃いたよ〜!

これは使えるかも!?

後ほどお楽しみだね。

 

交換した名刺は

30枚以上!

私には珍しい(^^;;

ステキな出会いが

たくさんありました。

皆さんと

水戸に住んでる人より

水戸に詳しくなれるかも!

なんてお話しながら。

私に何ができるのかなと

考えつつも、

まずはこういうお役目をいただいて

感謝です。

 

87a1f69df6b340e583f0fd0d60b05c81

お水も美味しかったけど、

地酒も美味しかったなぁ。。。

がんばろっと!

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

KANA on European tour 2017

4月末からProject KANAのヨーロッパツアーがありました。それは、4/27 Walferdanse(ルクセンブルク)教会、4/30 Nittle(ドイツ)教会、5/2 Saar-Mosel-Winzersekt(ドイツ)と言うワイナリーの倉庫でZenをテーマにしたコンサートでした。
328738842e93461790cde2d8641789a2_3

Project KANAは、簡単に言えば、日本の文化を私の演奏と一緒に紹介するものです。ですが、ただ演奏して一方的に伝えるというのではなく、相手の文化も理解した上で、相手にわかりやすく紹介したり体験してもらおうという企画です。私、KANAが西洋音楽を通して日本の精神を伝えていくのです。

私たちのプロジェクトの作曲家、櫛田てつのすけ先生の曲が演奏される中、KANAが着物姿で登場すると、会場は一気に日本の幻想的な雰囲気に包まれました。
Dscn0265

コンサートの中で、日本の文化、精神、神道について丁寧に説明していきました。観客は禅を体験することも出来ました。
Dscn1004

KANAの解説は、ルクセンブルク語やドイツ語に通訳され、観客からは良く理解出来たとか日本が近く感じられたという感想を多く聞くことが出来ました。
Dscn1393

演奏会の最後には観客はスタンディングオベーションで、ツアーは大成功でした。
Dscn1419

新聞やインターネットニュースにも取り上げられました。
http://www.volksfreund.de/nachrichten/region/konz/aktuell/Heute-in-der-Konzer-Zeitung-Musik-fuer-die-Seele;art8100,4636087
ヨーロッパばかりでなく、アメリカや日本でもこのコンサートを開催したいという声が多く寄せられています。
Img_0484

このコンサートは、コンサートホールばかりでなく、今回のようにワイナリーの倉庫や屋外でも開催することが出来ます。
Dscn1348

このプロジェクトのテーマは、harmonize with infinity。これから世界中で展開していきます。

ということなのですが、いつもの私にしたら文章がぎこちないなと思われた方もいるかと思いますが、実はこんな感じのものを英訳して海外向けのページにUPしようかなと思っています。要は下書きのつもり(^^;;ごめんなさいm(__)m ですから、ずっと英語も今までになく勉強しています。そして、日本のことも。意外とわからないものです。いざ企画が具体的になったとき、何をどう伝えたら良いのか、とても悩みました。そこからはとにかく勉強です。それは今も続いています。現代の日本人が忘れかけているような日本の素晴らしいところも、そして外国から見た日本の良いところも悪いところも。本当に寝る時間もありません。だからブログもなかなか更新できなくて・・・なんて言い訳にしたりして(^^;; そんなんじゃダメですね。英語も勉強したことも、頑張ってアウトプットしていかないと。今回のツアーのことも、このプロジェクトのことも、これからはできるだけ皆さんにお伝えしていくようにしたいと思っています。どうぞこれからも、班目加奈もKANAも応援よろしくお願いいたします。まだ出揃っっていない、ということはこれからどんどん出てきますので、こちらものぞいてみてください。http://www.facebook.com/KANATRUMPET/ぜひフォローしてたくさんコメントいただけたら嬉しいです。あ、もちろん班目加奈も引き続きどうぞよろしくお願いいたします!TwitterInstagramFacebookYouTubeもkanamadarameでやっていますので♪あまり投稿出来ていませんが(^^;;KANAのYouTube はまもなくの予定ですので、またお知らせしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)